広告

 

> > >

 

「パソコン」の処分比較検証


パソコン処分


「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢の中から「パソコンを処分」する選択肢を選ぶことになれば、

 

  • 小売業者に収集依頼する。
  • 不用品回収業者に依頼する。
  • 産業廃棄物処分場で処分する。(法人のみ)
  •  

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。ここでは、そんなエアコンの最適な処分の比較検証を行います。

     

  • リサイクル家電とパソコンの処分比較検証
  • パソコンの処分徹底検証
  • 処分の際のチェックポイント
  • Slide share(スライドシェア)によるプレゼン
  •  

    リサイクル家電とパソコンの処分比較検証


    パソコン回収

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • パソコン
  •  

    「パソコン」のリサイクル処分と不用品回収を考察

     

    パソコン回収

     

    「パソコン処分費用」

    比較


  • 『リサイクル処分』¥0~
  • 『不用品回収依頼』¥0~
  • 『産業廃棄物処分』¥3,000~
  •  

    収集運搬費(及び基本料金)

    比較


  • 『リサイクル処分』¥3,000~
  • 『不用品回収依頼』¥3,000~
  • 『産業廃棄物処分』収集不可
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『リサイクル処分』不要or必要(持込)
  • 『不用品回収依頼』不要or依頼先により必要
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

  • 地域別の持込場所一覧
  •  

     

    チェックポイント

     

  • パソコンを再利用するときは、そのまま使えるときは使いましょう。動きが悪かったり、使い勝手がよくなかったりする場合では、一度データを消去して初期化することをお勧めします。購入時に同封されているソフトを使えば簡単に初期化することが出来ます。
  •  

  • パソコンの種類にもよりますが、ディスプレイとしても利用可能です。新規でパソコンを購入した場合は、以前使っていたパソコンのディスプレイをサブディスプレイとして使うことが出来ます。
  •  

  • ノートパソコンであれば、持ち運びができるDVDプレーヤーとして活用できます。分解して、部品ごとに売却することも可能。人気のある型や、スペックが高いパソコンであれば、良い値段で買い取ってくれる業者もあります。是非活用しましょう。
  •  

  • 買取業者があるということは、中古パソコンの販売店があります。最新のパソコンではなく、2つぐらい型が前のものでもいい場合、中古でも種類が豊富にあるので安いパソコンだからといってすぐに決めないように、買い替えのポイントをおさえて失敗しないように注意をしましょう。
  •  

  • また、処分方法がわからない場合は不用品回収業者への依頼も選択肢の一つです。販売メーカーではなく、回収業者に引き取りを依頼するときは、メリットデメリットをきちんと確認して、データ消去の保証回収されたパソコンの行方が明確な業者に依頼するように注意をしましょう。
  •  

     

  • 環境省からの注意:正しくリユース、リサイクル
  • 関連リンク:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。
  • それぞれのメリットやデメリット
  •  

     

    回収依頼が多いパソコンメーカー

     

  • BTO
  • Acer
  • 富士通
  • Gateway
  • NEC
  • Mac
  • ソニー
  • 東芝
  • Windows
  •  

     

     

    パソコンを処分する前に考えること

     

    パソコンは、『資源有効利用促進法』の制定により、消費者がお金を負担して処分することが義務付けられました。その理由はまず、パソコンと、エアコン等の4大家電が一番排出量の多い廃棄物だからということと、パソコンに含まれる資源が、適正にリサイクルすれば有効利用出来るからです。

     

    例えばパソコンに含まれる有効資源の一つに、『レアメタル』である、『リチウムイオン電池』があります。リチウムは細心のモバイル機器の電源として使用量が急激に増加していて、携帯ゲーム機や腕時計などに使うリチウムボタン電池は、放電すると廃棄する使い捨て電池(一次電池)、パソコンは、何度でも充電が可能な二次電池であるリチウムイオン電池をバッテリーとして使います。

     

    これらのレアメタルは、貴重な資源です。ですが、日本はこのレアメタルの鉱山をほとんど所有していません。レアメタルのほとんどを、輸入しているのです。中でも中国はレアメタル大国ですから、優位な立場にあり、外交の武器として、パソコン等の最新機器に使われているこのレアメタルを、独占したいのです。

     

    そこで日本はいろいろと考えた結果、日本にも大きな鉱山が眠っていることに気がつきました。それが『都市鉱山』と呼ばれる鉱山です。

     

    それはつまり、『都市で皆が使用している家電製品』なのです。我々が使用しているパソコン等のこの最新機器に、レアメタルが使用されているのです。これを、『埋蔵金』のようなイメージで、『埋蔵レアメタル』。つまり、『都市鉱山』だと表現しているのです。

     

    我々は、パソコンの回収、処分を行いながら、この『都市鉱山』の『採掘作業』を行って、貴重な資源を循環させているのです。パソコン等に含まれる有効な資源を循環させ、私達の地球を守ってほしいのです。

     

     

    つぶやきテーマ『パソコン』

     

    日本でインターネットが普及し始めたのは1995年と言われています。『ウィンドウズ95』が登場した年ですね。この年を『インターネット元年』と呼びます。インターネットが普及した当初、メールやデータ交換での利用が一般的でした。

    一方、90年代初頭に、別のサービスとしてワールド・ワイド・ウェブ(WWW)が開発されます。このキラーアプリケーションが引き金となり、インターネットは利用者を急速に拡大させました。かつて、パソコンはテキストベースのコマンドを入力して操作するのが常識でした。キーボードでコードを入力して、指示するんですね。

    しかし、マウスでコマンドを指示するグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)の環境を持つパソコンが登場したのです。それが、あのスティーブ・ジョブズが率いたアップル社の『マックOS』であり、かのビル・ゲイツ率いるマイクロソフト社の『ウィンドウズ』なのです。これにより、パソコンは圧倒的に使いやすくなりました。このプラットフォームイノベーションこそが、今日のパソコンの普及の、根幹なのですね。

     

     

    処分方法や流れ

     

    下記の『Slide share(スライドシェア)』をご覧ください。(右下のフルスクリーンボタンを押せば、小さい文字も見えるようになります。フルスクリーンが成功しない場合は、ブラウザを変更してください。)

     

    不用になったパソコン from salvage-enterprise

     

    FAQ/よくある質問

    FAQ

  • 現場で急に追加料金を取られるのでは?
  • 回収したエアコンはどこへ捨てているんですか?
  • 『不用品回収業者に依頼しないで』という環境省のページを見つけたのですが?
  • 家電が重たくて外まで出せないのですが、お願いできますか?
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP