広告

 

> > > >

 

不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント


不用品回収

 

不用品を片づける際に注意するべく、いくつかのポイントを押さえておきましょう。計画次第では予想外のお得な処分が出来るかもしれません。

 

目次


  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 社長の小話『カウンターインテリジェンス』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント

     

    不用品の片付けといっても

    押入れや物置などにしまっておく、と言った意味ではありません。もともと引越し大掃除となどで長らくしまったままにしてあるモノを取り出した結果不用品が生じるもの。大事なのはどのようにして処分するか、です。

     

    不用品の片付けのポイントとしては、

    1 まずどれだけ時間をかけて行うか。

     

    たとえば大きな家具の場合は、家の中に置いておくと邪魔になります。かといって玄関先や庭先に出しておくのも問題があるもの。邪魔にならない形で置ける場所を確保できるか、あるいは早く処分できる方法を見つけるか。家具の処分方法としては粗大ゴミが第一の選択肢となりますが、申し込みから実際に回収してもらうまである程度の日数がかかります。それまでの保管場所に困る場合、あるいは引越などで時間の余裕がない場合には不用品回収業への依頼も検討しなければならないでしょう。

     

    片付けと言えば、分解や破壊などで小さくまとめる方法も考えられます。これには2つの利点があります。ひとつは処分するまで保管しておく場所を確保しやすいこと。二つ目は一般ゴミとして出せるケースもあること。大きな家具も30センチ×30センチ以内に小さく分解することができれば一般のごみ収集に出すことができます。組み立て式の棚や椅子などはこの方法で処分することも可能です。少々面倒がかかりますが、片付けという観点から見るとなかなか魅力的な選択肢といえるでしょう。

     

    もうひとつ、

    2 不用品の片づけで注意しておきたいのが移動です。

     

    たとえば、洗濯機冷蔵庫を買い換えた場合は入れ替え作業が必要です。しかしどちらもかなりの大きさと重さがあります。一定の腕力のある人間が最低でも2人は必要。基本的には男手が2人求められるでしょう。それは、テーブルといった大きい家具も同様です。粗大ゴミに出す場合には指定の回収場所まで自分で運ぶことが求められます。それができるかどうか。たとえばマンションの上層階に済んでいる場合、下まで運ぶことができるかどうかという点もしっかりと確認しておく必要があるのです。

     

    そもそも家の内部でも移動が困難な場合もあるでしょう。そんな時には不用品回収業者に依頼し、運搬から搬出、積み込みまでのすべての作業を業者のスタッフに依頼するのがもっとも無難な選択肢となるでしょう。不用品の片付けでは、処分が終わるまで日常生活に支障をきたさない形で保管できるか、どのように搬出するか、自分達でできるかといった点が重要なポイントとなるわけです。この点も意識したうえで不用品の処分方法を検討するよう心がけましょう。

     

     

     

     

    社長の小話。テーマ「カウンターインテリジェンス」


    ご存知でしょうか。『カウンターインテリジェンス』。難しいことではありません。『後始末』ならぬ、『前始末』ということです。何かが起きてからその後片付けをするのが後始末。前始末とは、何かが起きる前に片付けるという、知性のことです。

     

    掃除をする理由にはどのようなものがあるでしょうか。それは、かつて掃除を全くせず、寝るときは電気を消さず、CDをかけっぱなしにし…(これ以上は言えません)という生活態度を送っていた私にはよくわかっています。

     

    例えば、害虫が出ますよ。ゴミを放っておいたら。それに私の鼻炎の正体は、ハウスダストだったんですね。それから、生活が乱れることによって、肌も健康でいられません。あるいは、太ります。そう考えると、不用品を片付けることに対するカウンターインテリジェンスの力は、侮れません。

     

    人生は身体が資本。その身体は、規則正しい生活と食事で成り立っています。かつてそういう時代を過ごしていた私だから説得力が違うはずです。整理整頓された部屋で生活をし、脳や心が理路整然としていた方が、仕事も人間関係もスムーズに行きますよ。その味を占めたらもう、『前始末』をせずにはいられなくなります。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP