広告

 

> > >

 

「冷蔵庫」の処分比較検証


冷蔵庫処分


「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢の中から「冷蔵庫を処分」する選択肢を選ぶことになれば、

 

  • 指定引き取り場所に持ち込む。
  • 小売業者に収集依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処分場で処分する。(法人のみ)
  •  

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。ここでは、そんなエアコンの最適な処分の比較検証を行います。

     

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • 冷蔵庫の処分徹底検証
  • 処分の際のチェックポイント
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

    リサイクル家電とパソコンの処分比較検証


    冷蔵庫回収

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • パソコン
  •  

    「冷蔵庫」のリサイクル処分と不用品回収を考察

     

    エアコン回収

     

    「冷蔵庫処分費用」

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,888~
  • 『不用品回収依頼』¥3,500~
  • 『産業廃棄物処分』¥3,000~
  •  

    収集運搬費(及び基本料金)

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,000~
  • 『不用品回収依頼』¥3,000~
  • 『産業廃棄物処分』収集不可
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『リサイクル処分』不要or必要(持込)
  • 『不用品回収依頼』不要or依頼先により必要
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

  • 地域別の持込場所一覧
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)
  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  •  

     

    チェックポイント

     

  • 冷蔵庫にも当然寿命があります。霜取り等を念入りにして、お手入れをして大切に保管していても、いずれ壊れるときは来ますよね。音がうるさいと感じだしたら、一つのサインかもしれません。故障すると温度の維持等も出来なくなって、電気料金も無駄に上がってしまう場合がありますし、 修理代も馬鹿になりませんので、買い換えた方が早いかもしれません。最新の冷蔵庫は性s能が良く、容量収納力も向上しつつ、 消費電力も抑えられるエコ機能が搭載されていますので、ぜひチェックしてみて下さい。
  •  

  • 冷蔵庫の処分については、家電リサイクル品目であり、通常の粗大ごみとしての処分はできません。ですので、なるべくならリユースをするのがおすすめです。
  •  

  • まだ使える冷蔵庫は買い取りをしてもらいましょう。買い取りには、リサイクルショップが最適です。また、リサイクルの中でも、買い取りと同じような方法として、新製品を購入する際に下取りしてもらうことがあります。下取り価格を新製品の価格から値引きしてもらえます。
  •  

  • そのほかの回収方法としては、購入した店舗で引き取ってもらう方法があります。あるいは、回収業者での引取りになります。業者の場合は自宅まで引取にきてくれます。引取にかかる料金は数千円から1万円ほどとなっていますので、リサイクル処分をする額とほとんど変わりありません。回収後はまず大きい物質の処理と洗浄が行なわれ、使える部品などは再利用されます。金属部分なども溶かしたあとで他の製品へ生まれ変わるというわけです。
  •  

    (例 Panasonicの:冷蔵庫リサイクル方法)(外部)

     

  • 冷蔵庫は重たい物なので、弊社のような回収業者に依頼需要が多い物品です。販売メーカーではなく、回収業者に引き取りを依頼するときは、メリットデメリットをきちんと確認して、回収された冷蔵庫の行方が明確な業者に依頼するように注意をしましょう。
  •  

     

  • 環境省からの注意:正しくリユース、リサイクル
  • 関連リンク:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。
  • それぞれのメリットやデメリット
  •  

     

     

    回収依頼が多い冷蔵庫メーカー

     

  • 日立
  • ハイアール
  • シャープ
  • 東芝
  • 三菱
  • ナショナル
  • パナソニック
  •  

     

     

    冷蔵庫を処分する前に考えること

     

    冷蔵庫は、2000年6月に制定された『循環型社会形成促進基本法』、2001年4月に制定された『家電リサイクル法』によって、『特定家庭用機器』として、指定されている家電として、指定されている家電の一つです。冷蔵庫は画期的な発明で、いつでも冷えた飲み物を飲めるし、肉や魚や、野菜を新鮮に保管しておけるため、現代の人間にとってはかけがえのない重要家電となりました。

     

    しかし、そんな冷蔵庫も、捨てるとなると大仕事です。なにしろあの大きさですから、なかなか簡単には捨てることが出来ません。搬出も重たくて難しいですし、なにより、この制定された法律によって、粗大ゴミとして出せないというのですから、お年寄りや女性の方、身体の悪い方をはじめとした、排出が困難な人々が続出してしまいます。

     

    基本的には、この『特定家庭用機器』は、消費者一人ひとりが家電リサイクル料金を支払い、指定の場所に持って行かなければなりません。ですが、冷蔵庫を運ぶ車もなければ、さきほどもいったように動かすだけでも一苦労です。ですから、小売業者や家電業者に頼んでリサイクル料金を払ってリサイクル処分するか、弊社の様な『リユース業者』に依頼して、『リユース』するか、という選択肢があります。

     

    『リサイクル』と『リユース』の違いは、『リサイクル=(再資源化)』で、『リユース=(再使用)』です。 再資源化は、分解して資源レベルにまで戻して、資源を循環させ、再使用は、その前にもう一度中古市場として『使用』を考えるということです。

     

     

    つぶやきテーマテーマ『冷蔵庫』

     

    『サザエさん』の家にある冷蔵庫をよく見てみて下さい。黄緑色の冷蔵庫が出てくると思います。あの冷蔵庫を見ると、(そういえば、冷蔵庫ってこういうタイプのが多かったなあ)と、私は思います。

    今では、白やシルバーなどが圧倒的に多いですが、当時はああいう色をよく見かけましたね。野菜色なのでしょうか。今ではクールな色ということで白やシルバーが圧倒的に多いですね。また、洗濯機は、清潔な色ということで白が圧倒的に多いです。野菜室、冷凍庫、製氷機などの完備も当然の時代になり、エコ運転機能などの能力も身に付いてきました。

    近い将来になると、冷蔵庫に備え付けの端末に内容を打ち込むと、自分が持ち歩く端末に冷蔵庫で何が足りなくなったかを知らせてくれる機能が搭載される、などという情報もあります。今後は買い物で、ついつい重複してしまうという失敗をすることが、終わる時代が来るかもしれませんね。

     

     

    処分方法や流れ

     

    下記の『Slide share(スライドシェア)』をご覧ください。(右下のフルスクリーンボタンを押せば、小さい文字も見えるようになります。フルスクリーンが成功しない場合は、ブラウザを変更してください。)

     

    不用になったリサイクル対象家電 from salvage-enterprise

     

    FAQ/よくある質問

    FAQ

  • 現場で急に追加料金を取られるのでは?
  • 回収したエアコンはどこへ捨てているんですか?
  • 『不用品回収業者に依頼しないで』という環境省のページを見つけたのですが?
  • 家電が重たくて外まで出せないのですが、お願いできますか?
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP