広告

 

> >

 

「下駄箱、物置き」の処分比較検証


このページにある料金比較物品

  • 下駄箱
  • 物置き
  •  

    目次

  • 不用品を処分する際の7つの選択肢
  • リユース方法と料金比較
  • 「地域別処分チェック項目」
  •  

    カテゴリー

  • あいうえお順
  • 価格順
  • 単品おすすめ順
  • 需要ランキングTOP20
  •  

     

     

    処分料金徹底比較


    不用品を処分する選択肢を選ぶことになれば、

    粗大ゴミとして引取りをしてもらう。
    不用品回収業者に依頼する。
    産業廃棄物として処理処分する(法人のみ)。

    という選択肢の中から、最適な処分方法を検証する必要があります。詳しくは、処分料金徹底比較に記載した詳細をご覧ください。

     

    不用品回収

     

    「下駄箱」

    下駄箱

    下駄箱や靴置き等は木製やアルミなど様々なタイプがありますね。 下駄箱や靴置き等はまず、粗大ゴミでの処分を検討しましょう。大量であったり、粗大ゴミで出せない場合や手間を考えたら、弊社のような回収業者がお役に立てます。

     

    「下駄箱処分費用」

    比較


  • 『粗大ゴミ引取り』¥1,200 (自治体に依頼する場合の料金)
  • 『不用品回収依頼』¥3,000(不用品回収業者に依頼する場合の平均料金)
  • 『産業廃棄物処分』¥2,000~(産業廃棄物(マニフェスト発行)として依頼する場合の料金)
  • 『買取』全国対応の【なんでも買取!リサイクルネット】
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『粗大ゴミ引取り』必要
  • 『不用品回収依頼』不要(依頼先により必要)
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

     


    リユース方法

    下駄箱のリユース方法を考えてみる


     使わなくなった下駄箱の処分に困っているという人は、メンテナンスをして再利用したり、他の用途に使用したりすることも可能です。もちろん、場所をとるだけだという人は、資源としてリサイクルに出すのもいいですし、まだ使える状態ならばそのままリユースに出すのもいいでしょう。


    下駄箱のようになにかを収納できるものというのは、意外と使い道が多いものです。本棚や用具入れとして使うこともできるでしょう。自分で色を塗り直して使うことも可能です。また、素材によってリサイクルの方法が変わってきます。木材でできているものやステンレス製のものなどもあるからです。それらの素材によって分別して再利用されていくことになるのです。プラスチック製の小さなタイプでも資源として再利用できます。

     

    [不用品回収業者のリユース方法]

    下駄箱は木製、スチール製などさまざまな素材があるので、素材により、メンテナンスをしてリユースするか、リサイクルするかきめます。

     

    コメント

    下駄箱は、名前にある通り、下駄を入れる箱。下駄が当たり前の時代につけられた名前で、これが例えば『靴箱』にあると、またちょっと違うものになってしましますね。学校でも上履きなどを入れておくのが下駄箱として教えられます。しかし、いつか学校でも違う名前を使うようになれば、下駄箱という名前はこの世から消えるのかもしれません。

     

     

     

    「物置」

    物置き

    物置、タンス等はまず、粗大ゴミでの処分、あるいは法人であれば、産業廃棄物での処分という選択肢があります。大量であったり、粗大ゴミで出せない場合や手間を考えたら、弊社のような回収業者がお役に立てます。

     

    「物置処分費用」

    比較


  • 『粗大ゴミ引取り』¥1,800 (自治体に依頼する場合の料金)
  • 『不用品回収依頼』¥7,800(不用品回収業者に依頼する場合の平均料金)
  • 『産業廃棄物処分』¥2,000~(産業廃棄物(マニフェスト発行)として依頼する場合の料金)
  • 『買取』全国対応の【なんでも買取!リサイクルネット】
  •  

    搬出作業(及び人手や車)

    比較


  • 『粗大ゴミ引取り』必要
  • 『不用品回収依頼』不要(依頼先により必要)
  • 『産業廃棄物処分』必要or依頼可
  •  

     


    リユース方法

    物置のリユース方法を考えてみる


    物置が不用になった場合は、多くは買い替えを考えてのことでしょう。そうなると、買い替えする際の店舗や業者に解体や回収を依頼するのが効率的です。物置は大きな金額が動きますので、改修費をサービスしてくれる場合も多いです。また、移動式のものでまだ新しければ、中古での買い取りも考えます。住宅設備を扱う中古品店にて、幅広く対応してくれます。中古販売価格から推察しても、最低でも1万円ほどの価格がつきそうです。


    古いもの、移動できないものであり、引越や処分の場合は解体業者が必要です。ただ、解体業者は解体後の資材の回収を行ってくれるので、処分の手間はかかりません。ただ、木製の物置の場合は、業者に解体させたのち木材をもらうと、日曜大工に利用できます。

     

    [不用品回収業者のリユース方法]

    物置きは、そのまま使用できる場合はメンテナンスをしてそのまま再利用をするようにして、できない場合は素材ごとに分解をして、それぞれ再資源化(リサイクル)されます。

     

    コメント

    物置とその中身を全て処分するとなると、処分費がとても高くなります。回収物は全て、リユースが出来なかった場合、リサイクルしなければなりませんから、再資源化工場に持っていき、有料で処分することになります。再資源化処分には、お金がかかります。しかし、地球や環境に良いことですから、毎月払い続けるわけではありませんし、思い切って処分しましょう。

     

     

     

    同じジャンルの料金比較ページ

  • 金庫、ショーケース
  • 棚、本棚、タンス
  • ポスト、レターケース
  • ガラス(コレクション)ケース
  • バッグ、スーツケース
  • 薬箱、ゴミ箱
  • チェスト、キャビネット
  • 衣装ケース、カラーボックス
  • ホース、デッキブラシ
  • 鏡、鏡台・ドレッサー
  • 物干し竿、コートハンガー
  • ハンガー、ハンガーラック
  •  

    粗大ゴミに出せない家電の検証ページ

  • 「冷蔵庫」
  • 「洗濯機」
  • 「テレビ(TV)」
  • 「エアコン」
  • 「パソコン(PC)」
  •  

     

     

    不用品回収の地域情報

    東京都
    足立区 ・荒川区 ・板橋区 ・江戸川区 ・大田区 ・葛飾区 ・北区 ・江東区
    渋谷区 ・品川区 ・新宿区 ・杉並区 ・墨田区 ・世田谷区 ・台東区 ・中央区 ・千代田区  ・中野区 ・豊島区 ・練馬区 ・文京区 ・港区 ・目黒区

    昭島市 ・あきる野市 ・稲城市 ・青梅市 ・清瀬市 ・国立市 ・国分寺市
    小金井市  ・小平市  ・狛江市 ・立川市 ・多摩市 ・調布市 ・西東京市
    八王子市 ・羽村市 ・日野市  ・府中市  ・福生市 ・東久留米市 ・東村山市
    東大和市 ・町田市 ・三鷹市 ・武蔵野市  ・武蔵村山市

    千葉県
    我孫子市 ・市川市 ・浦安市 ・鎌ヶ谷市 ・柏市  ・白井市  ・流山市   ・習志野市 ・船橋市  ・松戸市  ・千葉市(・稲毛区 ・中央区 ・花見川区 ・美浜区 ・若葉区

    埼玉県
    上尾市 ・朝霞市 ・入間市 ・越谷市 ・春日部市 ・川口市 ・川越市  ・狭山市 ・志木市 ・草加市 ・所沢市 ・戸田市 ・新座市 ・飯能市 ・富士見市
    ふじみ野市 ・三郷市  ・八潮市 ・和光市 ・蕨市 ・さいたま市(・岩槻区 ・浦和区 ・大宮区北区  ・桜区 ・中央区 ・西区 ・緑区 ・南区  ・見沼区

    神奈川県
    厚木市 ・綾瀬市 ・海老名市 ・座間市 ・大和市 ・川崎市( ・麻生区川崎区 ・幸区 ・中原区 ・高津区 ・多摩区  ・宮前区) ・相模原市( ・中央区緑区南区)・横浜市( ・青葉区旭区泉区磯子区 ・神奈川区 ・金沢区 ・港北区 ・港南区栄区  ・瀬谷区 ・都筑区 ・鶴見区戸塚区中区 ・西区 ・南区 ・保土ヶ谷区 ・緑区

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP