広告

 

> >

 

「不用品回収」を依頼する前に見る7つの選択肢(5ページ目)


不用品回収

ピックアップ

  • 引っ越し(転居)
  • オフィス移転
  • 閉店、廃業
  • 遺品整理
  • 建築の廃材として
  • 断捨離
  • 所得の向上を狙って
  •  

    ・NEXT(閉店、廃業)

    ・⇐BACK(売却をする)

     

     

     

    不用品回収を依頼するタイミング

     

     

    引っ越し(転居)


    不用品回収物

     

    引っ越しは不用品を処分するチャンス

     

    引っ越しするときは必ず不用品が出ます。引っ越し業者がそのまま引きとってくれる場合もありますから、調べてみて下さい。物を捨てることは断捨離。心機一転、新しい気持ちになれますね。もちろん、きちんとリユース⇒リサイクル⇒処分の順番を守りましょう。お引越しをする際に、必ず不用品は出てくるものです。ずーっと使っていなかった、タンスや押入れの奥にしまってあった不用品など、よくありますよね。

    引っ越し

     

    不用品に対して何らかのアクションを起こすきっかけとして最も一般的である行動は引っ越しです。今まで目の届かなかったものを必ず一度は手に触れることになり、その際に不要かどうかを判断することになります。自分でも覚えていなかったものが出てくることもあり、それによって荷物を減らすことができるため、数多くのメリットが生じます。不用品を見出すタイミングとしてはこれ以上ないといっても過言ではありません。

     

    引っ越しの際に不用品を依頼する最大のメリットは、今保有しているすべてのものを一度確認することができる点です。何を不用品とすべきかを明確に判断することができます。また、それを行うことで荷物を減らすことができ、場合によっては引っ越し料金にも影響する経済的メリットを受けることができます。不用品の処理結果によってはお金を引っ越し費用に回すこともよいでしょう。

     

    デメリットしては、他種類の不用品を同時にさばかなければならない点です。それには複数社と調整する必要がありますので、手間がかかりますし、結果が伴わず結局処分・廃棄することになるかもしれません。不用品をリサイクル販売するためのスキルがかなり伴っていないと、それぞれの業者にあたることは難しいです。種類を問わない不用品回収を行ってくれる企業を活用することでこのデメリットは一気に解決します。どうしてもリユースができない場合は処分という判断も必要になりますが、いきなり処分するという結論に達するより、よほど人間的にも正しいアクションであるといえます。

     

     

    ページのトップへ

     

     

     

    オフィス移転


    不用品回収物

     

    オフィス移転時は経済的に不用品を処理

     

    オフィスや店舗を移転するときに必ず不用品は出ます。法人の、事業に伴って出たごみは、全て産業廃棄物となりますから、廃棄物として出す場合は、必ず許可業者に依頼して適正に処分しましょう。自社で処分場に運搬することは、許可が要りません。個人オフィスならなおさら、法人オフィスであったとしても不用品の取り扱いを正しくリサイクルすることで経費削減になることは間違いありません。そのきっかけを日常の中で行うことは難しいかもしれませんが、オフィス移転に伴う不用品の発見はそれほど難しいものではありません。自分の財産ではないからと、つい甘く査定し処分を繰り返すケースが多いですが、オフィス移転時に発生する物の価値はかなり高いです。

     

    オフィスにある不用品は、家庭での廃棄基準とは少し違い、まだ使えるのに古くなったから買い替えると考える人が多いです。自分のお金ではなく法人としてのお金なのでどうしても緩い考えになってしまいがちです。利益を求めるなら不用品の買い取りも含めたリサイクルの考え方を導入すべきですが、その考えが職場に浸透していないところも多いでしょう。いらなくなったら捨てればよい…と思っている法人も多いです。

    オフィス

     

    確かに持ち込みに手間がかかり、それによって仕事が増えることになるわけですから、誰も動かない、発案できない…という状況に陥りやすい点は理解できます。そうであるならば、不用品を取りに来てくれる業者を中心に動いてみてはどうでしょう。電話一本で会社に利益をもたらすことができるなら、それも立派な仕事。上司に報告することで職場の立場も変わるかもしれません。企業でのリユースは今当たり前になってきていますが、オフィス移転となると急に廃棄の気持ちが強くなります。業者を呼び、選定することで手間をかけずにリサイクルができます。

     

    書籍紹介

     

    不用品、廃棄物の処理方法によっては、コスト削減でき得をする場合があります。資源がよく出る法人の方は一度ご確認することをお勧めしております。

     

     

    ・NEXT(閉店、廃業)

    ・⇐BACK(売却をする)

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP