広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

自治体の粗大ゴミ処分と不用品回収業者の違い

 

処分方法

大型の家電、家具などはどのように処分する方法がありますか?

処分方法

まずは、住んでいる地区の自治体に問い合わせて確認してみましょう。

 

  • 地域別の自治体一覧
  •  

    家具の場合は粗大ゴミで出せるので流れを確認して、申し込みをします。指定場所まで運ぶことができない場合は回収業者などに搬出から任せる方法があります。リサイクル家電などは自治体で受け付けていないため、販売店や回収業者に依頼する方法があります。

     

    目次

     

    不用になった家具の処分をする際に注意する点を記載しています。粗大ゴミやリサイクルショップ等、様々な選択肢の中から最善の方法を検証しましょう。

     

  • 不用家具の処分
  • 社長の小話『処分費用の実態』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    いらなくなった家具の賢い処分方法とは?


    不用品回収の品目の中で扱いに注意したいのが家具

    です。引越しの際に発生する不用品の中に必ず含まれますし、大多数を占める場合も少なくありません。家電の場合は、買い替えの際に不用品になることも多く、購入した小売店に引き取ってもらう方法があるのに対し、家具の場合は引越し大掃除といった特別な機会がない限り処分することはほとんどありません。その結果、一度にまとめて大量の不用品が発生することが多いのです。

     

    一方、家具の不用品回収は方法にいくつかの選択肢があります。必ずしも不用品回収業者に依頼しなければならないというわけでもないのです。家電の場合、家電リサイクル法の規制があるため処分にやや面倒な面もありますが、家具の場合は規制といえばもっぱらサイズのみですから、処分しやすい面もあります。

     

    家具の回収方法としては、

    まず粗大ゴミが最初の選択肢となります。基本的にどんな家具でも粗大ゴミの回収対象となります。不用品回収業者に依頼するよりも安く済みますから、お金をかけたくない人にとっては理想の方法となるのでしょう。

     

    ただいくつかの注意点があります。まず事前に申し込んでおく必要があること。必要な手続きをしっかり行うのはもちろん、回収までに日数がかかる点もポイント。引越などで時間の都合がない場合には注意したいところです。

     

    それから料金がかかること。基本的にはシールを購入する形で支払いを行います。そのシールを粗大ゴミに貼って出すわけです。料金は家具の種類によって異なるのでよく確認しておきましょう。なお、料金は1点ずつかかるほか、テーブルはテーブル、イスはイスで別個にかかります。テーブルセットの場合は1点ではなく椅子の数によって点数が決まるわけです。あとは回収場所まで自分達で運んでいくこと。たいてい自宅前などすぐ近くに設定されますが、本棚タンスなど大きな家具の場合は搬出が難しい面もあるため、可能かどうかをよく判断しておきたいところです。

     

    他にもリサイクルショップに買い取ってもらう方法も

    あります。自宅まで査定・買い取りに来てくれる業者を選ぶとよいでしょう。正直なところ、買い取り料金はあまり期待できませんが、お金をかけずに処分できるだけでよしとするべきでしょう。

     

    こうした方法を検討、あるいは利用したうえで、処分し切れなかったものを不用品回収業者に依頼すると料金をかなり安くすることができます。家具の不用品回収はひとつの方法に固執せず、いくつかの方法を利用して手間とお金の節約を目指してみるとよいのではないでしょうか。

     

  • リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    不用品回収

    社長の小話。テーマ「処分費用の実態」


    『家電』よりも『家具』の方がお金がかかると思って、ほぼ間違いありません。簡単に言うと、家電も家具も、一瞬で資源レベルに分解出来て、また再資源化が出来れば格段に手間も経費も、つまりかかるお金も無くなるのですが、それがかかるから、高いんですね。

     

    ですから、かからない方法として最善なのは、『そのままの形で売る』ということですね。リサイクルショップでもオークションでも何でもいいのですが、とにかくその『手間がかからない』ことが、お金がかからない処分にするためのキモです。

     

    しかし、もっと厳密に言うと家具の中でも、『オール鉄』で出来ている場合は、そのまま鉄くず屋に持っていけば買い取ってくれる可能性があります。つまり、そういう鉄くず屋は『不要家具』をそのまま『資源』と見ているからですね。そういうノウハウを確立しているところに持っていくことが出来れば、むしろ『売却』出来るのです。

     

    そう考えると、『金(ゴールド)で出来ている家具』だってありますよね。もちろん何千万もするでしょうけど。それだって『家具』ですから、前述したように『処分にお金がかかる』わけではありません。そこまで考えると、結局その不要家具に『資源としての価値』、『市場に出すだけの価値』があるかどうかということが、処分費用に関係してくるということがわかると思います。

     

    つまるところ、分解、再資源化、搬出、運搬、販路最適化、売却、その全てを自分でやることが出来たなら、処分費用はかからないどころか、むしろプラスになるかもしれません。もっとも、『その一連の作業』に費やすリソース(資源(時間、お金等))を投資と取るか浪費と取るかは、自分次第です。

     

  • 損得の判断は『エコノミー』と『エコロジー』で決める
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  • 会社所有パソコンの2つの処分ケースとその方法(+1)
  • 粗大ゴミ回収/処分の方法と選択肢を把握する
  • 粗大ゴミで出せない大型家電の処分を検証する
  • 粗大ゴミでは処分が困難な大型ゴミについて
  • 引っ越しをする際の不用品の処分はどうすればいいの?
  • 大型の家具を処分するにはどうすればいいの?
  • 不用になった家電の賢い処分方法を検証する。
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP