広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。


不用品回収

 

様々な不用品回収業者が存在します。その中で、最も現在の自分に適した不用品の処分を行うために、事前に情報をチェックすることが重要です。ここでは、不用品回収業者のちょっとした豆知識を記載しています。

 

目次


  • 業者の情報を得て安心の処分を
  • 社長の小話『基本料金の実態』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    おすすめの不用品回収業者とは?

     

    不用品回収をどの業者に依頼すればいいのか?

    最初にして最大の問題でもあります。不用品回収業者はピンからキリまで。それこそ不当な請求や勝手な荷物の詰め込みなどを行ってくる悪質な業者も少なくありません。信頼できる業者に依頼し、納得の行く料金、サービスで利用することが大前提となるのです。

     

    ではどのような不用品回収を選んだらよいのでしょうか。おすすめとしてはまずチェーン展開を行っている規模の大きな業者が挙げられます。こうした業者はどの営業所でも画一化されたサービスを行っているため、当たり外れが少ないのが大きな魅力です。それから信頼性。素性のよく分らない業者よりもある程度名前が知られ、広範囲で業務を行っているところの方が安心できるものです。複数の店舗を展開しているということはそれだけ評判もよく、問題が少ないことを意味しているからです。

     

    また、規模の大きな業者の場合、

    ネットで口コミ情報を見つけることができる点もおすすめの理由です。規模の小さな不用品回収業者はなかなか口コミが集まらず、思ったように情報収集ができない点が悩みの種。口コミは複数の人の意見が集まってはじめて有効に利用できるものです。この点、チェーン展開を行っている業者なら、さまざまな口コミ評価をチェックした上で最終的な判断を下すことができます。事前の情報収集を容易に行える点を重視したいところです。

     

    もちろん、規模の小さな業者がダメだといっているわけではありません。個人経営だからこそのきめ細かなサービス、柔軟な対応も期待できます。おすすめの業者を見分けるのが難しい面もありますが、見極める方法もいくつかあります。

     

    まず利用したことがある人から話を聞く方法。ネットの口コミが期待できない以上、実際に利用した人から話を聞くわけです。周囲に経験者がいる場合にはぜひともうまく利用しましょう。

     

    それから見積もり

    これが業者を見極める最大のポイントです。実際にスタッフと対面し、話をしながらその業者が信頼できるのかどうかを判断するわけです。ポイントは事前に情報を入手できたり、人からすすめられたおすすめの業者と、素性がよくわからない業者の両方に見積もりを依頼し、比較検討することです。おすすめの業者を基準に良し悪しを最終的に判断するわけです。そうすれば自分なりのおすすめ業者を見つけることができるでしょう。なかなか見極めが難しい不用品回収業者。こうしたポイントを踏まえたうえで検討していけば後悔のない選択ができるのではないでしょうか。

     

     

    不用品回収業者の利用方法

     

    大型ゴミが出たため、不用品回収業者を利用したいと思っている人もいるかもしれません。不用品回収業者を探す時には、まずは情報収集する所から始めましょう。不用品回収業者の比較をする時に重要なことは、回収費用がどれくらいかかるかということです。料金は、どのような料金体系を採用しているかによって、業者によってバラバラです。このため、単純に比較できないので注意しましょう。現在の不用品回収業者を見てみると、以下の2つの料金体系の内のいずれかを使用している傾向にあります。

     

     

    まずは基本料金を設定しています。

     

    そしてどのような不用品を処分するのか、アイテムごとの価格を算出します。その上で、必要に応じてオプションを付けるという料金体系です。まず基本料金ですが、現在のところ3000~5000円が相場となっているようです。そして、処分品目ごとに回収単価を設定していますので、それを基本料金に上乗せしていきます。

     

    もう一つの料金システムは基本料金はつけません。

     

    回収したアイテムごとに単価を設定していますので、その総額を請求するパターンです。そして必要に応じてオプション料金を上乗せしていきます。ちなみにオプション料金は、例えば大型ごみで解体しないと持ちだせない場合などに適用されます。他には、マンションやアパートで、エレベーターが付いていない場合なども、オプション料金が別途で発生する可能性があります。両者を比較してみると、基本料金を設定している不用品回収業者の方が数は多いようです。後者の方が少数派と言えます。

     

     

    料金で比較した場合、

     

    基本的に考えるなら、後者の方がお得になる可能性が高いです。特に処分をする品目が多い場合には、基本料金が無料になっている所にターゲットを絞って探してみましょう。基本料金つきの不用品回収業者の場合、処分品の固定費をつけ足して料金が決められます。このため、処分する品数が多くなればなるほど、料金が高くなってしまいます。しかし、基本料金のない不用品回収業者の場合、総額で計算できるため交渉できる業者が結構多くあります。交渉次第では従来の価格よりも安く処分を請け負ってくれる可能性も期待できます。

     

    またオプションについても、基本料金を設定している業者に対してはなかなか交渉も難しいと思います。しかし基本料金を設定していない業者であれば、交渉の余地があります。このため、結果的には安い価格で処分をお願いできる可能性もあるわけです。※弊社ではこのような背景をふまえ、割引プランを多数用意にしております。

     

     

    不用品回収の相場とは

     

    不用品回収を利用する上で

    大きなネックとなるのが料金です。一部の家電は無料で回収している業者も見られますが、通常は有料です。それも決して安いとはいえない料金設定であることが多いのです。不用品回収の1番のメリットは業者にすべて任せることで手間を省くことかできる点。ですからお金がかかるのは仕方がない部分もあるのですが、では実際のところどの程度かかるのでしょうか。

     

    不用品回収の料金は業者が独自に設定しているため、細かい金額はそれぞれの業者で確認しておく必要があります。ただ、ある程度の相場も存在します。自分が引き取って欲しいと思っている不用品の相場をあらかじめ確認し、業者の見積りが高いのかどうかをチェックすることで安心して任せられるところを選ぶことができるでしょう。

     

    では相場を見てみましょう。

    不用品回収でよく見られるのが冷蔵庫洗濯機。これらは安いところで一台1,000円 くらいから、通常は4,000~5,000円程度 かかります。この料金には単に処分するためのお金だけでなく、人件費や移動費なども含まれます。スタッフが派遣されて回収していくのですから、当然といえば当然でしょう。

     

    相場を見極めるのが難しいのが、テレビエアコンなどの家電リサイクル法の対象となっている製品です。無料で引き取るところもあれば、3,000円~5,000円程度 の料金を設定しているところもあります。

     

    また、製品の種類によって大きな差が生じることも。そのためなかなか相場を把握するのが難しいのです。理由としては家電リサイクル法に基づいて処分する必要があること、あるいは家電製品からレアメタルや金、銀といった素材を取り出すことによって業者が利益を上げることができるため、引き取り料金を安く設定できるといった点が挙げられます。(実際にはその作業は容易ではありません。)新しいテレビ・パソコンや部品やパーツに再利用の余地が大きいのに対し、古いブラウン管のテレビなどは余地が少ないため高くつく、といった理由もあります。

     

    では大量の不用品を引き取ってもらう場合

    にはどの程度のお金がかかるのでしょうか。これも人件費が大きく関わってきます。何人のスタッフを必要とするのか、あとは不用品を運ぶためにどの程度の大きさのトラックを用意するのか。相場としてはスタッフ2人、軽トラック一台で5~6万円程度 。スタッフが3人以上、あるいは作業に時間がかかる場合には10万円前後になります。引越しの際に大量に不用品が発生した場合には、10万円程度かかると見た方がよいかもしれません。

     

    実際に複数の業者に見積もりを依頼し、それを比較検討するのが相場を把握する上での1番の近道でしょう。依頼するエリアによっても相場に違いがあるため、地元の業者の相場を把握して検討するようにしましょう。

     

     

    不用品回収の割引交渉のコツとは?

     

    不用品回収を業者に依頼する際には、

    値引き交渉が必須と言われています。その理由としては、まず料金設定が業者ごとに行われているため、同じ作業内容でもかかる費用が業者によってずいぶんと異なってくること。あとは、言い方はよくありませんが、往々にして業者は、最初に料金を提示する際には高い料金を設定しており、それで客が了解すれば儲けもの、といった一面があるかもしれません。もともと不用品回収業にかかる料金の多くは人件費や移動費など。そのため業者の営業努力次第で値引きできる余地が大きいのです。

     

    一方、業者同士の競争が激しくなるにつれ、値引き交渉とは別に割引サービスを用意するところも出てきています。まだ導入している業者は少ないものの、こちらの方が客にとっては分りやすく、利用しやすい点が大きな魅力です。

     

    では、不用品回収の割引きには

    どのようなものがあるのでしょうか。まず回収する量が増えれば増えるほど割引きされるサービス。量が多いとその分スタッフの人数が多くなったり、使用するトラックが大型になるなと料金が高くなります。しかし業者にとってはひとつの依頼先で多くの仕事ができるため「おいしい」仕事という面もあります。その分割引きの余地が生まれるのです。この割引のポイントは量が多くなればなるほど割引率そのものも上昇していくことが多い点。たとえば、2tトラック程度の荷物と4tトラック程度の荷物では10%以上違ってくる場合もあります。

     

    それから早割引。引越し業者によく見られるサービスです。業者としてはスケジュールやスタッフの確保の都合から、できるだけ早く依頼を確保しておきたいところ。そのため、早い時期に予約を入れてくれた客に対して割引を適用しているところもあります。対象となるのは、だいたい1週間~10日以上前。不用品回収の場合、できるだけ早く引き取ってもらいたい人が多いためなかなか難しい面もありますが、都合が合うならぜひとも利用したい割引といえます。

     

    逆に当日に依頼すると

    割引が適用される場合もあります。早割とは逆のケースで、予定に空きがある場合、何もしないで人件費だけが発生するよりも、仕事が入った方が業者としては都合がいいわけです。

     

    ただ、当日に依頼となるとすでに入っているスケジュールが優先されるため、引き取るのが夕方以降になるなど業者の都合に合わせなければならない面があります。こうした様々な割引を行っている業者なら料金体系もしっかりしており、安心して任せられるだろう、との安心感もあります。また、値引き交渉と合わせて行うことでますます安く、お得に依頼することができるかもしれません。業者を探す際には割引システムにも目を向けておきたいところです。

     

     

    不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック

     

    業者に不用品回収を依頼する場合、

    どうしても当たり外れが出てしまう場合があります。よい業者を見つけることができるかどうかで大きな差がでますし、賢い処分方法を自分で見つけるかどうかも大きなポイントとなるでしょう。外れを掴まされてしまった場合、悪質な業者に引っかかってトラブルに巻き込まれてしまう可能性も。それを防ぐためには不用品回収に関する基礎知識を踏まえておく必要があります。

     

    不用品回収に関しては、なんでも業者に依頼するのではなく、自分で処分できる分はできるだけしておく努力も必要です。その方が費用を少しでも減らすことができるのです。業者の料金は原則として荷物と作業の量によって決まります。それを少しでも減らしておけば、よりお得になるわけです。

     

    この点のポイントとしては2つ、

    家具家電の回収/処分です。家具は大きくてかさばるため、業者の料金を高くしてしまう大きな要因。一方では、粗大ゴミで処分できる不用品でもあります。時間や運搬の都合がつくならできるだけ粗大ゴミで処分しておくようにしましょう。タンステーブルセットひとつでも処分しておくだけで随分と料金が異なってきます。家電に関しては、家電リサイクル法の対象となっている家電をどうやって処分するか。方法は主に2つあります。

     

    まずリサイクルショップに売る方法。場合によってはお金を払うどころか得ることができます。

     

    もうひとつは燃やせないゴミに出す方法。家電をゴミに出すことができるのを知らない人も多いのではないでしょうか。収集対象は各自治体によって多少の違いがありますが、思いのほか広い範囲で引き取ってくれます。30センチ×30センチ以内の家電だったらまずこちらの処分方法を試してみるとよいでしょう。

     

    それから業者選び。

    お得に依頼できる業者を見つけるためにも、悪質な業者に引っかからないようにするためにも、選び方に注意が必要です。その際に知っておきたいこととしては見積もりをうまく活用すること。これは単に料金を知るための方法ではなく、他の業者と比較する際の材料になるほか、業者の対応を見極める意味でも重要なものです。電話口やホームページでは都合の良いことばかりを言っている業者も、いざ対面して話し合う段階になると化けの皮が剥がれてしまうケースもよくあります。

     

    ほとんどの業者では見積もりは無料ですから、遠慮なく依頼するのが鉄則。ここでひるんでいるようではお得な業者選びはできないといってもよいでしょう。こうした基本的な知識を踏まえておくだけでも不用品回収をよりお得に、安心して利用することができるようになるでしょう。

     

     

    不用品回収の前にチェックするポイントとは?

     

    不用品回収を利用する場合にはいくつかのポイント

    があります。それは注意点であり、また賢く、少しでも安く回収を行うためのコツでもあります。どのようなポイントを踏まえておけばよいのか、見ていきましょう。

     

    まず、自治体の回収/処分をできるだけ利用する。

    税金で運営されている行政サービスを利用しない手はありません。処分できるものはこの方法で処分しておきましょう。たとえば、粗大ゴミの対象となるようなゴミでも、分解・破壊してサイズを小さくすれば一般ゴミとして持っていってもらうことができます。イステーブルなどは比較的簡単に分解・破壊できるので、考慮の対象となるでしょう。あと、面倒がかかりますが、布団も細かく裁断することで一般ゴミとして回収してもらうことが可能です。

     

    それから、燃やせないゴミ。どのようなゴミが回収対象とされているのか範囲がよく分らない人も多いのではないでしょうか。意外といろいろなものを回収してくれるものです。ゲーム機ミニコンポくらいのサイズなら回収してくれますから、試しに出してみるとよいでしょう。ハードディスクなどパソコンのパーツも対象となりますから、パーツ交換を行った際にもうまく利用したいところです。

     

    それから、計画的に不用品処分を行っていくこと。引越し中に不用品が大量に発生した場合は、どうしても時間の都合がつけられないため、一度に回収してくれる不用品回収業に依頼することになります。ただし、量が多ければ多いほど料金が高くなります。できれば時間の余裕を持って回収方法を検討し、粗大ゴミに出せるものは出す、リサイクルショップに引き取ってもらえるものは引き取ってもらうなどできるだけ量を減らす努力もしておきたいところ。そうすることで、回収にかかる出費を大幅に減らすことができます。

     

    あとは、不用品回収業者選び。

    業者に依頼することになった場合は、これが最大のポイントとなるでしょう。業者ごとにサービス内容や料金が大きく異なってくるほか、悪質業者によるトラブルの不安もあります。もっとも都合がよく、料金が安い業者を探したいところ。そのためのポイントとしては、事前に情報収集をしっかり行っておくことが大切です。

     

    業者のホームページ、あと入手できるなら口コミ情報などもチェックしておきましょう。それから見積もりも複数に依頼すること。1社に見積もってもらい、納得したからと言ってそのまま依頼するのはやめましょう。必ず複数の業者に依頼し、比較検討したうえで最終的な判断を下すことが大事です。不用品回収は面倒なもので、時間をとるかお金をとるかでやり方も異なってきます。これらのポイントを踏まえつつ、自分の状況にあわせた方法を選択し、適切な業者選びを行うよう心がけたいところです。

     

     

    使いこなせば便利な不用品回収業者。


    不用品回収業者のメリットは、

    便利さに尽きるといっても過言ではないでしょう。料金の面ではかなりの負担となるため、必ずしもベストの選択肢とはいえない面もあります。引越しの際などは、引越し料金よりも不用品回収の料金の方が高くつくこともままあります。では、不用品回収の便利さにはどのような点があるのでしょうか。他の回収方法と比較しながら見ていきましょう。

     

    まず迅速な対応。粗大ゴミの回収を申し込む場合、あらかじめ決められた日時に不用品を出す必要があります。その日時は翌日、2日後というわけにはいかず、最低でも数日の間があきます。一方不用品回収業の場合は最短なら即日、遅くても2日後くらいには作業に来てくれるでしょう。引越しで時間に迫られている場合などに大きなメリットとなるはずです。

     

    それからどんなものでも回収してくれる点。

    粗大ゴミの場合、家電リサイクル法の対象となっているテレビ冷蔵庫エアコン洗濯機の4大家電に、資源有効利用促進法の対象であるパソコンを合わせた5家電は、回収の対象外となります。これらの家電製品はメーカーや小売店に引き取ってもらうなど法律に基づいた方法で処分しなければなりません。

     

    しかし不用品回収ならこうした面倒はなく、家電リサイクル法の対象外の家電家具といっしょにまとめて引き取ってもらうことができます。時間がない、とにかく量が多い、といった場合にとくに便利になるポイントです。

     

    なお、不用品回収業にはさらに便利なサービスを提供しているところもあります。たとえば、リサイクルショップも運営しているケース。グループ内に不用品回収とリサイクルショップを行っている企業もあります。つまり、不用品回収と買い取りを同時に行ってくれるのです。値段がつくものは買い取り、つかないものは回収/処分する。そうすることで料金を最小限に抑えることができます。

     

    また、完全無料で回収を行っているところ

    も持ち込み限定で、訪問での回収では別途に手数料がかかるのが一般的ですが、非常に便利なサービスです。なおこの場合、原則としては家電製品に限られます。家電製品に含まれるパーツや素材を取り出し、必要とする業者に売却することで無料での回収が可能になっているのです。

     

    引越し業者が不用品回収も行っていることがあります。こちらは引越し料金に回収料金が上乗せさせることになります。便利さ、手間のかからなさではこれが1番でしょう。引越しと回収を別途に頼む場合とどちらが安いのかも比較しながら検討してみるとよさそうです。こうした様々なメリットのなかから、自分に最も適した方法を選べばよいわけです。

     

     

     

    不用品回収

    社長の小話。テーマ「基本料金の実態」


    基本料金というのは難しく考える必要はありません。いろいろな情報が飛び交っていますが、基本料金は基本料金です。基本的にかかる料金のことですよね。基本として、原則として、まず根本的にかかる料金。例えば、ガソリンを入れなければ車が動かないように、そういう基礎的な部分にかかるお金のことが基本料金なのです。

     

    例えば東京都日野市から千葉県鎌ヶ谷市までは50km近くありますが、日野のお客さんの家から鎌ヶ谷のお客さんの家まで行ったとしましょう。それだけで、ガソリン代は結構行きますよね。車(タイヤ、エンジン)もそれだけ消費します。それが往復となるとどうでしょうか。そう考えたら、基本料金がかかるということは難しく考える必要はなく、まず基本的に人間を動かすとなった場合にかかる費用、と考えれば間違いありません。

     

    マンションには『管理費』というものがあります。大家さん等が掃除をしたり、基本的な建物の維持のメンテナンスをしたり、苦情の管理をしたり。家賃の管理や、夜逃げ、自殺者の部屋の整理等、考えたくはありませんが、『それを考えなければいけない』わけで、その為にかかる費用、経費、報酬という位置づけが、その管理費なんですね。

     

    わけのわからない詳細不明の支出にはイラっとするのが人間の心理だと思いますが、こうして考えると、見えない部分の最適化をするために対価を払うのは、特に外国のチップ文化が根付いている様子などを考えても、納得がいくでしょうか。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  • 不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP