広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

粗大ゴミ回収/処分の方法と選択肢を把握する

 

粗大ゴミ

粗大ゴミを処分する場合、どのような方法がありますか?

粗大ゴミ

まずは、持ち込みでの処分か、収集依頼をするかの二通りに分かれます。どちらの場合でも自治体の粗大ゴミセンターに問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

 

量が多い場合や急ぎの場合は、回収業者も選択肢に入ります。その他、新品同様の場合は処分ではなくリサイクルショップへの買取依頼がおすすめです。

 

目次

 

不用品回収を依頼する前に、様々な粗大ゴミの処分方法と選択肢を確認し、それを検証しましょう。お得な処分が出来ればそれにこしたことはありませんよね。

 

  • :粗大ゴミの処分方法と選択肢
  •  1-1:収集依頼、または持ち込み
  •  1-2:買取依頼
  •  1-3:不用品回収業者の利用

  • :自治体の粗大ゴミ回収サービスの概要を把握する
  •  2-1:持ち込み
  •  2-2:収集依頼
  •  2-3:ごみ問題やリサイクル

  • :兎にも角にもまず自治体
  • :その他の関連する記事
  • :チェック項目
  •  

     

     

    粗大ゴミの処分方法と選択肢

     

    粗大ゴミの処分方法

     

    引越しをすると、ゴミが大量に出てしまいます。ゴミの中には、可燃ゴミやリサイクルのゴミなど、ゴミ回収で持って行ってもらえるような小さなゴミもあれば、粗大ゴミとして別途引き取りに来てもらわなければ処分できないようなゴミもあります。粗大ゴミの処分方法にはいくつかの方法があり、地域ごとに処分方法も異なります。

     

     

    自治体の粗大ゴミサービスに収集依頼、または持ち込みする


    粗大ゴミの回収を無料で行っている自治体もあるようですが、有料になっている自治体も増えています。地域ごとに指定された方法で回収を依頼することになりますが、粗大ゴミは基本的に破壊してパーツごとに分別するような作業は必要ありません。

    粗大ゴミ回収/処分

     

     

    リサイクルショップへ買取依頼


    買い替えなどで必要なくなった家電家具は、修理やメンテナンスをすればまだまだ使えるものも少なくありません。その場合には、ゴミとして処分してしまうのはもったいないですから、ぜひリサイクルショップに引き取ってもらい、リユースしてはいかがでしょうか?

    粗大ゴミ回収/処分

    リサイクルショップの中には、電話一本で自宅まで引き取りに来てくれる業者などもあるので便利ですよ。

     

     

    不用品回収業者を利用する


    電話一本で自宅まで引き取りに来てくれる不用品回収業者は、重たくて持てないような大きな粗大ゴミを処分したい時に便利なサービスです。ただし、不用品回収業者の中には違法な業者もあったりするので、できるだけ合法的な業者を利用するようにしてくださいね。

    粗大ゴミ回収/処分

    あらかじめインターネット等で業者を調べてから依頼するのが、依頼後のトラブルを防ぐためにもお勧めです。

     

     

    自治体の粗大ゴミ回収サービスの概要を把握する


    粗大ゴミの処分方法


    自治体による粗大ゴミの回収はまず2つに分けられます。自分で処理施設に持ち込む方法と自治体に収集を依頼する方法です。

     

     

    持ち込む場合


    自分で持ち込む場合には事前に申し込んでおけば一定の回数、あるいは点数の範囲内で無料で回収してもらうことも可能です。この辺の条件は各自治体によって異なるので、ホームページなどで確認しておきましょう。

    粗大ゴミ回収/処分

    トラックを用意できる人、それほど大きくない粗大ゴミの場合に魅力的な選択肢となるでしょう。

     

    Check!!
  • 地域別持ち込み先
  •  

     

    収集を依頼する場合


    しかし、大半のケースでは自治体に収集を依頼する方法を選ぶことになるでしょう。この場合、まず粗大ゴミ受付センターに申込みを行います。電話のみの場合、メールでの依頼が可能な場合など、申込み方法は各自治体によって異なります。また受付の時間帯、曜日もしっかりと確認しておきましょう。

    粗大ゴミ回収/処分

    そして、収集依頼をする場合にはお金がかかりますので、料金の確認も必ず行いましょう。料金は粗大ゴミの大きさや種類によって異なっており、1点につき300~600円程度が一般的な設定となります。ただ、スプリングが入ったマットレスベッド、車のタイヤなど、処理が大変なものは1,000円以上かかることもあります。

     

    料金の支払い方法はシールの購入です。粗大ゴミ処理手数料納付券といった名目でシールを購入し、それを粗大ゴミに貼り付ける形となります。このシールは郵便局や区役所、コンビニエンスストアなどで購入できます。なお、シールにゴミの種類や受付番号、収集日などを記入する場合もありますから、この点もあらかじめ確認が必要です。

     

    Check!!
  • 粗大ゴミ料金の参照ページ(外部)
  •  

    ここまで準備が終わったらあとは簡単、ポイントは収集場所に自分で出すこと。タンスや本棚など大きな不用品の場合は人手がどうしても必要となります。さらに当日朝8時~9時くらいまでの間に出しておく必要があります。前日の夜に出す方法もありますが、大きな粗大ゴミの場合は近所迷惑にもなりますからできるだけ避けるべきでしょう。そのためきちんど収集場所まで運ぶための準備も求められるのです。当日は立会いは不要で、収集場所に出しておけば回収してもらうことができます。

     

    粗大ゴミの不用品回収はこのような手順で行われます。少々手間がかかるのを惜しまなければ、不用品回収業者などを利用せずに大きな不用品でも処分することができるでしょう。

     

     

    ごみ問題やリサイクル、処分の流れを学ぶ

     

    ごみ問題や、リサイクルの流れについてさらに詳細を把握したい場合は、書籍で確認することをお勧めしております。

     

     

    「兎にも角にもまず自治体」


    自治体。つまり、その住所を管轄としている区市町村ですね。そこに住んで、往々にしてはそこに都民税や特別区民税を支払っているのですから、そこに住んでいる人間の『義務』を果たしているわけです。ですから、同じように『権利』を使用しましょう。それが間違いなく賢明な判断です。

    自治体の粗大ゴミ

     

    マンションにも『管理費』を払いますよね。それと同じ考え方です。管理費を払う代わりに、マンションの掃除やメンテナンス、苦情の対応やその他の雑務をやってもらうわけです。ですから対価の報酬は得るべきですし、逆に、『対価を支払うこと』をおろそかにしてはなりません。人を動かすには、それに伴う対価を必要としますからね。

     

    ゴミの有料化や粗大ゴミにかかる費用、『家電リサイクル法』及び『資源有効利用促進法』によってテレビ冷蔵庫エアコン洗濯機の4大家電に、パソコンを合わせた5家電の処分にかかる費用に対して、ぞんざいになってはなりません。きちんと理由があるわけですからね。

     

    日本の借金は、『日本借金時計(外部)』で知ることが出来ますが、900兆もあるのに日本がギリシャのように経済破たんしない理由には、『増税による徴収の余地がある』と見込まれているからです。そう考えると増税も当然という結果になるのですが、それはテーマからずれるので触れずに置きましょう。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP