広告

 

> > >

 

「洗濯機」の処分比較検証


洗濯機処分


「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢の中から「洗濯機を処分」する選択肢を選ぶことになれば、

 

  • 指定引き取り場所に持ち込む。
  • 小売業者に収集依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処分場で処分する。(法人のみ)
  •  

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。ここでは、そんなエアコンの最適な処分の比較検証を行います。

     

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • 洗濯機の処分徹底検証
  • 処分の際のチェックポイント
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

    リサイクル家電とパソコンの処分比較検証


    洗濯機回収

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • パソコン
  •  

    「洗濯機」のリサイクル処分と不用品回収を考察

     

    エアコン回収

     

    「洗濯機処分費用」

    比較


  • 『リサイクル処分』¥2,592~
  • 『不用品回収依頼』¥2,300~
  • 『産業廃棄物処分』¥3,000~
  •  

    収集運搬費(及び基本料金)

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,000~
  • 『不用品回収依頼』¥3,000~
  • 『産業廃棄物処分』収集不可
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『リサイクル処分』不要or必要(持込)
  • 『不用品回収依頼』不要or依頼先により必要
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

  • 地域別の持込場所一覧
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)

     

     

    チェックポイント

     

  • 洗濯機の設置場所次第では、常に洗濯槽や排水溝お手入れを強いられる ことがあります。臭いが気になりだしたら掃除をすると共に、 設置場所の検討をし直すことも一つの手です。 しかし、そう簡単に変えられない場合もありますから、掃除方法等をよく確認してなるべく清潔に維持することで、洗濯機の寿命を延ばすことが出来ますよね。
  •  

  • それでも洗濯機が故障してしまって動かなくなってしまったというケースもあるでしょう。その場合、リユース方法を検証しましょう。例えば、ある程度のものを中に収容することが可能です。自宅で再利用する場合には、漬物を作るための容器などとして活用してみるのもありかもしれません。
  •  

  • しかし洗濯機はかなりかさばる家電用品です。そこで、処分をしてすっきりしたいと思っている人も多いでしょう。洗濯機には捨て方があり、処分をするとなれば、例えばリサイクル法に則り、購入店、買い替え店での回収を依頼するというものがあります。その場合、回収後はまず大きい物質の処理と洗浄が行なわれ、使える部品などは再利用されます。金属部分なども溶かしたあとで他の製品へ生まれ変わるというわけです。
  •  

    (例 Panasonicの:洗濯機リサイクル方法)(外部)

     

  • また、不用品回収業者への依頼も選択肢の一つです。料金は2,500円ほどとなっていますので、リサイクル処分をする額とほとんど変わりありません。販売メーカーではなく、回収業者に引き取りを依頼するときは、メリットデメリットをきちんと確認して、回収された洗濯機の行方が明確な業者に依頼するように注意をしましょう。
  •  

  • また、新しく買い換える際は、リサイクルショップアウトレットに行けば、人気の洗濯機安く手に入るかもしれません。その際は同時に、古い洗濯機を買い取りに出すことも検討しましょう。しかし、中古となると故障をするリスクも高い場合がありますので、それをふまえて状況に適したお買い物をお勧めします。

     

     

  • 環境省からの注意:正しくリユース、リサイクル
  • 関連リンク:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。
  • それぞれのメリットやデメリット
  •  

     

     

    回収依頼が多い洗濯機メーカー

     

  • AQUA
  • 東芝
  • シャープ
  • パナソニック
  • LG
  • 日立
  •  

     

     

    洗濯機を処分する前に考えること

     

    洗濯機は、2000年6月に制定された『循環型社会形成促進基本法』、2001年4月に制定された『家電リサイクル法』によって、『特定家庭用機器』として、指定されている家電の一つです。区で回収できなくなったのです。粗大ゴミとして洗濯機を出せなくなったと言うことです。これは正直、我々にとって少し、『めんどくさい』という印象を持ちますよね。

     

    しかし、その理由を紐解けば、納得してしまうのです。洗濯機の他にも『特定家庭用機器』として制定されたのは、テレビ、エアコン、冷蔵庫です。これら家電4品目は、今や我々にとって生活必需品となりましたよね。その、必需品となった洗濯機を含めたそれらの家電が、なぜ粗大ゴミとして出せなくなったのか。

     

    その理由は3つあります。

     

    1つ目は、埋め立て地には限界があるから。
    2つ目は、この4大家電を特定することで消費者が環境問題について必然的に考えざるを得なくなり、国民の環境意識が高められるから。
    そして3つ目は、これらの家電の中には、資源として有効利用できる物質が含まれているからです。

    問題になった『レアメタル』や、『レアアース』もこれらの資源の一つですね。洗濯機をはじめとしたこれらの家電を廃棄、処分する背景にはこういった問題がある。このことを、これを機会にぜひ理解していただき、資源の有効な利用を考え、率先して環境保全を活動し、私達や、私達の子孫の為に地球を守りましょう。

     

     

    つぶやきテーマ『洗濯機』

     

    洗濯と言えば、何を思い出すでしょうか。

    ドラム式洗濯機、縦型洗濯機、二層式洗濯機、洗濯板に洗濯タライ。私はギリギリ、これら洗濯機の移り変わりをすべて見てきた、あるいは使用しているのを見た人間です。長野の田舎の方で、90歳以上にもなる親戚のお婆さんが、洗濯板を使って洗濯をしていた光景が目に焼き付いています。体育会系の寮にいるときは、二層式洗濯機でした。そして、縦型、ドラム式へと移り変わりましたが、今ではほとんどが、縦型とドラム式で埋め尽くされているのではないでしょうか。

    回収の依頼が多いのは圧倒的に縦型ですので、今ちょうど、マジョリティ層もドラム式に移行し始めている段階でしょう。おそらく、今後20年の間に新しいタイプの洗濯機が登場し、10年でアーリーマジョリティ、残りの10年でレイトマジョリティの家庭に、導入されるのではないでしょうか。次の新機能はなんでしょうかね。現段階ですでに、クリーニング屋に近い機能を備えた洗濯機もありますから、もしかしたら20年後ぐらいには、クリーニング屋は無いかもしれませんね。かつて都会の一等地に当たり前のようにあったCDショップが次々と姿を消したように、時代のニーズに沿って、人やビジネスも移り変わるのですね。

     

     

    処分方法や流れ

     

    下記の『Slide share(スライドシェア)』をご覧ください。(右下のフルスクリーンボタンを押せば、小さい文字も見えるようになります。フルスクリーンが成功しない場合は、ブラウザを変更してください。)

     

    不用になったリサイクル対象家電 from salvage-enterprise

     

    FAQ/よくある質問

    FAQ

  • 現場で急に追加料金を取られるのでは?
  • 回収したエアコンはどこへ捨てているんですか?
  • 『不用品回収業者に依頼しないで』という環境省のページを見つけたのですが?
  • 家電が重たくて外まで出せないのですが、お願いできますか?
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP