広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

不用品回収にありがちなトラブルを確認する


不用品回収

 

口コミや自治体のお知らせなどを見ると、不用品回収に関する様々なトラブルがあるようですね。トラブルに巻き込まれないように、必ず作業内容や費用を確認する必要があります。

 

目次

 

  • 不用品回収にありがちなトラブル
  • 社長の小話『高額請求について』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

     

    不用品回収にありがちなトラブルを確認する


    いらなくなった不用品を業者に回収してもらう場合には

    いくつかの注意点があります。電話一本で依頼し、大量の不用品でもあっというまに回収してくれる利便性があるものの、一方ではトラブルも多いのです。とくに注意が必要なのが悪質な業者の手口。以前から悪質な業者による不用品回収のトラブルが問題となっていますが、残念ながら現在でもまだ解消できているとはいえない状況です。では、不用品回収のトラブルにはどのようなケースが多いのでしょうか。もっとも多いのが不当請求。これにはいくつかの手口が見られます。

     

    まず無料や格安の料金を謳い文句にしておきながら実際に作業をはじめてから追加料金を請求してくるケースです。「思っていたよりも量が多い」「この不用品は処分に手間がかかる」などといろいろと言い訳を並べ立てながら料金を請求してくるのです。

     

    また、こちらが最終的に合意していない

    にも関わらず、強引に作業をはじめてしまうケースも見られます。スタッフが不用品をトラックに積み込んでしまえばもう断るに断れなくなる、というわけです。この場合、見積もりのために訪問した時点で強引に契約を結ぼうとするケースも多いので要注意です。上に挙げた追加料金の請求を合わせて行ってくることもあります。

     

    ここにきて大きな問題となっているトラブルとしては、個人情報の流出・悪用が挙げられます。パソコンなど記憶媒体を含んだ家電を処分してもらうケースも多いもの。たとえばパソコンのハードディスクの場合、フォーマットすればデータが消えると思っている人も多いようですが、実際にはフォーマットした後でもデータを「拾い上げる」ことは可能です。引き取った記憶媒体から個人情報を抜き出し、他の業者に売るなど悪用する業者も見られます。こちらは被害者本人が気づかないことも多いので注意したいところです。

     

    また、回収しておきながら、正しい方法で処分しない

    業者も見られます。この場合、業者とのトラブルではなく、他の形でトラブルが降りかかってくる場合もあります。たとえば不法投棄自転車など身元がわかるものを不法投棄した場合、依頼人が犯人だと判断され、警察から連絡が来る、といったケースもあるのです。被害者でありながら加害者として疑われてしまうこともある厄介なトラブルです。

     

    こうしたトラブルに見舞われるないためには、信頼できる業者を選ぶことが第一です。口コミ情報や見積もり依頼の際の対応などから判断するようにしましょう。少なくとも見積もりの際にすぐに依頼するのではなく、いったん引き取ってもらった後よく比較検討して決めることが大事です。

     

     

     

     

    社長の小話。テーマ「高額請求」

     

    高額請求が行われる理由はいろいろあります。世界のどこにでもいる単なる輩ということであれば、彼らに理由などなく、私利私欲という衝動に突き動かされているだけに過ぎませんが、そこまで悪質じゃない場合も『高額』になることがあります。

     

    何を持って『高額』とすべきかも問題ですね。例えば『スキー場やイベント会場のフード&ドリンク』はどうでしょうか。あれは『高額請求』じゃないですか?そう考えると、いささか『高額』になる理由も、一筋縄ではいかないかもしれません。

     

    例えば、ポストを見るとよく不動産の分譲マンションのチラシを見かけますが、実はあれは買わない方がいいという専門家の話があります。なぜなら、『広告費』をかけているからです。つまり、その購入価格に広告費が上乗せされているんですね。もちろんその価格設定は、当然と言えば当然です。広告をしなければ売れませんからね。しかし、広告費をかけていない物件の方がお得です。それが専門家の意見なんですね。

     

    ド派手に宣伝されていて、華やかな演出が施されているものは確かに魅力的で、思わず信用してしまいます。しかし、消費者としてあまり世の中を過信しないように意識することが重要ですね。それが全ての詐欺対策にもつながりますよ。

     

    知識強化:不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP