広告

 

> >

 

「不用品回収」を依頼する前に見る7つの選択肢(4ページ目)


 

  • 粗大ゴミに出す
  • 回収業者に依頼する
  • 友人に再使用してもらう
  • 寄付・寄贈をする
  • 売却をする(自主)
  • 売却をする(訪問)
  • リユース方法を考える
  •  

    ・NEXT(引っ越し・移転)

    ・⇐BACK(寄付・寄贈をする)

     

     

     

    7つの選択肢

     

     

    6

    売却をする(訪問)

     

    不用品回収物

     

    訪問系の買い取りサービスを利用する。

     

    メリット

  • お金に変わった場合、その分だけ経済的である。
  • 運搬の手間が省ける。
  • 不用品の売却スキルが身に付く。
  •  

    デメリット

  • 新品同様、あるいは中古。
  • 買取側の企業メリットを考え、条件が与えられる。
  • 状態の良い物に限定される。
  •  

    ポイント

  • リサイクルショップで売る前に見る7つのポイント
  •  

    自ら持ち込み、もしくはアクションを起こして店舗などに不用品を持ちこみ売却をする(自主)行為に対し、業者に訪問してもらい売却をすることによって不用品をさばくこともできます。特定の業種やものの種類が限られる場合もありますが、自宅まで取りに来てもらってその場で交渉し、不用品を引き上げてくれることから、目的さえ合っていればこれほど効率的なことはありません。

    不用品処分サービス

     

    例えば古本が大量にある場合、リサイクルショップなどでは自宅まで出張し、査定をする仕組みがある店舗があります。担当者が訪問し対応してくれるので、運搬をする必要もありませんし、お互いのニーズはアクションと同時に合致していると考えられます。つまり、目的を達成する成功率が格段に上がります。経済性を多少なりとも追求することができますので、その方法を知ることで、効率的に、経済的に不用品を処分することができるでしょう。

     

    訪問系の売却をするのデメリットは、さばける種類が極端に限られてしまう点です。大型家電や小物などはまず訪問によって対応しているところはありません。今仕事として成り立っているのは古本位であり、それ以外の商品はこの方法を適用できないかもしれません。また、売却をする(自主)と比較してもその経済効果は低い点です。出張の手間も踏まえて単価が設定されるので、持ち込みに対して安く買い取られることが多いです。小物を少しずつではなく、まとまった量に対してアクションを起こさないと、こちらも相手方も採算がとれません。

     

     

     

    7

    リユース方法を考える

     

    不用品回収物

     

    違う形でまだリユース(再使用)出来ないか考えてみる。

     

    メリット

  • 自分次第。
  • 処分しないで済んだ場合、その分だけ経済的である。
  • その行為はリデュースに値する。
  •  

    デメリット

  • 機能性の追求をするとなると、相当なアイディアが必要。
  • 衛生面の追及も難しい。
  •  

     

    ポイント

    当サイトでは、物品別のリユース方法をご提案しています。

  • 『物品別のリユース方法と比較検証』
  •  

     

    ジャンクアートの紹介

     

    ジャンクアートとは、使えなくなった空き缶やビン、不用品などを組み合わせて、美術品を制作することをジャンクアートと言います。

     

    ジャンクアートに関する書籍も紹介しておりますので、ご興味のある方はご確認ください。

     

     

    いかがでしょうか。その時のご自分の環境や都合に合った最適な処分を検証しましょう。

     

    ・NEXT(引っ越し・移転)

    ・⇐BACK(寄付・寄贈をする)

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP