広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?


不用品回収

 

不用品回収業者に処分を依頼するタイミングや、その利点(メリット)を理解し、自分のその場の環境に適した最適な処分を計画しましょう。

 

目次


  • サービスの利点とタイミング
  • 社長の小話『世界一のサービス国』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

     

    不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?


    不用品回収のサービスを展開している業者

    がいろいろとあります。不用品回収サービスは、どのような場面で利用すればいいのでしょうか?不用品回収を利用している人を見てみると、その多くが引越しに伴う不用品の処分に活用していることが分かります。引越しをする時には荷づくりの必要があるのですが、自分が思っている以上に荷物がいろいろと出てくるものです。しかも、捨てなければいけないようなものがたくさん出てくることも往々にしてあります。

     

    そのような場合、自分一人では処理しきれない

    ということもあるかもしれません。しかも、引越しなので限られた期間内に処分をしなければなりません。そのような時には、不用品回収を活用しましょう。不用品回収は、即日回収の対応をしてくれる所も結構あるので、急いでいる時には便利です。引越し直前に不要なものを処分してもらうこともできます。まとまった不用品の処分も請け負ってもらえるので、大変重宝するはずです。

     

    また、長年使った家具があり、そろそろ買い替えを検討しているという場合、新しい家具を購入した時には、古くなった家具を処分しなければいけません。この時に、不用品回収サービスを活用すると便利です。特にベッドソファータンスといった大きな家具は自分だけで運び出したり、処分をするのも大変です。

     

    一人暮らしなどではなかなか手に負えないということもあります。そのような場合でも、不用品回収サービスを利用すれば、重たい家具でもスタッフが運び出しをしてくれるので、大変助かります。部屋から大きすぎて出せないようなものであっても、解体してしっかりと運び出してくれるので安心です。

     

    家電製品は私たちの日常生活の中でも、

    もはや欠かすことのできないアイテムになってきています。家電製品ですが、精密機械のものもたくさんあります。このため、ある日突然利用できなくなってしまうケースもあります。このような場合の処分に不用品回収サービスを利用している人も少なくありません。不用品回収業者では、テレビ冷蔵庫エアコン洗濯機からパソコンなど、ありとあらゆる電化製品の処分をしてくれます。

     

    電化製品を自分で処分することになると、どのような手続きを踏めば良いのか分からないという人もいるでしょう。不用品回収サービスを利用すれば、皆さんは見ているだけで、スタッフが処理をしてくれるので大変重宝するはずです。このようにいろいろな場面で、不用品回収サービスが活用できます。

     

     

    不用品の賢い捨て方とポイント

     

    不用品はまず捨てることを考えましょう。

    一度大量の不用品が出た場合にはどうしても不用品回収業者にまとめて引き取ってもらうことを考えてしまいます。しかし業者に依頼すると少なからずお金がかかります。大量の不用品ともなると5万~10万円もかかることもあります。このお金をポン、と出せる家はそうないはず。最終的な不用品回収業者に依頼するにしても、自分で捨てることができるものはできるだけ捨て、量を減らしておくことが大事です。

     

    不用品の捨て方としては、

    基本的に自治体のごみ収集の出し方となります。言うまでもなく不法投棄は論外です。毎年各自治体では不法投棄の回収/処分に多額の税金を費やしています。お金がかからないように思えて実際には税金の形でのしかかってきています。

     

    ごみ収集を利用する場合にはまず粗大ゴミで出すか、一般ゴミで出すかの判断があります。どこまで一般ゴミで出せるかの基準は、原則としてサイズ。基本的には、大体30センチ×30センチ以内のものなら一般ゴミで出すことができます。ただそれほど厳密なものではなく、縦・横の一方が30センチを越えていても、全体としてそれほど大きくないものなら回収してもらうことができます。目安としては、45リットル入りのゴミ袋に収まるかどうかでしょう。

     

    一般ゴミで出す場合のポイントとしては、分解・破壊で細かくできるかどうか。たとえば手間がすごくかかってしまいますが、布団を細かく裁断して一般ゴミとして出すことも可能です。イステーブルを分解したり、ノコギリで切ったりして細かくすることでも一般ゴミとして出すことができます。手間とメリットを比較した上で試してみるとよいかもしれません。

     

    もうひとつ、

    一般ゴミの捨て方のポイントとして家電の扱いもあげておきましょう。実は、家電も一般ゴミで出すことができます。「燃やせないゴミ」の日が対象となります。基準は燃やせるゴミと同じで30センチ×30センチ以内のもの、そして家電リサイクル法の対象ではないこと。ゲーム機CDラジカセはほぼ間違いなく回収してくれますし、ミニコンポも引き取ってくれることがあります。わたしたちが思っている以上にいろいろと回収してくれますから、自治体のホームページでよく確認し、引き取ってもらえるかよく分らない場合にはだめもとで出してみるとよいかもしれません。

     

    サイズが大きい家具などの場合は、粗大ゴミとなります。これは個別に申し込む形で、有料となります。申込んだ後にコンビニや郵便局などで料金に相当するシールを購入し、それを不用品に貼って決められた日時に指定の場所に出しておきます。なお、回収の際に立ち会う必要はありません。不用品の捨て方はルールに基づいて賢く行う、というのが大前提となるでしょう。

     

  • 地域別の粗大ゴミ該当基準一覧
  •  

     

    不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント

     

    不用品の片付けといっても

    押入れや物置などにしまっておく、と言った意味ではありません。もともと引越し大掃除となどで長らくしまったままにしてあるモノを取り出した結果不用品が生じるもの。大事なのはどのようにして処分するか、です。

     

    不用品の片付けのポイントとしては、

    1 まずどれだけ時間をかけて行うか。

     

    たとえば大きな家具の場合は、家の中に置いておくと邪魔になります。かといって玄関先や庭先に出しておくのも問題があるもの。邪魔にならない形で置ける場所を確保できるか、あるいは早く処分できる方法を見つけるか。家具の処分方法としては粗大ゴミが第一の選択肢となりますが、申し込みから実際に回収してもらうまである程度の日数がかかります。それまでの保管場所に困る場合、あるいは引越などで時間の余裕がない場合には不用品回収業への依頼も検討しなければならないでしょう。

     

    片付けと言えば、分解や破壊などで小さくまとめる方法も考えられます。これには2つの利点があります。ひとつは処分するまで保管しておく場所を確保しやすいこと。二つ目は一般ゴミとして出せるケースもあること。大きな家具も30センチ×30センチ以内に小さく分解することができれば一般のごみ収集に出すことができます。組み立て式の棚や椅子などはこの方法で処分することも可能です。少々面倒がかかりますが、片付けという観点から見るとなかなか魅力的な選択肢といえるでしょう。

     

    もうひとつ、

    2 不用品の片づけで注意しておきたいのが移動です。

     

    たとえば、洗濯機冷蔵庫を買い換えた場合は入れ替え作業が必要です。しかしどちらもかなりの大きさと重さがあります。一定の腕力のある人間が最低でも2人は必要。基本的には男手が2人求められるでしょう。それは、テーブルといった大きい家具も同様です。粗大ゴミに出す場合には指定の回収場所まで自分で運ぶことが求められます。それができるかどうか。たとえばマンションの上層階に済んでいる場合、下まで運ぶことができるかどうかという点もしっかりと確認しておく必要があるのです。

     

    そもそも家の内部でも移動が困難な場合もあるでしょう。そんな時には不用品回収業者に依頼し、運搬から搬出、積み込みまでのすべての作業を業者のスタッフに依頼するのがもっとも無難な選択肢となるでしょう。不用品の片付けでは、処分が終わるまで日常生活に支障をきたさない形で保管できるか、どのように搬出するか、自分達でできるかといった点が重要なポイントとなるわけです。この点も意識したうえで不用品の処分方法を検討するよう心がけましょう。

     

     

     

     

    社長の小話。テーマ「世界一のサービス国」


    日本で日常的に受けているサービスが当たり前だと思っているなら、海外では暮らせません。おしぼりが出てくるとか、膝をついてかしこまるとか、そういうことが当たり前だと思ってはいけませんね。海外の人は、日本のそういうサービス精神に驚きを隠せません。つまり、一線を画すのです。

     

    中国に行った時のことです。まず最初に、空港の段階で洗礼を受けました。目当てのバスに乗りたくてカウンターの女性に場所を聞いたのですが、首を横に振り、知らないというのです。しかし、『そうですか』と、ふと隣を見ると、その乗り場があった。(やれやれ。中国に来たな。)私はそう思いました。

     

    道路には人が堂々と歩いて飛び出し、車がそれを低速で避ける始末。ノーヘルメット?バイクの三人乗り?当たり前です。信号も守らない。あっちの人の生活を見ると、日本での中国人への不信感が全て腑に落ちますよ。何しろ、あっちじゃ日常茶飯事ですからね。

     

    夜中に鳴り響くクラクションの音。深夜に走り回る子供。壊れたエアコン。高級ホテルの豪華な風呂場なのに、どこからか現れる虫。降りる人を優先しないエレベーターや電車のドア。もし日本のサービスに不満を覚えたのであれば、一度海外に行ってみるといいでしょう。きっと日本を好きになりますよ。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP