広告

不用品処分

 

 

> > >

 

マダガスカル編

 

海外リユース

 

マダガスカル人気商品

 

1位 自転車

 

(※提携輸出先から引用許可を頂いて掲載しております。)

 

 

 

マダガスカルでのリユース方法と人気商品

 

マダガスカルは、世界4位の大きさを持つ共和国です。映画をご覧になって『動物の楽園』といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。この島には多種多様な生物・植物が生息しており、『8番目の大陸』と言われるほどマダガスカル固有のものも多いです。

 

対して人々の生活はというと、1960年にフランスから独立し共和国となったこの国ですが、2009年に怒ったクーデターな政情不安な時期があったこと、国民の大部分が農業に従事していますが、環境破壊や気候変動に寄り作物が育たない・だめになってしまう、もしくは生産しても道路などインフラの未整備により作物を市場へ届けられない等、複数の要因から、現在も人口の76%が貧困状態にあります。

 

さらに細かく見て見ると、都市部で54%、農村部で82%と開きが出ます。クーデターで樹立した暫定政府が、国際社会からの承認を得られず、それまで受けていた各国からの援助も停止されたままだそうです。

 

当社はマダガスカルへは主に自転車を輸出しています。マダガスカルの現状を考えると、日本からマダガスカルのトアマシナ港へ輸入され、自転車を購入する人々のもとへ届く過程で中古の自転車やその他の商品のウィ場ができることで、修理・クリーニングする人々、町から町へ運ぶ人々、反橋売る人々と雇用が拡大しているのではと想像ができ、うれしく思いますし、さらにこの自転車たちが現地の人々の足となり、少しでも多くの人々の労働環境が改善されたり、学校に行きやすくなればと願います。

 

 

シンガポール人気商品

 

  • アフガニスタン&パキスタン編
  • ケニア編
  • ドバイ編
  • フィリピン編
  • ボリビア編
  • カンボジア編
  • マレーシア編
  • タイ編
  • ブルガリア編
  • ミャンマー(ビルマ)編
  • シンガポール編
  • マダガスカル編
  •  

     

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP