広告

不用品処分

 

 

> > > > 処分する場合に必要な物

観葉植物を自分で処分する場合に必要な物


目次

  • :処分する選択肢

  • :持ち込む準備
  •  2-1:運ぶための台車
  •  2-2:コンテナボックス
  •  2-3:固定道具
  •  2-4:カバー、袋
  •  2-5:手入れ方法

  • :新規購入

  • :処分する前に考えること
  •  4-1:リユース方法
  •  

    物品別料金表カテゴリー

  • あいうえお順
  • 価格順
  • 単品おすすめ順
  • 需要ランキングTOP20
  •  

    回収費用のお問い合わせ

    不用品回収


    Check!!
  • 料金のみのお問い合わせでも大歓迎!!
  • 不用品の行方(リユース先情報)を確認してから申し込みを検討する。
  •  

     

    業者に依頼するのではなく、持ち込みでの処分を考える理由


    不用品を処分する為には、回収業者、自治体に依頼、新規購入時に下取りをしてもらう、指定場所への持ち込み等、様々な方法があります。しかし処分費用の事を考えると、業者に依頼するよりも持ち込みでの処分の方が料金を安く済ませることができます。このページでは指定場所への持ち込みの流れや必要な物をご紹介しております。

    観葉植物

     

    ご紹介している方法は一つの例であり、特に用意をする必要はありませんが、あった方が便利だと思うものを今までの不用品回収の経験から記載しておりますので、ご参考にしてください。

     

     

    Check!!

    不用品の処分方法は、

     

  • 回収業者に依頼
  • 自治体に依頼
  • 新規購入時に下取りをしてもらう
  • 指定場所への持ち込み
  •  

    等の選択肢の中から選ぶことになる。

     

     

    持ち込む準備


    まず、観葉植物を運ぶために、台車が必要になります。そこまで大きくない観葉植物の場合は、自転車などで運ぶことができますが、その際にバランスを崩して落としてしまう可能性があります。そのような場合の対策として土のう袋で鉢の部分を包む方法があります。ゴミ袋ですと鉢が割れた時などに破けてしまう恐れがありますが、土のう袋であれば破ける心配はありませんので安心して運ぶことができます。

    不用品処分サービス

     

    観葉植物の販売店や、住んでいる地域の自治体など引取り場所がある場合は、持ち込みでの処分を検討してみましょう。

     

    初めに、持ち込み処分先が近くにない場合は運ぶための車が必要になります。自家用車が無い場合、レンタカーやなどを準備する必要があります。観葉植物以外にも大型の不用品がある場合は、レンタカーで持ち込みをすれば、トータルでは安くなる可能性はあります。ですが、不用品が1点、2点しかなく持ち込み手段がない場合は、多少金額が高くなる可能性がありますが、業者に依頼した方が手間も無くなり良いかもしれません。

    処分事例

     

    レンタカーで運ぶ場合にも、運ぶためのアイテムで紹介する、折りたたみコンテナゴムバンド(固定道具)があれば、荷台で動くことなく安全に運ぶことが出来ます。


  • 全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」
  •  

     

    Check!!

    処分する観葉植物を運ぶためには、

     

  • 車・自転車
  • 台車
  • 土のう袋
  • コンテナボックス
  •  

    等の用意をする必要がある。

     

     

    運ぶための台車


    簡単に運べないサイズの観葉植物の場合、台車があれば女性の方でも簡単に運ぶことができます。台車には最大積載量の上限がありますが、小さいタイプでも100Kg~になるので、観葉植物であればどの台車を使っても問題ありません。台車にも種類があり、こまわり重視のタイプや、積載量、押す力が必要のない物などがあります。

     

    また、台車は観葉植物などを運ぶだけではなく、例えば、車で買い物に行った時に、重たいペットボトルなどがあったとしても台車を使えば駐車場から自宅まで一回で運ぶことができたりします。その際は、下記でご紹介する折りたたみコンテナゴムバンドを使用すると台車から落ちる心配なく運ぶことができます。

     

    台車自体が軽いため、女性でも簡単に持ち運べるタイプの台車になります。小回りがきくため、マンションの通路など曲がり角が多く細い通りでは使いやすいと思います。

     

    良く目にする、一般的な台車になります。台車自体の重量が重たいため、持ち運びにくくなりますが、物を載せて運ぶ時は安定感が増します。力のある方は、このタイプが使いやすいと思います。

     

    台車自体の重量も軽く、台の部分も大きいため、重たいものでも比較的、力を入れずに運ぶことができます。注意する点は、力を入れなくても進んでしまうため、スピードを出し過ぎないことです。

     

     

    落とさないためのボックス

     

    折りたたみコンテナがあれば、細かい観葉植物が複数あったとしても落とすことなく、まとめて運ぶことが出来ます。より多くの物、細かい物を運ぶ可能性がある場合は、容量が大きい方が良いと思います。

     

     

    安全に運ぶための固定道具

     

    折りたたみコンテナや大きめの観葉植物を固定し動かなくさせれば、手で押さえる必要がなくなり、安全に運ぶことが出来ます。台車のサイズに合わせてゴムバンドの種類、長さを選ぶことが必要です。荷物を載せた時に、一周回せる長さのものが必要になります。

     

     

    安全に運ぶためのカバー、袋

     

    割れ物や重たい物を運ぶ時、ゴミ袋では破けてしまう可能性がありますが、土のう袋があれば破れる心配をすることなく運ぶことが出来ます。また、伐採した枝などをまとめて入れるのにも役立ちます。

     

     

    手入れ方法


    葉っぱが枯れてしまった時などは、手でも余分な部分をある程度掃除できると思いますが、植物の種類によっては枝が普通のハサミでは切れない場合があります。その際は枝切り用のハサミがあれば、力を入れずに切ることができ、スッキリさせることができます。

     

    また、一部分だけ枯れてしまった場合なども、枯れた部分だけをカットすれば処分する必要がなくなる場合もありますので、手入れ用品として観葉植物とセットで置いておくのも良いかもしれません。

     

    Check!!

    枯れた枝をカットする方法

     

    植物の枝に太い部分がない場合は、小さい枝切りハサミで十分切ることができます。一番太い部分の枝が何ミリなのかを調べると良いと思います。

     

    太い枝を切り、一般ゴミで出せるように分別する場合は、大きめの枝切りハサミが必要になります。また、全て切ることが出来なくても、太い枝を切ることで運びやすくなります。

     

     

    新規購入


    観葉植物を下取り可能や、買い替え時に安く処分してくれる店舗があれば、そこで新しく購入した方が、トータルで安く済む場合があります。大型の観葉植物は業者に引取りのみで依頼すると7,000~8,000円程かかります。小さい観葉植物であれば、2,000~3,000円で購入可能です。下取り費用が3,000円であれば、トータルでも6,000円以内で済み、処分だけをするよりも費用がかからなくなる可能性があります。

     

    処分だけではなく、買い替えを考えている方は、下取りできるのかを店舗に確認してから購入を決めることがお勧めです。

    ※下記店舗は地域により下取りを行っていない場合がありますので、必ず店舗までご確認ください。

     

    種類豊富な購入先

     

    今まで置いていた観葉植物から、お部屋の雰囲気を変えるために今までとは違うタイプの観葉植物の購入を検討する方もいるかもしれません。その場合は、種類豊富な観葉植物を販売している下記バナーからお部屋に合う物をお探しください。

     

     

    手入れ不用、卓上用の小さなタイプ

     

    また、観葉植物は種類別に様々な管理方法があり、水を与えすぎると枯れてしまう物もあります。また、霧吹きで葉に水を吹きかけるだけで済む物もあります。大きいタイプの観葉植物でお手入れが面倒な場合などは、小型の観葉植物を机や玄関先などに置いてみるのもいいかもしれません。

     

     

    Check!!

    処分を考えると同時に、

     

  • お手入れ
  • 新規購入
  •  

    等の方向で違う角度から考えてみる。

     

     

    観葉植物を処分する前に考えること


    観葉植物は、部屋に置いてあるだけでとてもいい気分になりますね。インテリアとしてもそうですし、緑に囲まれているクリーンな雰囲気が心身を癒してくれます。実際に、マイナスイオンが出て空気もきれいになります。ですから、贈り物で観葉植物を贈ることは、とてもよく行われることです。会社の設立祝いや、引越祝い、誕生日等に、皆観葉植物を贈りますね。貰った方はとても嬉しいものです。それに、植物を贈るって、プレゼントとしてはとてもいいことですよね。地球に緑が増えるということは、地球にとっても、人にとっても、とてもいいことです。


    長い時間軸で見たとき、昔に比べると、地球の緑は激減しています。人間の出した二酸化炭素を吸収し、酸素に変えてくれる。出した酸素で、地球にオゾン層を作ってくれる。まさに、植物は地球や人間にとって、絶対に必要不可欠なものです。ですから、観葉植物の贈り物やインテリアは、とてもいいことです。植物や土ですから、たしかに地球にかける負担は少ないと思いますが、不法投棄をするのはいけませんよね。場合によっては、とても大きな社会的罰則が課せられます。


    ご自宅や会社に庭があるという方は、その土壌と混ぜてしまうのも手です。そうすればお金をかけずに、処分し、また栄養にすることが出来ます。もし、そんな観葉植物が、枯れてしまったり、処分する時は是非弊社にお任せください。植木鉢、プランター、土、軽石、木くずチップ等に分け、適正にリサイクル(再資源化)処分をし、循環型社会に貢献させていただきます。

    リユース方法


    リユース方法

    観葉植物のリユース方法を考えてみる


    観葉植物が不用になった場合、あくまで生き物ということで、そのまま捨てるのはもったいないです。最もポピュラーな利用法は、譲渡です。近所の方や知り合いにあげるほかにも、例えば老人ホームなどの施設へ寄付すると喜ばれるでしょう。この場合、相手の手間も考慮し、育てやすい品種にするのが無難です。育てかたの注意書きなども添えると尚いいです。観葉植物は他にも、植物を植える際の肥料にもなります。落ち葉や乾燥した葉はそのまま土に混ぜるといいです。花なども栄養分が多いために、利用できます。ドライフラワーにするという利用法もあります。


    処分をする際には、植物は燃やせるゴミ、土は燃やせないゴミ、鉢はプラスチックはリサイクル、陶器のものであれば燃やせるゴミとして自治体で回収してくれます。

    リユース方法

     

     

    [弊社のリユース方法]

    観葉植物は枯れていない場合は、自社の庭や倉庫や駐車場などにおき、見栄えをよくしたりして再利用して、枯れているものはリサイクルします。

     

    社長のコメント。

    観葉植物は私も大好きです。常に身の回りに置いておきたいタイプですね。緑に囲まれていないと、人として大切なものを忘れてしまいがちですからね。緑を見ることは目に良いと言います。それと、遠くの大きな緑を見るより、近くにある、例えばデスクの上に一つ小さな緑がある方が、精神的にリラックスするらしいですね。

    不用品回収

     

     

    処分する際のお問い合わせ

    不用品回収


    Check!!
  • 料金のみのお問い合わせでも大歓迎!!
  • 不用品の行方(リユース先情報)を確認してから申し込みを検討する。
  •  

     

    ページのトップへ

     

     

    同じジャンルの料金比較ページ

  • 寝袋、クーラーボックス
  • テント、タープ
  • パラソル、サマーベッド
  • アウトドア、バーベキュー用品
  • プランター、スコップ
  • 植木鉢、花瓶
  •  

    粗大ゴミに出せない家電の検証ページ

  • 「冷蔵庫」
  • 「洗濯機」
  • 「テレビ(TV)」
  • 「エアコン」
  • 「パソコン(PC)」
  •  

     

    また、弊社の海外輸出に対する詳しい詳細は、

     

    Check!!
  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

    提携先の輸出業者と共にリユース先をすべて明確にすることで、ブラックボックス(不透明な部分)の解消を行っております。不用品のリユース、リサイクル処分は、大船に乗ったつもりで弊社にお任せください!

    リユース方法

     

     

    不用品回収対応地域

     

    東京都

    不用品回収事前チェック

    千葉県

    我孫子市 ・市川市 ・浦安市 ・鎌ヶ谷市 ・柏市  ・白井市  ・流山市   ・習志野市 ・船橋市  ・松戸市  ・千葉市(・稲毛区 ・中央区 ・花見川区 ・美浜区 ・若葉区

    埼玉県

    上尾市 ・朝霞市 ・入間市 ・越谷市 ・春日部市 ・川口市 ・川越市  ・狭山市 ・志木市 ・草加市 ・所沢市 ・戸田市 ・新座市 ・飯能市 ・富士見市ふじみ野市 ・三郷市  ・八潮市 ・和光市 ・蕨市 ・さいたま市(・岩槻区 ・浦和区 ・大宮区北区  ・桜区 ・中央区 ・西区 ・緑区 ・南区  ・見沼区

    神奈川県

     

    ページのトップへ

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP