広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

不用品回収の流れを事前に確認する


不用品回収

 

まだまだ発展途上で不透明な不用品回収を依頼する前に、回収作業の流れを確認しておくことで、安心の処分を行うことが出来ます。

 

目次


  • 一連の流れを把握する
  • 社長の小話『ホームとアウェイの人間心理』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

     

    不用品回収の流れを事前に確認する

     

    不用品回収を業者に依頼するメリット

    のひとつが、手軽なこと。粗大ゴミのようにあらかじめ申込み、シールを貼って回収場所に出しておくといった面倒もありませんし、家電リサイクル法に基づいて、メーカーや販売店に回収を依頼する必要もありません。またリサイクルショップに引き取ってもらう時のように回収可能なものと、できないものが発生することもありません。


    では、業者による不用品回収はどのような流れで

    行われるのでしょうか。まずは申込みから。この申込み方法は業者によって若干の違いが見られます。まず大きな違いが公式サイトの有無。公式サイトがある場合にはメールや見積もりフォームから依頼することができます。ない場合には、電話での依頼が一般的です。なお、公式サイトを持っている業者の場合、不用品の種類や量といった基本情報を提供することで、前もって大まかな見積もりを出してもらうことも可能です。

     

    申込みをしたら次は見積もりですが、ここが重要なポイント。スタッフに直接家まで来てもらい、具体的な料金を見積もってもらうことになります。この見積もりは基本的に無料ですから遠慮なく依頼しましょう。1社に限定せず、複数の業者に見積もってもらうのが原則。

     

    そして見積もり金額を比較検討してもっとも安いところを選ぶわけです。注意が必要なのは業者の中には強引に契約を迫ってきたり、「今申し込まないともっと料金が高くなってしまう」などと焦らせようとしてくるところがあること。迫られるまま安易に依頼したりせず、納得がいかない場合は遠慮なく断りましょう。また、よさそうだと思った場合でもその場で依頼はせず、いったん引き取ってもらってよく検討したうえで最終的な判断を下すようにしましょう。

     

    なお、見積もりの際にはもうひとつ注意点

    があります。それは必ず総額を提示してもらうことです。業者の中には、いざ作業をはじめてからあれこれと追加料金を請求してくるところもあります。当初の予想をはるかに超える高額な料金になってしまうことも。必ず「これ以上追加料金はありませんね?」と確認をとったうえで他の業者との比較検討を行うようにしましょう。

     

    最終的に業者を決めたら、あとは作業を任せるだけ。依頼者がやることは家に案内することくらい。注意点としては勝手に積み込みをはじめさせず、料金などを最終的に確認したうえでゴーサインを出すこと。ここまでしっかりやればあとは面倒なことはありません。最後に料金を支払って終了です。なお現金払いが原則ですが、業者によってはクレジットカード払いが可能なところもあります。急に現金を用意するのが難しい場合に利用するとよいでしょう。

     

     

    不用品回収業者の間違いのない選び方とは?


    不用品回収を行う際には2つのポイント

    があります。ひとつは処分方法の選び方、それから業者の選び方です。処分方法の選び方とは、ゴミとして処分するか、リサイクルショップオークションなどで売却するか、不用品回収業者に引き取ってもらうかといった選択のこと。この選び方はどこまで時間の余裕があるか、どんな不用品があるのかによって異なってきます。引越しの場合には時間の余裕がないため、粗大ゴミの日時まで待ったり、リサイクルショップに引き取ってもらうのが難しい場合もあります。また、不用品回収業者に依頼する場合にも料金を少しでも安くするため、ゴミ回収やリサイクルショップで処分できるものはしておくことも大事です。

     

    問題なのは業者の選び方でしょう。

    不用品回収の料金は業者が独自に設定しています。そのため、同じ作業内容でも業者ごとに驚くほど料金が異なることも多いのです。しかも、料金体系も業者ごとにまちまち。基本料金のみですべて回収してくれるところもあれば、いろいろと追加料金が発生するところもあります。この違いを確認した上で、総額がいくらになるのかを依頼する前に確認しておくことが必須条件となります。

     

    料金で選ぶ場合には必ず直接来てもらって不用品を確認し、具体的な料金を見積もってもらいましょう。また、いくら安くてもその場で依頼せず、じっくりと考えてから最終的な判断を下すようにしましょう。悪質な業者の中には契約を結ぶよう急かしたてきたり、「今契約しないともっと高くなる」などと焦りをもたらしてくるケースも多いからです。

     

    あと悪質な業者にだまされないこと。あとでトラブルに見舞われてしまう恐れもあります。まず基本的なポイントとして「産業、一般廃棄物収集運搬許可」及び『古物商』を持っているかどうか。中には「モグリ」の業者もいるのです。それから料金の注意点とも関わってきますが、作業を始めた後になって追加料金を請求してくるケースも見られます。見積もりを依頼する際には料金の詳細や算出方法も具体的に説明・明示してくれるところを選ぶようにしましょう。追加請求をしてくる業者はこうした点を曖昧にしていることが多いのです。

     

    もうひとつ、所在がよくわからない業者

    もあります。いざトラブルに見舞われても連絡が取れないことがあります。引き取った不用品を不法投棄し、その不用品に身元がわかるものがあったことから警察から依頼者に連絡がくる、といったケースもあるのです。会社のホームページがあるか、住所や電話番号がしっかり明記されているか、領収証を発行してくれるかといった点を重視しましょう。適切な方法、信頼できる業者。この2つの柱をもとに不用品回収を選ぶよう心がけましょう。

     

     

    不用品回収業者の比較に役立つ注意点


    不用品回収における重要なポイントの一つ

    に業者の比較があります。インターネットのおかけで手軽に業者を見つけることができるようになりました。都心部に住んでいる人なら、近くのエリアだけでもかなりの数の業者を見つけることができるでしょう。その中からどこが1番よいのかを選ぶことが大事になってくるのです。不用品回収は業者ごとに料金設定やサービスの内容に差があるため、事前に入念な比較検討を行っておくことが求められます。

     

    では、不用品回収の比較は

    どのような観点から行うと良いのでしょうか。この点に関しては、まず「信頼できる業者を選ぶこと」が大前提となります。残念ながらこの業界では悪質な業者も見られます。依頼したら当初の見積もりとは異なる多額の料金を請求された、といったケースも多いのです。安心して任せることができるか、後で追加料金を請求してくるような真似はしないか。この基本的なところをチェックするためのポイントとしては、口コミ評価を探すこと、あるいは他の業者と比較して極端に料金が安い、サービスが充実しすぎているといったことに目を向けるといった対策が挙げられます。

     

    それから迅速に対応してくれるかどうかも重要です。引越し大掃除の場合、限られた日数の中で出てきた不用品を処分しなければなりません。いくら料金が安くても引き取ってくれるまで何日もかかってしまうような業者は適しません。これは業者の姿勢の問題だけでなく、予約がどれだけ入っているかなども関わってくるため比較が難しい面がありますが、電話やメールであらかじめ確認しておくとよいでしょう。

     

    忘れてはならないのが料金。この点を真っ先に比較検討する人も多いでしょう。とくに不用品回収は料金の相場や基準が曖昧なため、同じ作業でも業者ごとにかなりの差が出てきます。具体的な料金を知るためには実際に自宅にまで来てもらい、見積もりをとるのが1番の近道です。大半の業者は見積もりを無料で行ってくれるので遠慮なく利用しましょう。

     

    こうした基本的な比較のポイントに加え、

    それぞれの業者が独自に行っているサービスや他の業者には見られないサービスなども比較しておきたいところ。たとえば料金の支払方法。不用品回収では安くても5万円程度、引越しの際などで量が多い場合には10万円もの料金がかかる場合もあります。急に現金を用意するのは難しいこともあるでしょう。クレジットカード払いを受け付けているかどうかなども見ておきましょう。料金だけで判断せず、総合的なパフォーマンスを評価し、比較検討するのが理想の不用品回収業者を見つけるための鍵といえそうです。

     

     

    押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり


    不用品回収を業者に依頼する際のひとつのポイント

    となるのが見積もりです。この業界は料金設定が曖昧な面があり、どれぐらいの費用がかかるのかが事前に確認するのが難しい上、業者ごとに料金の基準が異なっています。あらかじめ見積もりをとっておき、いくらぐらいかかるのかを把握したうえで最終的な判断を下す必要があるのです。

     

    不用品回収の見積もりは2つの段階

    に分けられます。まず、

     

    インターネットで見積もってもらうケース

    インターネットの業者へ依頼を出し、不用品の種類や量など基本的な情報を提供したうえで見積もりを出してもらう方法です。この方法のメリットはなんといっても手軽な点。ネットを利用するだけで見積もってもらえるわけですから、忙しい人や夜しか時間を確保できない人にも利用できます。ただ、あくまで大まかな見積もり。とくに大量の不用品がある場合には、実際の料金との間にかなりの差が生じることがあるので注意が必要です。

     

    もうひとつは

    実際に業者に来てもらったうえで不用品の状態を確認してもらい、見積もりを出してもらう方法です。

     

    基本的にはこの金額が最終的な料金となります。正確な金額を知ることができますから、利用するかどうかの最終判断を下す材料となります。また、直接対面しているため、値引き交渉なども行うことができます。一方、業者を家に上げて不用品を確認してもらう必要があること、悪質な業者の中にはかなり強引に利用を迫ってくるケースがあるといった点に注意が必要です。

     

    なお、不用品回収の見積もりでは「必ず複数の業者に依頼すること」が必須条件として挙げられます。冒頭に挙げたように、業者によって料金の基準が大きく異なっているため、同じ量、作業でも驚くほど違いが生じることがあります。複数の業者に依頼し、比較検討を行うことが必須なのです。そうでないと高い業者に丸め込まれるような形で依頼してしまい、あとになって「高すぎた」と後悔することになりかねません。

     

    基本的な流れとしては、

    まずインターネットや電話での見積もりを行っている地元の業者に片っ端から依頼をし、大まかな金額の段階で安いところを数社ピックアップしていくのところからはじめます。その後に実際に訪問で見積もりをしてもらい、具体的な金額を確認するのです。

     

    その際にはいくら安い金額が提示されてもその場で依頼するのではなく、いったん保留してよく検討するようにしましょう。次に見積もりにくる業者の方が安い料金を提示してくる可能性があるだけでなく、料金交渉の材料に使うことができるからです。じつは不用品回収業は料金交渉の余地が非常に大きい分野でもあります。「他の業者ではもっと安かった」を交渉の切り札に使えば、それなりの譲歩を引き出せることも期待できます。

     

     

     

     

    社長の小話。テーマ「ホームとアウェイの人間心理」」

     

    『流れ』を知っているのと知らないのとでは、安心感が違いますよね。どんなことでもそうです。学生時代や新入生時代を思い出しても、それは当てはまります。最初は緊張しているんですよね。『知らない』から。つまり『アウェイ』なんですね。そして知ると、『ホーム』になる。もう、知りましたからね。知っている状態は、ホームです。ホームとアウェイが関係しているんですね。

     

    スポーツでも、相手の陣地でゲームをするのはアウェイですから、ホームグラウンドでやるよりも緊張し、思うようにパフォーマンスできないことがあります。相手のサポーターも邪魔してくる場合もありますよね。とにかく人間というものは、『ホームとアウェイ』でのパフォーマンス能力に差があるようです。

     

    脳科学者の茂木健一郎氏はこれら一切の事情を踏まえ、あえて著書『アウェー脳を磨け!』でこう言っています。『人間の能力が開花するのは、アウェイである。』と。つまり、ホームでいつまでも甘んじているようでは、人間に成長はない。ということなんですね。海外に行って世界で勝負するトップアスリートたちは、いつだって批判と称賛を繰り返されています。いつ戦力外通知を下されるかわからない。しかし、そういう最前線(アウェイ)に自分の身を置くことで自分の潜在能力が『潜在したままにならない』。

     

    流れを把握するということは、安心感が欲しいということ。それはホームが好きだということですから、それ自体は悪ではありません。しかし、覚えておいて損はない話ですよね。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP