広告

 

> > > >

 

不用品回収業者の口コミは自作自演に注意


不用品回収

 

インターネットでの不用品回収の口コミは自作自演が可能です。そう考えると、安易に信じ込むのは危険かもしれませんね。そういう業者はいずれ必ず淘汰されますが、『まかり通っている間に確かに存在するリスク』への危機管理は、ユーザー側に求められるのかもしれません。

 

目次

 

  • ネットの口コミはあてになるか?
  • 社長の小話『もはや『さくら』は当たり前の時代』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    不用品回収業者の口コミは自作自演に注意

     

    不用品回収の口コミに注意の利用

    はなかなか難しい面があります。まず情報を入手することそのものが難しいのです。不用品回収業者の大半は小規模な個人経営。そのため口コミの数も限られてしまいます。また、トラックで巡回している不用品回収業を利用した場合、そもそもどこの業者なのかよく把握しないまま利用することが多いため、口コミが形成されにくい面があるのです。

     

    インターネットで不用品回収の口コミ

    を探してみましょう。その多くはチェーン展開を行っている業者のもので占められるでしょう。どうしても知名度に勝る業者に集中してしまう傾向があるのです。これは口コミが寄せられる業者の方が、規模の大きな業者の方がよいことを意味しているわけでは必ずしもありません。規模の小さな業者の方がきめ細かなサービスや値引き交渉の余地が得られることも多いのです。この点は、引越し業者と共通した点でしょう。たとえよい口コミ評価を得ている業者が近くにある場合でも、すぐにそこに決めてしまうようなことはせず、必ず小規模の業者も含めた数社に見積もりを依頼することが大前提です。

     

    では、口コミが入手できない業者をどのようにして見極めるとよいのでしょうか。まず上に挙げた見積もりの際の判断。口コミの評判が良い業者と一緒に依頼することで、比較検討することができます。料金はもちろん、スタッフの対応やサービスの内容など、口コミの評判がよいところよりも魅力的に思えたなら、その業者はよい選択肢と判断できるでしょう。

     

    また、見積もり依頼を行う前にも有名な業者との比較が可能です。口コミが多数掲載されている業者の評価をチェックし、口コミが見つけられない業者のサービス内容や対応と比較すればよいのです。つまり、口コミ評価は対象となる業者を判断するだけでなく、他の業者との比較を行ううえでも役立ってくれるのです。

     

    ネット上の口コミに関しては、信頼性の問題も

    あります。一定数の口コミがある場合にはそれをよく吟味して判断することもできますが、少ない場合は注意が必要です。ひとつの口コミしかない場合、それがマイナスのものなら業者そのものに対してマイナスの印象を持ってしまいがち。しかし依頼者の事情や感性によって良し悪しの評価は異なってきます。やっと見つけた口コミだからといって鵜呑みにしないことも大事です。

     

    それに『自作自演』もあります。インターネットでの情報操作は自由自在ですから、そろそろユーザー側も知識・見る目を持たなければなりませんね。もちろん、実際に利用したことがある人からの直接的な口コミ評価もできるだけうまく活用したいところ。いろいろな方法で口コミを利用できることを覚えておきましょう。

     

     

    不用品回収の評判をチェックする際の必須項目


    不用品回収は事前に評判をチェック

    した上で選択したいところ。悪質業者によるトラブルも相変わらず全国各地で発生しており、利用者一人ひとりが注意して選ぶ必要があるのです。場合によっては高額の料金を請求され、大きな被害を受けることもあるだけに気をつけなければなりません。

     

    また、パソコン携帯電話をはじめ、不用品の中にはプライバシーに関わる情報が関わっている可能性があります。こうした製品に関しては業者はきちんとデータを消去したうえで処分すると言っていますが、悪質な業者の中にはこうしたデータを悪用するケースもあるようです。個人情報の流出が大きな問題となっている今、こうした点においても信頼できる業者を選ぶ必要があるわけです。

     

    では、不用品回収の評判は

    どのようにチェックすればよいのでしょうか。1番よいのは実際に利用した人から直接聞く方法です。地元の業者を選ぶ場合にはこれがもっとも確実な方法でしょう。本人から直接聞くことで、業者のサービス内容や対応などをかなり詳細に聞くことができます。こちらが知りたいと思っていることを質問できる点も大きなメリットです。

     

    ただ、身近で不用品回収を利用した人を探すのはなかなか難しい面もあるでしょう。そんな時にはインターネットの口コミがあります。手軽さではこれが1番です。ネット上には不用品回収業者の口コミ情報を掲載したサイトもたくさんあります。業者ごとの実際に利用した人の口コミ情報が掲載されているほか、その業者のサービス内容などの基本情報、さらに公式サイトへのリンクが張られているなど情報も充実してるため、いろいろな面で役立てることができます。

     

    評判をチェックする際に確認

    しておきたいのが良し悪しを判断する基準です。どうしても料金に意識が傾きがちですが、それ以外にもいろいろなチェックしておきたい部分はあります。たとえば料金交渉が可能かどうか、料金形態はどうなっているのか、追加料金はどのような形で発生するのか。そしてスタッフの対応。サービス内容に直接関係するポイントはもちろん、スタッフの対応のように直接関係ないポイントもチェックしておきたいところです。

     

    スタッフを家にあげて作業してもらうことになるわけですから、信頼できる業者、人たちであることは大前提ですよね。こうした点をどれだけ事前に評判で確認することができるか。これが不用品回収で失敗しないための鍵といってもよいでしょう。十分な情報収集を心がけるとともに、できるだけ信頼できる情報を探していきましょう。

     

     

    不用品回収にありがちなトラブルを確認する


    いらなくなった不用品を業者に回収してもらう場合には

    いくつかの注意点があります。電話一本で依頼し、大量の不用品でもあっというまに回収してくれる利便性があるものの、一方ではトラブルも多いのです。とくに注意が必要なのが悪質な業者の手口。以前から悪質な業者による不用品回収のトラブルが問題となっていますが、残念ながら現在でもまだ解消できているとはいえない状況です。では、不用品回収のトラブルにはどのようなケースが多いのでしょうか。もっとも多いのが不当請求。これにはいくつかの手口が見られます。

     

    まず無料や格安の料金を謳い文句にしておきながら実際に作業をはじめてから追加料金を請求してくるケースです。「思っていたよりも量が多い」「この不用品は処分に手間がかかる」などといろいろと言い訳を並べ立てながら料金を請求してくるのです。

     

    また、こちらが最終的に合意していない

    にも関わらず、強引に作業をはじめてしまうケースも見られます。スタッフが不用品をトラックに積み込んでしまえばもう断るに断れなくなる、というわけです。この場合、見積もりのために訪問した時点で強引に契約を結ぼうとするケースも多いので要注意です。上に挙げた追加料金の請求を合わせて行ってくることもあります。

     

    ここにきて大きな問題となっているトラブルとしては、個人情報の流出・悪用が挙げられます。パソコンなど記憶媒体を含んだ家電を処分してもらうケースも多いもの。たとえばパソコンのハードディスクの場合、フォーマットすればデータが消えると思っている人も多いようですが、実際にはフォーマットした後でもデータを「拾い上げる」ことは可能です。引き取った記憶媒体から個人情報を抜き出し、他の業者に売るなど悪用する業者も見られます。こちらは被害者本人が気づかないことも多いので注意したいところです。

     

    また、回収しておきながら、正しい方法で処分しない

    業者も見られます。この場合、業者とのトラブルではなく、他の形でトラブルが降りかかってくる場合もあります。たとえば不法投棄自転車など身元がわかるものを不法投棄した場合、依頼人が犯人だと判断され、警察から連絡が来る、といったケースもあるのです。被害者でありながら加害者として疑われてしまうこともある厄介なトラブルです。

     

    こうしたトラブルに見舞われるないためには、信頼できる業者を選ぶことが第一です。口コミ情報や見積もり依頼の際の対応などから判断するようにしましょう。少なくとも見積もりの際にすぐに依頼するのではなく、いったん引き取ってもらった後よく比較検討して決めることが大事です。

     

     

    格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?

     

    不用品回収はできるだけ安く済ませたい

    というのが誰もに共通した要望でしょう。業者に依頼した場合にはバカにならない料金が発生します。最低でも5万円程度、量が多い場合には10万円以上を覚悟しなければならないでしょう。引越しの際には、引越し料金そのものよりもはるかに多い金額がかかるケースもあります。

     

    そんな不用品回収を格安で済ませる方法はないのでしょうか。業者にも当然経費がかかりますし、その不用品の処分をしなければなりませんから、簡単に安く済ませられるような裏技はありませんが、いくつかのコツを踏まえておくことで出費をかなり抑えることは可能です。

     

    まず不用品の量を減らすこと。

    当たり前と言えば当たり前ですが、量が少なければ少ないほど料金が安くなります。単純に派遣されるスタッフの人数が少なくなるだけでも人件費が安くなります。

     

    ただ、そもそも処分が難しい不用品を減らすといってもなかなか難しいもの。方法としては粗大ゴミで出せるものは出せる、あるいはリサイクルショップで買い取ってもらえそうなものは買い取ってもらうなど、利用できるものはすべて利用する心がまえでいきましょう。買い取ってもらえるならそのお金を回収料金に回せるので一石二鳥です。

     

    それから業者選び。実際のところ、不用品回収の料金は業者ごとに驚くほど違いがあります。ある業者に20万円と見積もられたものが、他の業者では10万円だった、といったケースも珍しくありません。もっとも安く請け負ってくれる業者を探すのが絶対条件になります。そのためには、複数の業者に見積りを依頼し、比較検討することが必須です。

     

    さらに、他の業者の金額を値引き交渉の材料にしましょう。不用品回収は値引きの余地が大きい点にも特徴があります。料金には人件費や移動費など業者の営業努力が入り込む余地が大きい部分が含まれているからでしょう。また、業者の中には値引き交渉を前提にしたうえで、最初は高めの金額を提示してくれるところも見られます。そういう業者では交渉次第によっては数万円も安くすることも可能なことがあるようですから、図々しいと思われるのを覚悟の上でギリギリまで粘ってみましょう。

     

    ただ、注意すべき点があります。

    最初から格安や無料を謳い文句にしている業者。こうした業者の中には、最初のうちこそ格安料金を掲げておきながら作業を開始した後になって追加料金を請求してくるところがあります。他の業者に比べてあまりにも料金が安い場合には疑ってかかった方がよいでしょう。

     

    それから不法投棄。もしかしたら格安の理由は、その処分費用をちょろましているからかもしれません。もしそうだとしたら、不法投棄現場から自分の不用品が出てきて連絡が来る、なんて身の毛のよだつ事件に巻き込まれるかもしれません。家電の場合、無料で引き取ってくれるところもあります。その場合は無料で引き取ってもらえるものをその業者に依頼し、そのほかの不用品を他の安い業者に依頼する二段構えの方法も選択肢となるでしょう。不用品のリサイクル処分にはお金がかかりますから、格安すぎるのも疑ってかかった方が良さそうです。

     

     

     

     

    社長の小話。テーマ「もはや『さくら』は当たり前の時代」


    例えばあるお店に行列が出来ていたとします。その店が飲食店だったら、往々にして人間が思う感想は(美味しそうな店があるんだろうな)です。それが人間の心理。それを『バンドワゴン効果』と言います。その心理を利用したマーケティング戦略として『さくら』という発想が生まれました。これを戦略と言うかどうかは別として、これは日常茶飯事に見かける光景ですよね。

     

    例えばバラエティ番組の『笑い声』はどうでしょうか。あれはリアルな声ではありませんからね。もちろんリアルのケースもありますが、そうじゃないケースもたくさんあります。でも、あれが入ると我々は思わず『つられ笑い』しますよね。楽しければそれでいい。場が盛り上がるならそれでいい。きっとそういう考え方が蔓延しているのだと思います。それに、特に日本人は海外の人と比べて、『背中を押してほしい、奥ゆかしい人種』タイプが多いと言います。『背中の後押し』。そう考えたら、『配慮』、『親切』であるという発想をすることもできます。

     

    私も別にそれに異論はありません。ただ私は(これはリアルじゃないな)という認識だけは見て見ぬフリをしていません。そういう意識があれば別に支障はありませんから、これらの現象については『演出』の一つとして私は聞き流します。

     

    CMにタレントが起用されていて『私は、絶対これ。』などというセリフを聞いたことがあると思います。彼、彼女らは、本当にその商品を普段使っているのでしょうか?

    ここまで考えると、自作自演、さくら、演出、これらについての考え方が少し強化されてきますよね。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP