広告

不用品処分

 

 

>

 

「不用品回収」を依頼する前に見る7つの選択肢


【不用品回収】

 

不用品処分の7つの選択肢

  • 粗大ゴミに出す
  • 回収業者に依頼する
  • 友人に再使用してもらう
  • 寄付・寄贈をする
  • 売却をする(自主)
  • 売却をする(訪問)
  • リユース方法を考える
  •  

     

    Check!!
  • 依頼前にチェックするべき事
  • 廃棄物にまつわる歴史や様々な一覧リスト
  • 損得の判断は『エコノミー』と『エコロジー』で決める
  • 『ナウシカ』と『WWF』と『世界遺産』
  • 不用品回収を依頼するタイミング
  •  

    ・NEXT(回収業者に依頼する)

     

     

     

    不用品の最適な処分や、廃棄方法とは

     

    ご不用になった不用品の処分や廃棄方法にお困りではありませんか?このページでそれらの選択肢や特徴、メリットやデメリットを徹底的に比較検証し、そのお悩みの解決のお手伝いを致します。不用品回収や粗大ゴミの引き取りを依頼する前に、ぜひチェックしてみて下さい。

    不用品回収事前チェック

     

    まずは回収された家電の行方/リユース先情報を見る


    不用品処分サービス

    不用品回収をご依頼していただける方も、このような内容が放送されると、依頼した電化製品が正しくリサイクルされていないのでは?と不安に思われる方もいるかと思います。そのブラックボックスを限りなく透明にしていくためにも、家電輸出業者に掲載許可を頂いて現地の様子をホームページに記載しております。

     

    Check!!

    リユースを進めよう 是非ご確認下さい。


    リユースを進めよう リユースを進めよう

     

     

    依頼前にチェックするべき事

     

    不用品回収を業者に依頼する前に確認しておきたい流れ注意点として、まずトラブルが起こらないようにするために、業界の相場を調べ、事前にかかる費用のお見積りを出してもらってから業者を決めることが重要になります。その際に、費用を安くするための割り引きお得な情報も同時に確認しておくと、無駄な出費を防ぐことができ、安心して申し込みをすることができます。

     

    直接業者に問い合わせをしづらい場合は、口コミ評判などをインターネットで確認しましょう。その際、ホームページやチラシに記載されてある情報ではなく、利用者が直接体験談などを書き込めるサイトであれば、利用目的に合った業者を探せると思います。

     

    引越しなどで出る不用品の場合は、一人では運べないものなども出てきます。そういう場合でも不用品業者は役に立ちます。急に捨てなければならなくなった場合など、自分の都合に合わせて利用することで、とても便利になります。時間に余裕がある場合は、自治体の粗大ゴミ回収を利用することでかかる費用を節約することができます。

     

    最後に、まだ使用できる物が不要になった場合は、買取可能業者やリサイクルショップに問い合わせしてみるのがいいでしょう。処分と同時に買取も行っている業者であれば、まとめて依頼することにより時間短縮にもつながります。

     

    7つの選択肢

     

    まず最初にこの選択肢を考えましょう。

     

    1

    粗大ゴミに出す

     

    不用品回収物

     

    お住まいの自治体に従って、粗大ゴミとして処分する。

     

    メリット

  • 新品、破損、問わず可。
  • 出せる物は無料、または安価での廃棄が可能。
  • 基本料等は存在しない為、単品処分でも安価。
  • 必ず自分の住居に当てはまる自治体がある。
  •  

    デメリット

  • 手続きがいる場合、その手間がかかる。
  • 日時指定が出来ない。土日不可の場合も多い。
  • 出せない物(リサイクル家電等)もある。
  • 一回につき5点まで等、制限がある。
  • 搬出を自分ですることになる。(高齢者対策がある場合もある)
  • 重たい物の場合、自分では運べない場合がある。
  •  

    ポイント

  • 確認許認可:『一般廃棄物収集運搬業許可』
  • 自治体別粗大ゴミの処分方法』(外部)
  •  

    法人の場合は『産業廃棄物』の為、粗大ゴミでは出せませんので、産業廃棄物として処分場に持ち込むか、収集運搬業者に依頼することになります。

    法人の方法

    Check!!
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  • 産業廃棄物マニフェストの使用方法
  • 確認許認可:『産業廃棄物収集運搬業許可』
  •  

    テレビ冷蔵庫エアコン洗濯機の家電4品目に、パソコンを合わせた5家電は、区(自治体)での処分が出来ません。

    処分事例

    Check!!
  • 地域別の持込場所情報一覧
  • リサイクル家電処分の7つのポイント
  • 家電リサイクル法』及び『資源有効利用促進法』(外部)
  •  

     

     

    それでは、他の選択肢を見て見ましょう。

     

  • 回収業者に依頼する
  • 友人に再使用してもらう
  • 寄付・寄贈をする
  • 売却をする(自主)
  • 売却をする(訪問)
  • リユース方法を考える
  •  

     

    処分料金の徹底比較と考察


    処分する選択肢を選ぶことになれば、


  • 粗大ゴミとして引取りをしてもらう。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物として処理処分する(法人のみ)。
  •  

    不用品回収考察

    という3つの選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。そこで当サイトでは、これらの特徴、メリットやデメリット、料金の比較についてを徹底検証し、最適な処分方法の検討が出来るよう、情報をまとめました。物品別の『料金比較検証』と、物品別の『リユース方法(及びリデュースへの貢献)』をご提案しております。

     

    また、不用品の処分に関する『損得』の判断基準は、『エコノミー(経済的な条件)』と、『エコロジー(環境への配慮)』にあります。

     

    『エコノミー(経済的な条件)』

    3R


  • 処分にかかるお金を考慮する。つまり自分の収入に見合った相応の支出かどうか
  • 処分にかける時間を考察する。つまり『Time is money.(時は金なり)』である。
  • 『投資、消費、浪費』の概念を理解する。『未来を守る投資』を、『ドブに捨てる浪費』と混同させない。
  •  

    ※不法投棄の刑罰…個人:1000万円以下の罰金 法人:3億円以下の罰金

     

     

    『エコロジー(環境への配慮)』

    3R


  • 不法投棄による、地球・自分・他人・その他の生命への圧倒的なデメリットを考える。
  • 『3R』、つまり、リデュースを考え(物を大事に扱い)、リユースを考え(捨てる前に再使用をし)、リサイクルを考える(分解して再資源化し、資源を循環させる)という循環型社会の圧倒的なメリットを考える。また、それをしないことの圧倒的なデメリットを考える。
  • 『もし清掃工場がなかったら?』(外部)

     

     

    『それぞれの処分の行方』


  • 01:粗大ゴミの引き取り=埋め立て。あるいはリサイクルへの貢献。
  • 02:不用品回収業者=リユースリサイクルへの貢献。(※弊社の場合)
  • 03:産業廃棄物処分=リサイクルへの貢献。
  •  

     

    3R

    人間のエゴを貫き、地球を削り続けた延長線上を描いた、スタジオジブリの名作『風の谷のナウシカ』を推薦したことでも知られる『WWF』は、今も私たちの地球を守っています。賢い不用品の処分が地球や人生にどう影響するかを考えれば、モチベーションも変わりますよね。

     

    Check!!
  • 『かんたん!早わかり!ごみ処理の流れ』(外部)
  • 『リユースを進めよう』
  •  

     

    ・NEXT(回収業者に依頼する)

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP