広告

 

> > >

 

自治体の粗大ゴミ処分と不用品回収業者の違い

 

処分方法

大型の家電、家具などはどのように処分する方法がありますか?

処分方法

まずは、住んでいる地区の自治体に問い合わせて確認してみましょう。

 

  • 地域別の自治体一覧
  •  

    家具の場合は粗大ゴミで出せるので流れを確認して、申し込みをします。指定場所まで運ぶことができない場合は回収業者などに搬出から任せる方法があります。リサイクル家電などは自治体で受け付けていないため、販売店や回収業者に依頼する方法があります。

     

    目次

     

    不用品には様々な種類があります。そのまま自治体のゴミ回収車に出せるような物であればいいのですが、大型のゴミや、リサイクル家電、引っ越し時の大量の不用品等、処分に頭を悩ませる物もありますよね。ここでは、それら様々なケースに役立つ知識・情報を記載しております。

     

    チェック

     

  • 家具の処分
  • 家電の処分
  • 大型ゴミの処分
  • 引っ越しごみの処分
  • 『業者に依頼と自分で処分』
  •  

     

     

    いらなくなった家具の賢い処分方法

     

    家具

     

    不用品回収の品目の中で扱いに注意したいのが家具です。引越しの際に発生する不用品の中に必ず含まれますし、大多数を占める場合も少なくありません。家電の場合は、買い替えの際に不用品になることも多く、購入した小売店に引き取ってもらう方法があるのに対し、家具の場合は引越しや大掃除といった特別な機会がない限り処分することはほとんどありません。その結果、一度にまとめて大量の不用品が発生することが多くなります。

     

    家具の処分方法としては、まず自治体の粗大ゴミが最初の選択肢となります。基本的にどんな家具でも粗大ゴミの回収対象となります。不用品回収業者に依頼するよりも安く済みますから、お金をかけたくない人にとっては理想の方法となるのでしょう。

     

    ただいくつかの注意点があります。まず事前に申し込んでおく必要があること。必要な手続きをしっかり行うのはもちろん、回収までに日数がかかる点もポイントです。引越などで時間の都合がない場合には注意したいところです。

     

    料金の支払い方法はコンビニなどでシールを購入して粗大ゴミに貼って出すわけです。料金は家具の種類によって異なるので問い合わせの際に確認しておきましょう。なお、料金は1点ずつかかるほか、テーブルはテーブル、イスはイスで別個にかかります。テーブルセットの場合は1点ではなく椅子の数によって点数が決まるわけです。あとは回収場所まで自分達で運んでいくこと。たいてい自宅前などすぐ近くに設定されますが、本棚やタンスなど大きな家具の場合は搬出が難しい面もあるため、可能かどうかをよく判断しておきたいところです。

     

    自治体の回収サービスの場合、回収日があらかじめ決められているため、自分の都合のいい日に回収サービスを利用できない可能性もあります。自治体の場合には、土日はサービスしてくれない場合が多くあります。一人暮らしをしている人や夫婦共働きの人の場合、自治体に依頼をすることがスケジュール上難しかったり、指定場所まで運ぶことができない場合は不用品回収業者が便利です。

     

     

    不用品回収業者という選択肢

     

    不用品回収業者は、日時指定や自分では家の外に運び出せないケースでも、希望日時に回収、搬出作業まで全てに対応していますので、自治体の粗大ゴミ回収サービスではなく、業者に依頼することも一つの方法です。

     

    特に大型家具の場合、そのままの状態では運び出せないほどのサイズのものもあるかもしれません。そのような場合でも、家具の回収業者は分解して運び出してくれる場合もあります。分解作業もスタッフの方が行ってくれるので、全てを任せることができるので安心です。

     

    料金は事前に見積もりを出してくれる場合がほとんどです。料金に問題がないようであれば、申し込みをして作業完了後にお支払いする流れになります。また最近の回収業者を見てみると、クレジットカードにも対応している所も出てきていますので事前に支払い方法を確認しておくと安心です。自治体の場合は、申し込みをしてから粗大ごみの処理券を購入しないといけないため手間がかなりかかってしまいますが、回収業者であれば当日に直接支払いができるので手間を省く事ができます。

     

    他にもリサイクルショップに買い取ってもらう方法などもあります。持ち込み以外にも、自宅まで、査定・買い取りに来てくれる業者もありますので、持ち込めない場合はそういった業者に問い合わせてみましょう。正直なところ、買い取り料金はあまり期待できませんが、お金をかけずに処分できるだけでよしとするべきでしょう。

     

    Check!!
  • リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント
  •  

    こうした方法を検討、あるいは利用したうえで、処分困難なものだけを不用品回収業者に依頼すると料金をかなり安くすることができます。家具を処分する際はひとつの方法に固執せず、いくつかの方法を利用して手間とお金の節約を目指してみるとよいのではないでしょうか。

     

     

    不用になった家電の賢い処分方法を検証

     

    家電

     

    家電は、私たちの生活にはもはや欠かすことができないアイテムになってきています。この家電ですが、精密機械という側面もありますので、ある日突然故障してしまうことがあります。その場合には、買い替えや処分をする必要がでてきます。

     

    電子レンジや掃除機などが故障した場合は粗大ゴミでの処分ができますが、処分に手間がかかるのが家電リサイクル法の対象家電です。テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコン等が対象になっており、処分する際にもこの家電リサイクル法に則った形で処分する必要があります。

     

    家電リサイクル法とは、一部の家電製品のリサイクルを目的として制定された法律です。上にあげたリサイクル家電はメーカーが回収し、部品や素材を再利用することが義務付けられています。そのため、自治体のゴミ回収の対象外になっています。

     

    対象となる家電がある場合にはメーカーに直接回収してもらうか、購入した小売店に回収してもらう必要があります。なお、他にも家電リサイクル指定取引場所に直接持ち込むといった方法もあります。

     

    いずれにしろ、ゴミ回収とは異なる手間がかかることになります。どこの小売店で購入したか覚えていない、遠くへ引っ越してしまった場合は、なかなか処分が難しくなります。

     

    もっとも手間がかからない家電の処分方法は、やはり不用品回収業者でしょう。家電リサイクル法の対象であろうとなかろうと、まとめて回収してもらうことができます。なお、家電の場合は不用品回収業者の選択肢は2つあります。

     

    まずは大量の不用品が発生した際に回収してもらう業者。電話やメールで依頼するタイプです。もうひとつは街を巡回している業者。こちらは家電を専門に回収を行っているのが一般的です。後者の場合は無料で引き取ってもらえる場合もあるので近くを通りかかった際には見てもらうとよいでしょう。ただ、先に挙げたブラウン管テレビなど古すぎるものは対象外になっていることが多いので、注意が必要です。

     

    回収エリアは、自治体の場合にはもちろん、自治体の中であれば対応してくれます。不用家電回収業者の場合、それぞれ業者によって対応しているエリアを独自に設定しています。ホームページなどを見れば確認できるので、自分の住んでいる地域の対象を確認をしておきましょう。

     

    ちなみに遠隔地や大型トラックが入っていけないような細い路地が多くあるような場所であれば、断られる可能性もありますので気をつけて調べて下さい。このように自治体と回収業者を比較すると、いざという時に迅速に回収してくれるという面で見れば、回収業者の方が優れていると言えます。いらなくなった大型家電があれば、不用品回収業者に依頼してみるのはいかがでしょうか?もちろんその際にはデメリットもきちんと考えたうえで、検証しましょう。

     

    他にはリサイクルショップに買い取ってもらう回収方法もあります。不用品の家電の種類や古さなども考慮に入れながら最適な方法を選ぶよう心がけましょう。

     

    Check!!
  • 地域別の持込場所一覧
  •  

     

    粗大ゴミでは処分が困難な大型ゴミについて

     

    粗大ゴミ

     

    大型ゴミを処分する場合ですぐに思い浮かぶのは、自治体に回収を依頼する方法ではないでしょうか?自治体に回収を依頼する時には、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

     

    まず大型ゴミとしてどのようなものが処分できるのかについて、きちんとチェックをしておくことです。実は自治体によって処分できる対象が微妙に違っています。例えば、引越しする前の所では回収してくれた大型ゴミでも、転入先の自治体では引き取ってもらえないケースもありますので直接確認しておくことが必要になります。

     

    自治体以外で大型ゴミの回収をしてくれる方法として、専門の回収業者に依頼する方法があります。回収業者に依頼すると、基本的にどのような大型ゴミであっても回収してくれますので、困ったときには問い合わせてみるのもいいでしょう。

     

    大型ゴミでは、害性のあるものや引火の危険のあるものなどの危険が伴うものや悪臭がひどいアイテムをのぞけば、ほとんどの物を回収をしてくれます。ただし産業廃棄物やパソコンのような機密データの入っているようなものは、回収業者によって回収できる場合とできない場合があります。その点には事前に確認をしておきましょう。

     

    このように地方自治体の回収サービスを利用するのと比較をすると、回収業者に依頼した方が何かと便利です。もし大型ゴミの回収を検討しているのであれば、不用品回収業者も検討してみましょう。

     

    引っ越しをする際の不用品の処分はどうすればいいの?

     

    不用品がもっとも多く発生するのは引越しの際>でしょう。押入れや床下、屋根裏、あるいは庭や物置に入れっぱなしにしておいたものを引っ張り出し、「こんないらないものを抱えていたのか」と驚くことも多いものです。また、これまで使用していたものを引越しを機に処分し、新しく買い換えて新生活をスタートしようと考えている人も多いはずです。

     

    引越し

     

    引越しの場合時間が限られているのも大きなポイントです。引越し日までに荷物を運び、不要なものを処分しなければなりません。そのため通常のゴミ回収や粗大ゴミ、リサイクルショップへの売却といった選択肢もありますが、時間が無いだけに引っ越し業者や不用品回収業者に引き取ってもらうのが妥当な選択肢かもしれません。

     

    不用品回収業者に依頼すれば、すべての不用品を一度に回収してもらうことができます。リサイクルショップのように引き取れるものと引き取れないものが出てくるようなこともなく、粗大ゴミのように定められた日時に出さなければならないといった制約もなく、希望日に処分することができます。

     

    また基本的にはどんなものでも引き取ってもらうことができます。大きな家具、家電リサイクル法の制約がある家電製品などもまとめて引き取ってもらえるため、面倒な思いをする必要もありません。

     

    引越し業者の中にも、不用品回収を行っているところもあります。引越し作業と同時に不用品も一緒に回収してくれるのです。これなら一石二鳥なので検討してみるとよいでしょう。ただ、不用品が多い場合にはまずそれを処分しないと引越し作業が進まない、というケースも多いため、作業の状況に合わせて判断する必要がありそうです。

     

    引越しで不用品回収業者を利用する際のポイントとしては、まず迅速に対応してくれるかどうか。日にちが迫っているわけですから、すぐに対応してくれるかどうかが大事なのです。早ければ即日、そうでなくても2~3日程度で引き取りにきてくれる業者が理想的でしょう。

     

    それから料金ですが、できるだけ安いに越したことはありません。引越し料金の場合、移動距離によって料金が大きく異なってきますが、不用品回収の場合はスタッフの人数と不用品の量が料金を決める最大のポイント。場合によっては引越し料金以上にお金がかかることもあるので、その点はよく踏まえておきましょう。

     

    お金よりも時間や手間を省くことを重視している人、あるいは不用品が多すぎて自分達だけでは処分できそうにない、そんな人には回収サービスを展開する業者は便利だと言えそうです。

     

     

     

     

    ポイント
  • 粗大ゴミは日時に余裕を持つことが必要
  • 回収業者は融通がきくが値段が高い
  • 余裕を持って粗大ゴミで処理しておくことが安く済ませるコツ
  •  

     

    「業者に依頼と自分で処分」

     

    大型ゴミの定義は、もちろん大きなソファーなどといったものもありますが、大量に出る場合も『大型案件』という風に当てはまりますから、その場合は迷わず業者に処分を依頼しましょう。大型案件になると、回収サービスを行う業者は便利です。

     

    逆に、小さなゴミだったら自分で捨てた方が良いわけです。処分費用をかけることがもったいありません。少しの手間だけで可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源回収の日に持って行ってもらうことができます。

     

    また、産業廃棄物の場合でも自社運搬なら運搬費も節約できるので、会社の車に乗せ、処分場まで運べばその分お得です。産業廃棄物の場合でも、『自社運搬(自分で運搬する)』の場合なら、許認可などは一切必要ありません。

     

    自分で処分する方法も、業者に依頼する場合、どちらもメリット、デメリットがあるので、自分の状況を考えて処分方法を選択することが大事になってきます。

     

    Check!!

    廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧

     

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP