広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

自治体の粗大ゴミ処分と不用品回収業者の違い

 

処分方法

大型の家電、家具などはどのように処分する方法がありますか?

処分方法

まずは、住んでいる地区の自治体に問い合わせて確認してみましょう。

 

  • 地域別の自治体一覧
  •  

    家具の場合は粗大ゴミで出せるので流れを確認して、申し込みをします。指定場所まで運ぶことができない場合は回収業者などに搬出から任せる方法があります。リサイクル家電などは自治体で受け付けていないため、販売店や回収業者に依頼する方法があります。

     

    目次

     

    不用になった家電の処分をする際に注意する点を記載しています。家電リサイクル法に指定された4大家電の処分方法や、粗大ゴミ、リサイクルショップ等、様々な選択肢の中から最善の方法を検証しましょう。

     

  • 不用家電の処分
  • 社長の小話『家電に含まれる資源の話』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    不用になった家電の賢い処分方法を検証する。


    不用品回収の中でも家電の扱いは厄介です。

    大きなネックとなるのが家電リサイクル法。処分する際にもこの法律に則った形で行っていく必要があるのです。家電がどれぐらいあるのかによって不用品回収の選択肢が決まってくる場合もあります。

     

    家電リサイクル法とは、一部の家電製品のリサイクルを目的として制定された法律です。一部の家電製品とはテレビ冷蔵庫エアコン洗濯機、そして同じくリサイクル法に指定されたパソコンがあります。これらの家電はメーカーが回収し、部品や素材を再利用することが義務付けられています。そのため、自治体のゴミ回収の対象とはなっていないのです。

     

    対象となる家電がある場合にはメーカーに直接回収してもらうか、購入した小売店に回収してもらう必要があります。なお、他にも家電リサイクル指定取引場所に直接持ち込むといった方法もあります。

  • 地域別の持込場所一覧
  •  

    いずれにしろ、ゴミ回収とは異なる手間がかかることになります。どこの小売店で購入したか覚えていない、遠くへ引っ越してしまった場合は、なかなか処分が難しくなります。

     

    家電リサイクル法の対象となっている家電の処分

    で厄介なのは、古い製品。たとえばブラウン管テレビや、すでに倒産してしまったメーカーの製品など。これらはとくに回収が厄介なため注意が必要です。一方、家電リサイクル法の対象となっていない家電の場合は自治体のゴミ回収でも処分することができます。サイズの小さいラジカセゲーム機程度の家電なら、燃やせないゴミの回収で処分することができます。大掃除の際には押入れや物置にしまいこんでいた細々とした家電が出てくるものです。そんな時にはゴミ回収で処分できないかどうかを確認しておきましょう。

     

    もっとも手間がかからない家電の処分方法

    は、やはり不用品回収業者でしょう。家電リサイクル法の対象であろうとなかろうと、まとめて回収してもらうことができます。なお、家電の場合は不用品回収業者の選択肢は2つあります。

     

    まずは大量の不用品が発生した際に回収してもらう業者。電話やメールで依頼するタイプです。もうひとつは街を巡回している業者。こちらは家電を専門に回収を行っているのが一般的です。後者の場合は無料で引き取ってもらえる場合もあるので近くを通りかかった際には見てもらうとよいでしょう。ただ、先に挙げたブラウン管テレビなど古すぎるものは対象外になっていることが多いので、注意が必要です。

     

    他にはリサイクルショップに買い取ってもらう回収方法もあります。不用品の家電の種類や古さなども考慮に入れながら最適な方法を選ぶよう心がけましょう。

     

  • リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    不用品回収

    社長の小話。テーマ「家電に含まれる資源の話」


    家具よりも、家電の方が処分が安価で済みます。その理由には、再資源化(リサイクル)ノウハウやルートの確立の有無が関係しています。ボロボロになったイスソファーの再使用(リユース)のルートが確立されているのであれば、家具も安価で処分できるのですが、いささかそれは容易ではありません。

     

    家電であれば、再資源化が簡単です。木くずや紙くずは燃やしたり溶かすと環境汚染の原因にしかなりませんが、鉄や金属なら、溶かして冷やせば、また資源として再利用できますよね。そういう発想がこれらの背景にあるのです。

     

    家電リサイクル法やパソコンリサイクル法の根幹にあるのもこうした理由です。再資源化出来るんですね。特にハイテク家電になると希少金属(レアメタル)やレアアースが含まれていることが多いので、それを率先して再資源化(リサイクル)することで、有用な資源を有効活用することが出来るのです。もちろん、『処分』の中には『売却』も含まれますから、それが出来たら最善ですね。自分の状況に適した最善の処分を考えましょう。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  • 会社所有パソコンの2つの処分ケースとその方法(+1)
  • 粗大ゴミ回収/処分の方法と選択肢を把握する
  • 粗大ゴミで出せない大型家電の処分を検証する
  • 粗大ゴミでは処分が困難な大型ゴミについて
  • 引っ越しをする際の不用品の処分はどうすればいいの?
  • 大型の家具を処分するにはどうすればいいの?
  • いらなくなった家具の賢い処分方法とは?
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP