広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

自治体の粗大ゴミ処分と不用品回収業者の違い

 

処分方法

大型の家電、家具などはどのように処分する方法がありますか?

処分方法

まずは、住んでいる地区の自治体に問い合わせて確認してみましょう。

 

  • 地域別の自治体一覧
  •  

    家具の場合は粗大ゴミで出せるので流れを確認して、申し込みをします。指定場所まで運ぶことができない場合は回収業者などに搬出から任せる方法があります。リサイクル家電などは自治体で受け付けていないため、販売店や回収業者に依頼する方法があります。

     

    目次

     

    引っ越しゴミの処分を賢く行うために、事前に確認しておくべき注意点等を記載しています。いろいろな選択肢の中から自分に合った処分を検証しましょう。

     

  • 引っ越しごみの処分
  • 社長の小話『不用品回収と在庫処分』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    引っ越しをする際の不用品の処分はどうすればいいの?


    不用品がもっとも多く発生するのは引越しの際

    でしょう。押入れや床下、屋根裏、あるいは庭や物置に入れっぱなしにしておいたものを引っ張り出し、「こんないらないものを抱えていたのか」と驚くことも多いものです。また、これまで使用していたものを引越しを機に処分し、新しく買い換えて新生活をスタートしようと考えている人も多いはずです。

     

    また、引越しの場合時間が限られているのも大きなポイントです。引越し日までに荷物を運び、不要なものを処分しなければなりません。そのため通常のゴミ回収や粗大ゴミリサイクルショップへの売却といった選択肢もありますが、時間が無いだけに引っ越し業者や不用品回収業者に引き取ってもらうのが妥当な選択肢かもしれません。

     

    不用品回収業者に依頼すれば、

    すべての不用品を一度に回収してもらうことができます。リサイクルショップのように引き取れるものと引き取れないものが出てくるようなこともなく、粗大ゴミのように定められた日時に出さなければならないといった制約もあります。不用品の量が多ければ多いほど便利になります。

     

    また基本的にはどんなものでも引き取ってもらうことができます。大きな家具家電リサイクル法の制約がある家電製品などもまとめて引き取ってもらえるため、面倒な思いをする必要もありません。

     

    引越し業者の中にも、

    不用品回収を行っているところもあります。引越し作業と同時に不用品も一緒に回収してくれるのです。これなら一石二鳥なので検討してみるとよいでしょう。ただ、不用品が多い場合にはまずそれを処分しないと引越し作業が進まない、というケースも多いため、作業の状況に合わせて判断する必要がありそうです。

     

    引越しで不用品回収業者を利用する際のポイントとしては、まず迅速に対応してくれるかどうか。日にちが迫っているわけですから、すぐに対応してくれるかどうかが大事なのです。早ければ即日、そうでなくても2~3日程度で引き取りにきてくれる業者が理想的でしょう。

     

    それから料金ですが、

    できるだけ安いに越したことはありません。引越し料金の場合、移動距離によって料金が大きく異なってきますが、不用品回収の場合はスタッフの人数と不用品の量が料金を決める最大のポイント。場合によっては引越し料金以上にお金がかかることもあるので、その点はよく踏まえておきましょう。

     

    お金よりも時間や手間を省くことを重視している人、あるいは不用品が多すぎて自分達だけでは処分できそうにない、そんな人にこういった回収サービスを展開する業者は便利だと言えそうです。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

    不用品回収

    社長の小話。テーマ「不用品回収と在庫処分」


    最近は大手の引っ越し業者も不用品の回収にこぞって乗り出しています。その潤沢なリソース(資源)を利用して、大きなリサイクルショップを作り、そこに回収した不用品を置くのです。そうすれば、消費者も不用品を処分出来て、業者もリサイクルショップを運営できる。需要と供給のバランスが取れて環境にも優しい、素晴らしい展開ですよね。

     

    しかし、売れるか売れないかはもちろん別です。ケースバイケースですね。状況・条件によって当然変わります。『売れる』というのは、その業者に売れるかということと、その業者がショップでその不用品を売れるか、ということですね。もちろんそれはどの商売でも同じことですが、売れ残ったもの(在庫)は結局処分することになりますので、そうなると業者も『売れ無さそうな物』は逆に費用を貰って回収しないと割に合いません。処分費用にはお金がかかるのです。

     

    いわゆる『不用品処分』という概念は、『どこにも売却できなかった物』という意味合いが大きいですから、それは引っ越し業者だろうが何だろうが、同じようにそういう不用品には売却価値を見出せませんよね。『持って行ってくれるだけで助かる』という心構えで、処分を依頼することが賢明です。

     

    もちろん一辺倒には断言できませんが、引っ越し業者の中には大きな報酬を払わなければならないこともあります。大きい企業の方が、その『船』を動かす為に『燃料』を使いますからね。判断の参考にして下さい。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  • 会社所有パソコンの2つの処分ケースとその方法(+1)
  • 粗大ゴミ回収/処分の方法と選択肢を把握する
  • 粗大ゴミで出せない大型家電の処分を検証する
  • 粗大ゴミでは処分が困難な大型ゴミについて
  • 大型の家具を処分するにはどうすればいいの?
  • 不用になった家電の賢い処分方法を検証する。
  • いらなくなった家具の賢い処分方法とは?
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP