広告

 

> > >

 

「テレビ」の処分比較検証


ブラウン管テレビ


「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢の中から「テレビを処分」する選択肢を選ぶことになれば、

 

  • 指定引き取り場所に持ち込む。
  • 小売業者に収集依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処分場で処分する。(法人のみ)
  •  

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。ここでは、そんなエアコンの最適な処分の比較検証を行います。

     

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • テレビの処分徹底検証
  • 処分の際のチェックポイント
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

    リサイクル家電とパソコンの処分比較検証


    テレビ回収

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • パソコン
  •  

    「テレビ」のリサイクル処分と不用品回収を考察

     

    エアコン回収

     

    「テレビ処分費用」

    比較


  • 『リサイクル処分』¥1,836~
  • 『不用品回収依頼』¥1,600~
  • 『産業廃棄物処分』¥2,000~
  •  

    収集運搬費(及び基本料金)

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,000~
  • 『不用品回収依頼』¥3,000~
  • 『産業廃棄物処分』収集不可
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『リサイクル処分』不要or必要(持込)
  • 『不用品回収依頼』不要or依頼先により必要
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

  • 地域別の持込場所一覧
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)

     

     

    チェックポイント

     

  • 現在ではデジタル化が進み、アナログテレビはもはや用無しになってしまっています。しかしアナログ時代の液晶テレビであれば、再利用することも可能です。たとえば、ゲーム端末と接続することによって、ゲーム専用の画面として活用することも可能です。
  •  

  • ある程度のサイズの画面のものであれば、結構迫力ある映像になるのではないでしょうか。もし押し入れに眠っているのであれば、使えるものは再利用すると言う手もあります。
  •  

  • 処分をするとなれば、まず考えるのはリサイクル法に則り、購入店、買い替え店での回収を依頼するというものがあります。その場合、回収後はまず環境への大きい物質の処理と洗浄が行なわれ、使える部品などは再利用されます。金属部分 (テレビに含まれる金属)なども溶かしたあとで他の製品へ生まれ変わるというわけです。
  •  

    (例 Panasonicの:テレビリサイクル方法)(外部)

     

  • また、不用品回収業者への依頼も選択肢の一つです。販売メーカーではなく、回収業者に引き取りを依頼するときは、メリットデメリットをきちんと確認して、回収されたテレビの行方が明確な業者に依頼するように注意をしましょう。
  •  

  • もう一つ、リサイクルショップ等で並んでいる中古のテレビでも、リサイクルショップの買取基準が厳しくなっているため、新しい型のテレビに安く買い替えられる場合があります。
  •  

  • 品数が多い店舗に行けば、目的にあったサイズのテレビも見つかりやすくなるはずです。人気の種類安いテレビだからといってすぐに決めないようにして、新しいテレビに買い替える予定がある方は失敗をしないように注意をしましょう。
  •  

     

  • 環境省からの注意:正しくリユース、リサイクル
  • 関連リンク:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。
  • それぞれのメリットやデメリット
  •  

     

     

    回収依頼が多いテレビメーカー

     

  • シャープ
  • LG
  • 東芝
  • 日立
  • サムスン
  • ソニー
  • パナソニック
  • オリオン
  •  

     

     

    テレビを処分する前に考えること

     

    テレビは、2000年6月に制定された『循環型社会形成促進基本法』、2001年4月に制定された『家電リサイクル法』によって、『特定家庭用機器』として指定されている家電の一つです。粗大ゴミとして出せないのですから、我々にとっては少し大変ですよね。

     

    テレビは今や、我々の生活にとって必需品となりました。白黒のブラウン管テレビの前に近所の人たちが集まってテレビを観賞する『三丁目の夕日』の様な時代は、もう昔の話ですね。その必需品であるテレビの処分を有料にすることで、国民はこれらの制定された法律の背景にある環境保全への意識が、強化されるのですね。

     

    さて、2011年7月にはついに、アナログからデジタル放送へと切り替わりました。それと同時にブラウン管テレビが見られなくなるということで、皆デジタルテレビへと切り替えましたよね。実際は、ブラウン管テレビでもアンテナを少しいじればデジタル放送は観れたのですが、国中が消費を煽ったこともあり、皆テレビを買い替えたのではないでしょうか。まあ、経済が活性化することはいいことです。

     

    これらのテレビ乗り換えの問題を通して、不法投棄が増えたり、あるいは電気店のメイン売場からテレビが消えたりと、いろいろな減少が起きているようです。家電ゴミの中でも一番排出の多いのがテレビです。テレビに含まれる水銀が土壌に浸透し、水道管に到達してしまうと、水道水に影響が出て、人間に甚大な被害を与えてしまいます。

     

    とにかくテレビは、ここまで世間を賑わすようになった、生活必需品ですね。テレビの適正な処分リユース、リサイクルを考えることは、我々にとっても『必須』なのかもしれません。

     

     

    つぶやきテーマ『テレビ』

     

    かつて、白黒テレビが登場したとき、テレビはまだ珍しいアイテムでした。当時を知らない人も、『ALLWAYS三丁目の夕日』を見ればよくわかりますね。テレビを買った家に近所中の人が集まって、番組を観た時代がありました。

    その後時間をかけ、カラーテレビ、番組の多様性、リモコンの登場、ビデオデッキの普及などを経て、薄型テレビ、そしてアナログ放送の終了へと時代は移り変わりました。テレビが近所に一つの時代から、一家に一つ、そして今では、一人に一つという時代になりました。ポータブルテレビや、ワンセグテレビの登場も、それを手伝っています。人が集まり、チャンネルを奪い合い、番組の予約に翻弄される時代は終わり、今では遡って見逃した番組を観ることが出来るまでになりました。

    今後、ある見解では『大型テレビ』などという概念は消え、スクリーンに映像が映し出され、その映像をスマホの要領で小さくしたり、大きくしたり、キッチンや、お風呂など、好きな場所に移動させることが出来る時代が来るといいます。人間の進化は、どこまで続くのでしょうか。テレビの進化を見るだけでも、時代の流れ、そして人間の進歩を大きく感じることが出来ますね。

     

     

     

    処分方法や流れ

     

    下記の『Slide share(スライドシェア)』をご覧ください。(右下のフルスクリーンボタンを押せば、小さい文字も見えるようになります。フルスクリーンが成功しない場合は、ブラウザを変更してください。)

     

    不用になったリサイクル対象家電 from salvage-enterprise

     

    FAQ/よくある質問

    FAQ

  • 現場で急に追加料金を取られるのでは?
  • 回収したエアコンはどこへ捨てているんですか?
  • 『不用品回収業者に依頼しないで』という環境省のページを見つけたのですが?
  • 家電が重たくて外まで出せないのですが、お願いできますか?
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP