広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

企業から廃棄物として出る家電・パソコンの処分方法


会社所有パソコンの2つの処分

 

企業から出る廃パソコンの処分は、どのようにすればいいのでしょうか。また、その考えられるケースと選択肢にはなにがあるでしょうか。それらの方法や処分としての優先順位、それぞれのメリットやデメリットについて検証してみましょう。

 

目次


  • 企業の廃家電処分方法
  • 社長の小話『そもそも産業廃棄物の方が難しいはず』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)


    企業から事業活動に伴って出る廃棄物は、すべて『産業廃棄物』となるわけですが、家電リサイクル法に当てはまる、テレビ冷蔵庫エアコン洗濯機の処分はどうすればいいでしょうか。リサイクル券を買ってリサイクル処分?産業廃棄物としてマニフェストを用意して処分?

     

    結論から言うと、どちらでも構いません。

    法律上このリサイクル家電は、これら家電のリサイクルを率先して行うために廃棄物処理法の定めを免除すると規定されているので、法人の場合もリサイクル家電の場合は、他の廃棄物と同じようにマニフェストを用意し、産業廃棄物として処分しなくても良いのです。もちろん、産業廃棄物として処分してもかまいません。つまり、どちらでもいいんですね。

  • 産業廃棄物マニフェストの使用方法
  •  

    しかし、リサイクル率を向上させるためには、家電リサイクル法の仕組みを利用して処理すべきだという考え方が一般的ですね。消費者一人一人の、環境への規範意識が求められる瞬間なのかもしれません。

  • リサイクル家電処分の7つのポイント
  •  

    さて、(+1)と題打った理由には、

    弊社が提案する、「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢があるわけですが、その中で圧倒的にお勧めしたい処分方法が、『リユース』なんですね。リデュース、リユース、リサイクルの順番で、物を大事に扱う必要があるのです。ですから、リサイクルの前にリユース(再使用)を率先して考えることが重要なのです。

     

    例えば、『古着』があります。あれは『リユース』です。『リサイクル』というのは『再資源化』という意味ですから、『資源のレベルに分解する』ということ。つまり、いらなくなった洋服を『リサイクル』する前に、需要のある消費者に『リユース』を提案するという発想は、皆さん、納得されると思います。上記リンクに、それぞれのメリット、デメリットを記載していますので、より熟考したいと言う方は、ぜひそちらをご覧いただきたいと思います。一つでも多くの廃棄物をリユース、リサイクルし、私たちの地球を守りましょう。

     

    弊社が回収したリサイクル家電の行方については、

  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

    不用品回収

    社長の小話。テーマ「そもそも産業廃棄物の方が難しいはず」


    まずこちらをご覧ください。

  • 廃棄物処理ルール年表(無許可時代から許可制に至るまでの歴史)
  •  

    そもそも、廃棄物の回収や処理には許可は要りませんでした。なぜ必要になったのかは、上記リンク先を見て頂ければすぐにわかります。

     

    家庭からのゴミは『一般廃棄物』。企業からのゴミは『産業廃棄物』と分けるまではうなづけます。そして、それを管轄とするのが、一般廃棄物は『各自治体』、産業廃棄物は『各都道府県』というところもうなづけます。

     

    しかしそもそも、
    『企業からのゴミや不法投棄の方が圧倒的に規模が大きい。公害が及ぼす影響も重大だ。だから企業からのゴミを産業廃棄物と定義し、それを自治体レベルではなく、都道府県レベルで取りまとめよう』


    という発想があったのであれば、なぜ今、『産業廃棄物収集運搬許可』を持っている業者が、『一般廃棄物の収集運搬』を行うことが、違反行為になるのでしょうか。これは単なる『法律がそうなっているから』程度の、規定ミスだと思いますね。それに何より、現時点では産業廃棄物収集運搬許可を取るより、一般廃棄物収集運搬許可を取る方が難易度が高い、という事実があることも、支離滅裂です。

     

    独占禁止法反トラスト法という概念がありますが、もし一般廃棄物の『謎の規制』がこれらの背景に抵触しているのであれば、問題です。いずれにせよ時間が経てば明らかになるでしょう。もちろん、『全国清掃事業連合会』のこのページには、『我々一般廃棄物収集運搬業には天下りはいない。』という主張があり、あるいは『現有の業者数で十分処理できているのに、新規許可を出す必要性はあるのか』という見解もあります。

    しかし私が言っているのは『論点』が違います。


    『なぜ産業廃棄物の方が処理責任が大きいはずなのに、「市町村の一般廃棄物の処理責任は非常に重いものがある。」等という論点をずらした発言がまかり通っているのか。産業廃棄物の許認可を取るべく勉強をした人間が、なぜそれよりも規模の小さい一般廃棄物を扱うことが出来ないのか』


    ということなのです。まるでこの事実現状は、一般廃棄物の処理責任の方が大きいから、産業廃棄物処理の許認可を取っている人間には到底扱いきれない、と言っているのと同じです。

     

    現場を知る人なら全員思うことです。下記にある通り、

  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

    産業廃棄物と一般廃棄物の定義は事実上明確になってこそいますが、実際はとてもあいまいです。定義上では紙一枚とて、きっちり分別しなければなりません。ですが、白紙の紙一枚を処分する際に、そこまで気を使う必要があるでしょうか?私は実際にこの仕事をしていて、単なる『足かせ』にしか思えません。

     

    いっそのこと『生ごみ収集運搬許可』とか『特別一般廃棄物収集運搬許可』等にさらに細分化し、かつて『もし清掃工場がなかったら?』(外部)にあったような環境問題を巻き起こす廃棄物とそうでない廃棄物に一線を引くべきじゃないでしょうかね。よく『有価物などと言って法の網をすり抜けてきた不用品回収業者』などという言い回しの記事を書く人がいますが、それは不法投棄のような廃掃法違反や、偽装リユース、ぼったくりまがいの特定商取引法違反をする『論外の業者』のせいなので、ある種仕方がないことはないのですが、この業界を一辺倒にして叩くような真似は間違いです。

     

    どんなニュースでもそうですが、『何かが起きた後に後始末的に叩く』のは簡単ですからそんな『簡単な矛先』ではなく、もっと『難しい矛先』、つまり法律の改正に目を向けてもらいたいですよね。こういう複雑な法律の中、なんとか『適法、合法』になる方法を知恵を絞って考えているのですから、それに対する評価をないがしろにするのは不公正です。『法に引っかからないように思索する』ことを『法の網をかいくぐる』ことと同じにしてはいけませんよね。合法麻薬を売るような真似をしているわけではないのですから。

     

    昨今の風営法による『ダンス規制問題』でも、『バレエ』はいいが、『社交ダンス』はダメだと言うのです。私はそれよりなにより、ダンスを規制すること自体が、人間の発想としてナンセンスだと思いますけどね。(もちろん、背景に薬物乱用であったり、黒い交際癒着の温床の場の根絶であったり、小学校等の純粋無垢な人々への『誤解』もふまえた悪影響という問題もありますので、これも一辺倒に考えてはいけません。)

     

    しかし、以上のことを踏まえたうえで考えたいのは、『規範意識』のwikipediaにある下記の内容です。
    『規範、道徳、法律は類似するものであるものの、必ずしも一致するものとは限らない。 通常、法律の遵守は規範であると考えられるが、いかなる場合であっても法律を守ることが規範意識であるのかというと、違和感を覚える人もいるであろう(例えば、交通量の極めて少ない場所での信号無視や、保護者同伴の席での未成年者の飲酒、駐禁場所でのやむをえない一時駐車など)。』

     

    いやはや法律というものは、一筋縄ではいきませんね。ソクラテスも『悪法も、また、法なり。』と言って、冤罪によって処刑されましたが、法律を創る人間は、恒久的に未熟であるということなのかもしれません。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 会社所有パソコンの2つの処分ケースとその方法(+1)
  • 粗大ゴミ回収/処分の方法と選択肢を把握する
  • 粗大ゴミで出せない大型家電の処分を検証する
  • 粗大ゴミでは処分が困難な大型ゴミについて
  • 引っ越しをする際の不用品の処分はどうすればいいの?
  • 大型の家具を処分するにはどうすればいいの?
  • 不用になった家電の賢い処分方法を検証する。
  • いらなくなった家具の賢い処分方法とは?
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP