広告

 

> > > >

 

不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較


不用品回収

 

不用品回収業者は買い取りもしてくれる場合があります。その際は、リサイクルショップ等と料金を比較する、それらにかかる一連の手間を考察する等、様々な面から買い取りを検証しましょう。

 

目次


  • 不用品回収業者の買い取り
  • 社長の小話『売却を考えるなら』
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

     

    不用品回収業者の買い取りとリサイクルショップの比較

     

    不用品回収の方法は大きく分けて

    処分と買い取りの2種類があります。引越し大掃除の際に大量の不用品が発生した場合には手っ取り早いこともあり処分を選ぶ人がほとんど。また引越しの場合は時間的な都合もあってすべて一気に処分してしまう人が多いようです。ただ、できれば買い取りもうまく活用したいところです。

     

    買い取りのメリットはいくつかあります。まずなんといってもお金が手に入ること。もう使わない、いらないもの、しかも捨てるしか用途がないものを買い取ってもらってお金に買えることができるなら一石二鳥。これほどおいしい話はないでしょう。とくに電化製品の中にはまだまだ使えるものも多いですから、思わぬお小遣い稼ぎになることもあります。

     

    また、まず買い取りをしてもらい、不用品を減らすことで処分にかかる費用を減らすことができます。不用品回収業者に処分を依頼する場合、不用品に価値があるかどうかは料金に関係ありません。価値のあるものは買い取りでお金に替え、値段がつかないものだけを回収/処分してもらえばよいわけです。

     

    もうひとつ、

    家電に関しては家電リサイクル法の関係もあります。テレビ冷蔵庫エアコン洗濯機といった家電リサイクル法の対象となっている家電は、法律に基づいた回収・再利用が義務付けられています。そのため、小売店に回収を依頼したり、その際にリサイクル料金がかかるといった面倒が伴います。買い取りならそんな面倒を省くことができますから、この点でもメリットがあります。

     

    不用品回収の買い取りにおけるポイントとしては、まず時間の余裕を持って行うこと。冒頭に挙げたように引越しのような時間の制限がある場合にはなかなか余裕がもてず、結局は不用品回収業者に任せておしまいになってしまいます。

     

    また、買い取り先には2つの選択肢

    があります。ひとつは不用品回収業者。買い取り・販売も行っていたり、グループ内のリサイクルショップに流通させている業者もあります。この場合、引取りと買い取りの両方を一緒に依頼することができるので非常に便利です。

     

    もうひとつはリサイクルショップ。幅広いジャンルを一度に買い取ってくれるので不用品が大量に発生した場合には便利です。正直なところ買い取り価格に関してはあまり期待できませんが、手軽さにおいて大きなメリットがあります。なお、リサイクルショップによっては値段がつかないものに関しても無料で引き取ってもらえる場合もあるのでその点をあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

     

    不用品回収業者に一度に引き取ってもらう方法に比べ面倒が増えるかもしれませんが、その分お金を得ることができます。新しい家電・家具を買い換える場合、あるいは引越しの際などの出費の足しとなってくれるはずです。

     

  • リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント
  •  

     

     

     

    社長の小話。テーマ「売却を考えるなら」


    地デジテレビを買った時に「念願の大画面」と感動した方も多いのですが、現在ではそれに馴れてしまっています。そのような「大きい」という感覚を持ち続けるためには、部屋のサイズに対して明らかに「大きい」と感じるくらいのものでなければいけません。

     

    売却を考えているなら、間違いなく不用品回収業者ではなく、その他の手段を選んだ方が良いですね。リサイクルショップ、質屋、色々手段はあると思います。いわゆる不用品回収業者というのは、『そこで売れなかった物品』を回収してくれる業者と考えた方が妥当ですね。もちろんそれは言い方次第ですけどね。家に査定に来て買い取って、持って行ってくれた業者を、不用品回収業者というのであればそうなりますが、でも現段階で一般的に広がっている不用品回収業者というのは、前述したような業者のことを指します。

     

    少しでも合理的に全ての不用品を処分したいのであれば、あらゆる業者を使い分けるのが一番いいかもしれません。粗大ゴミ、回収業者、買い取り業者、質屋、バイヤー、友人譲渡寄付・寄贈。一度不要品をリストアップし、その不用品の横に一つずつどこに当てはまるかをチェックする。そして部屋にわかりやすように分別しておいて、それをそれぞれに手際よく分別し、売却したり費用を払って処分をする。もっとも、そんな合理的な人がいるかどうかは別です。いたら私は尊敬しますけどね。私も合理的なタイプなので。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • おすすめの不用品回収業者とは?
  • 不用品回収サービスを利用する利点やタイミングとは?
  • 不用品回収の前にチェックするポイントとは?
  • 不用品回収業者の間違いのない選び方とは?
  • 不用品回収業者の比較に役立つ注意点
  • 不用品回収にありがちなトラブルを確認する
  • 格安の不用品回収のコツとそれに伴うリスクとは?
  • 不用品の片づけの際に役立つ2つのポイント
  • 不用品回収の評判をチェックする際の必須項目
  • 不用品回収の依頼前にお得な情報をチェック
  • 押さえておきたい不用品回収の2種類の見積もり
  • 不用品回収の流れを事前に確認する
  • 不用品回収の割引交渉のコツとは?
  • 使いこなせば便利な不用品回収業者。
  • 不用品回収業者についての情報を得て、安心の処分を。
  • 不用品回収の相場とは
  • 不用品の賢い捨て方とポイント
  • 不用品回収業者の口コミは自作自演に注意
  • 不用品回収のチラシについてじっくり考察する
  •  

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP