広告

 

> >

 

「不用品回収」を依頼する前に見る7つの選択肢(7ページ目)


不用品回収

ピックアップ

  • 引っ越し(転居)
  • オフィス移転
  • 閉店、廃業
  • 遺品整理
  • 建築の廃材として
  • 断捨離
  • 所得の向上を狙って
  •  

    ・⇐BACK(閉店、廃業)

     

     

     

    不用品回収を依頼するタイミング

     

     

    建築の廃材として


    不用品回収物

     

    建築の廃材不用品を処分する

     

    法人からの廃材は、産業廃棄物ですね。産業廃棄物の収集運搬許可を持った業者に依頼して、適正に処分しましょう。建築をすれば必ず廃材やスクラップは出る物です。もちろん、建築以外の場合でもそうです。それらの廃材は、一見するともちろん廃材ですがいろいろな方法でそれを有効活用できない物でしょうか。 例えば、中にはタイヤのリサイクルによって生まれた靴があります。これはいい有効活用ですねよね。明らかな廃材だったタイヤが、そうしてまた商品化できるのですから。そうやって、全ての廃材が有効活用できるようになるまで、人は努力し続けることでしょう。

    引っ越し

     

    自宅のリフォームや新たに倉庫、ウッドデッキなどを設置した際に、建材が余ってしまい、工事に伴って発生する不用品が生じることでしょう。建築の廃材をまとめてごみとして処分する。この考え方が一般的ですが、もしかすると価値があるものかもしれません。その判断を個人的に行うことは難しいですが、ちゃんとした価値をわかってもらえる業者からすれば安く買い取って、もしくは引き取って再利用したいと考える人もいるかもしれません。

     

    実はこのタイミングでの不用品の処分は、今まで多くの人の発想になかったものです。建築の廃材は基本廃棄する。そう思っている人も少なくありません。ですが、見る人が見れば再利用することもありますし、場合によっては買い取ってくれる場合があります。ある目的を持って作ったものから排出された不用品は捨てるしかない。そういった考え方を連絡一つで業者に依頼することで、利益につながることもあるのです。資材に使われる鉄やアルミなどはかなり評価が高いです。形は違っていても再度溶解し利用する仕組みはすでに社会の中に作られており、流通ルートや販売ルートも設定されています。その他建材もリサイクルなどで再利用されるケースも多く、廃材イコール廃棄と考える世の中はすでに過去のものです。自分で価値が見いだせなくても、市場では価値が付与される。そういった廃材を判断するのは、不用品を引き取ってくれる専門業者です。ひと手間かもしれませんが一度連絡して確認することが成功への第一歩です。

     

     

    ページのトップへ

     

     

     

    断捨離


    不用品回収物

     

    断捨離こそ不用品を処理するチャンス

     

    断捨離はヨガの行法として断つ、捨てる、離れるというそれぞれの行を合わせた行為であり、主に日用品の整理のことを指します。物の執着から解き放たれ、身軽な生活を送ることができるとしてノウハウ本なども出版され、日常生活の整理整頓に活用されています。日々生活をすることで物はどんどんたまっていきます。不用品を処分しないと生活空間が狭くなり、精神的にも窮屈な生活となることでしょう。

     

    断捨離は今まで使っていたもの、使わなくなったもの、使えないものに分けて仕分けしていきます。当然物の価値はあるし、継続して使えるものも多いですが、それを捨てていくのが断捨離の考え方です。一見少し強引に思われるかもしれませんが、生活術としては正しいです。正しくない行為は、断捨離によって発生した不用品をそのまま捨ててしまうことです。自分はいらないと思っても十分価値のあるもの。それこそリサイクルをしない手はありません。

    リサイクル

     

    断捨離によって発生した不用品は、自分も価値あることわかっていますが捨てるという判断をした分、負い目を感じるものです。きれいさっぱり捨ててしまいたいと思っても、いったん立ち止まって不用品回収業者などに連絡しましょう。もちろん、店舗に直接持ち込み買い取ってもらっても大丈夫です。ただし、物が多い場合、持ち込みの手間によって断捨離を完了できなければ本末転倒です。手間を減らすことが成功させるコツであり、依頼すると対応してくれる不用品買い取り業者もありますので活用したいものです。

     

     

    ページのトップへ

     

    所得の向上を狙って


    不用品回収物

     

    人生を向上させる為にまず必要なのは身の回りの整理

     

    まずは以下の引用文(週刊SPA! 5月20日(火)9時21分配信(2014)の記事抜粋部分)をご覧ください。

     

    ------------------------------▼

    週刊SPA!5月20日(2014)発売号では「家庭訪問 低収入な人の共通点」という特集を組んでいる。年収300万円以下にとどまっている人の家を訪問し、その共通項を探る企画だ。すると、生活環境や背景は人それぞれなのだが、低収入者には所得が少ないだけの共通点があった。

     

    まずは部屋だが、「節約になると思い、ウォーターサーバーの契約をしたけど、結局使ってない」(35歳・アパレル)や「ブラウン管テレビや未設置の液晶テレビが部屋のスペースを占領」(32歳・介護)など使わない(使えない)モノが多いとのこと。

     

    ◆部屋の中の特徴

    1位「捨てられない性分のため、使えない(使わない)モノで溢れる」

    2位「トイレ、風呂、台所などの水周りが汚い」

    3位「漫画、ゲーム機ギターなどの趣味系のアイテムが多い」

    4位「ゴミをよく溜め込んでしまう(ゴミの日を把握していない)」

    5位「古い家電を使い続ける、テレビはブラウン管のまま、など」

     

    また、「汚いトイレでも慣れたら普通に用を足せる」(34歳・問屋)、「台所の水垢が貯まっても別に困らない」(37歳・放送)と水回りの汚さも大きな特徴のひとつ。ファイナンシャルプランナーの平野厚雄氏も「一方、成功する人は水回りがキレイ」と言うように、決してオカルトではないのだ。放ったらかしでは良くても現状維持である。

     

    「低収入を抜け出したいなら大きな変化が必要」とは、家計再生コンサルタントの横山光昭氏。掃除ひとつもできない人間に今後の収入アップは難しいだろう。「靴や洋服を捨てられず、玄関に溜めてしまう」(39歳・自動車)と断捨離や整理整頓ができないのも論外だ。もし自身が低収入で、かつ共通点の多くが当てはまる場合、今の状態でズルズル行く可能性が高い。この機会に自分を見つめなおそう。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

    ------------------------------▲

     

    引っ越し

     

    ・⇐BACK(閉店、廃業)

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP