広告

不用品処分

 

 

> > >

 

「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢


 

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • それぞれのメリット、デメリット
  • 不用品回収対応エリア及び地域別の情報
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

    ・⇐BACK(「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢)

     

     

     

    それぞれのメリット、デメリット


    メリットデメリット

     

    ここでは更に、リサイクル対象家電である冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンと、区では出せないパソコンの処分の選択肢の詳細を詳しく検証します。

     

    ここで挙げた選択肢は7つ。

  • 指定場所まで持ち込む
  • 小売業者に回収依頼をする
  • リサイクルショップに売る
  • 知人友人にリユースしてもらう
  • 回収業者に依頼する
  • 悪質な業者に間違って依頼する
  • 不法投棄をする。
  •  

     

    選択肢12は、『リサイクル』という選択肢。

    選択肢345は、『リユース』という選択肢。

    そして、選択肢67が、環境や人に迷惑をかけてしまう『不法投棄(環境汚染)』という選択肢です。それではまず、それぞれのメリット、デメリットから見てみましょう。

     

     

    リサイクルのメリット


    メリット

    国がこれらリサイクル家電に含まれる有効な資源を回収できること、また、リサイクル料金として徴収した財源で、新たなる再商品化の資金源を確保できることです。

     

    Check!!
  • 『かんたん!早わかり!ごみ処理の流れ』(外部)
  • Panasonicの:家電リサイクル方法(外部)
  •  

     

    リサイクルのデメリット


    デメリット

    自分で運ばなければならない手間や、収集の代行を頼むと、その分だけ少し負担が割高になるということです。 また、埋め立て処分される部品や埋立地のことも考えると、その分だけ『もったいない』ことになります。

     

     

    リユースのメリット


    メリット

    リサイクルよりも物を大事に扱えるということです。『もったいない』という言葉は、日本から生まれた言葉で、今や世界を繋げる合言葉。『まだ使える』そのアイテムを、『分解してリサイクル(再資源化)』する前に、『修理してリユース(再使用)』する選択肢があるのです。国としても、海外へのリユースが「健全に」行われることは、とても良いことだと推薦しています。


    海外の人々は、品質の高い日本の中古品をとても喜びます。それに、主な輸出先であるアフリカは、2013年に入ってからついに日本が3兆円の投資を行うことが決定された、『最後のフロンティア(未開拓の地)』であり、アフリカマーケットへの市場開拓は、今後益々力を入れるべくビジネスになります。中古家電を輸出するということは、それを輸入する人々がいるということ。つまり、途上国の雇用を生み出す立派な社会貢献にもなるのです。

     

  • 『リユースを進めよう』
  • リユース

     

     

    リユースのデメリット


    デメリット

    海外でリユースをするという名目で廃棄物に近い状態で中古品を輸出し、その末路についてを『ブラックボックス(不透明)』にし、あるいは責任を負わないという、『偽装リユース』を行う悪質な業者に流れる懸念があること。

     

    また、海外に壊れた家電を輸出することが、『バーゼル条約』に違反してしまう可能性があること。それらに付随して、海外、地球に向けて日本が廃棄物をまき散らし、環境汚染の根源になってしまう懸念があることです。

     

     

     

     

    不法投棄(環境汚染)のメリット


    メリット

    視野を極限まで狭くし、時間軸を極めて刹那的に考えるのであれば、処分料金を支払わないで済みます。しかし、捨てたその瞬間から、罪悪感やリスクへの圧迫やストレスが始まります。

     

     

     

    不法投棄(環境汚染)のデメリット


    デメリット

    デメリットだらけの、最悪の選択肢です。資源を大事に扱わないということは、地球を大事に扱わないということです。限りある地球の資源から作った貴重なこれらのアイテムを不適正に棄てることは、まるで命の無駄遣い。我々の限りある地球の資源は今、とっくに限界を超えていて今の人間の生活の消費量をまかなうためには、地球が1.3個必要だと言われています。 その中でも、日本は消費大国であり、世界の人々が現在の日本と同じ大量消費社会を作り上げたなら、2.3個分の地球が必要になってしまうと言われているのです。

     

    それだけではありません、例えばエアコンに含まれるフロンガスが大気中に不適切に放出されるとオゾン層が破壊されます。オゾン層が破壊されると地球は太陽の紫外線を抑制することができなくなり、人間はたちまち紫外線によって黒焦げになってしまい、死んでしまいます。そのオゾン層を創ってくれているのは、植物であり、大自然であり、この地球なのです。私たちはその地球を破壊して、生活に必要なアイテムを作り出しているということを忘れてはなりません。それを不法投棄するということがどういうことか、もうおわかりですよね。

     

    Check!!
  • 環境汚染の現状
  • 『もし清掃工場がなかったら?』(外部)
  •  

    いかがでしたでしょうか。中古品、不用品を通して、環境や、地球、そして私たちの人生を考えることが出来たと思います。

    それでは以上のことを考えた上で、もう一度7つの選択肢を考えてみて下さい。

     

     

    ・⇐BACK(「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢)

     

     

    リサイクル家電の場合

    不用になったリサイクル対象家電 from salvage-enterprise

     

    パソコンの場合

    不用になったパソコン from salvage-enterprise

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP