広告

不用品処分

 

 

> > >

 

不用品回収に関する3つの背景

 

チラシ

不用品回収業者に頼むメリットはありますか?

チラシ

希望日時に回収可能や、粗大ゴミで出せないような2mを超える長さのものなど回収してもらえます。

 

しかし、粗大ゴミよりも料金が高くなるというデメリットもあるので、業者と相談して決めることをお勧めしています。

 

目次

 

不用品回収をする理由についての情報を確認して、業者に依頼をすることのメリットやデメリットを知り、不用品を最適な方法で片付けていくことが必要です。

 

チェック

 

  • 不用品回収とは
  • メリット
  • デメリット
  •  

     

     

    不用品回収を依頼する意味とは

     

    説明

     

    不用品回収とは文字通り不用品、いらなくなったものを回収してくれる業者です。大量製品・消費によってなりたっている現代の日本社会において急速に需要を増しているビジネスでもあります。日常生活を送っていれば、どうしても不用品が生じるものです。衣服や書籍などの場合は行政のゴミ回収に出せばすぐに処分することができますが、家具や家電といった大型の物になるとそういうわけにはいきません。粗大ゴミとして引き取ってもらう必要があります。その際にはいろいろな手続きが必要だったり、制限が設けられます。家電リサイクル法の影響で家電製品の回収が面倒になった面もあります。

     

    また通常のゴミ回収で引き取ってもらえるようなものでも大量に発生した場合は厄介です。引越しの際、あるいは亡くなった人の遺品整理を行う際などには大量の不用品が発生します。処分するための時間も限られていることから、ゴミ回収や粗大ゴミだけではとても間に合わないわけです。

     

    不用品回収はそんな時に役立ってくれます。業者に連絡すれば自宅まで訪問してくれ、不用品をすべて回収してくれます。とくに電化製品の回収への需要が高く、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などを回収する業者が多く存在しています。電話やインターネットで申し込みを受け付けているほか、トラックで巡回しながら宣伝を行っているケースも見られます。かつては無料を謳い文句にして巡回している業者が多く見られましたが、近年では無料を謳い文句にしながらいざ回収の段階になると料金を請求する悪徳な業者が増えてきたこともあり、あまり耳辺りのよい宣伝は行われなくなっています。

     

    なお、回収された不用品はさまざまな目的・ルートで再利用されます。処分する人にとっては不用品でも、業者にとっては決して不用品ではないのです。とくに家電の場合は古くなったものでもそこに使用されている金属を取り出したり、特定のパーツのみを再利用することによって商品にすることができます。まだ再利用が十分に可能な場合は、クリーニングや整備を行ったうえで中古製品として流通にのせられることになります。このように、不用品回収業者はただいらないものを処分するだけの存在ではなく、モノを社会に循環させ、無駄を省く役割も担っているのです。

     

    引越しの際に大量の不用品を抱えて困っている人や、ブラウン管のテレビやパソコンのモニターなど処分の方法がわからずに困っている人も多いでしょう。そんな人は不用品回収の利用を検討してみるとよいでしょう。

     

     

    不用品回収を依頼することのメリット

     

    メリット

     

    引越し作業などによって大量の不用品が発生してしまった場合、それをどうやって処分するかが大きな難問として立ちはだかります。これらを処分しない限り作業が滞ってしまいます。そんな時に役立つのが不用品回収業者です。

     

    まず急ぎの際に迅速に対応してくれること。行政のゴミ回収の場合、あらかじめ定められた日時にゴミ収集所へ出す必要があります。それまでは不用品を家に保管しておかなければならないのです。引越しの日時が迫っている場合には大きな問題となりますし、そうでなくても家のスペースが狭くなって不便な思いをすることになります。また、粗大ゴミの場合はあらかじめ申し込んだうえで指定の日時に回収してもらうことになるため、なおのこと時間がかかります。

     

    不用品回収業者なら電話一本(メール一通)、インターネットでの申し込みだけで自宅まで訪問してくれます。まずその場で見積もりを行い、納得すればスタッフが回収してくれます。急いでいる場合にはすぐに回収してもらうこともできますし、そうでない場合には見積もり金額をよく検討したうえで都合のいい日に改めてきてもらうことも可能です。迅速なだけでなく、使い勝手のよさも不用品回収の大きな魅力となるでしょう。

     

    また面倒がない点も魅力です。資源の再利用か、処分の効率化などのため、行政のゴミ回収は細かい分別が求められるようになっています。大量に不用品が発生した場合、わざわざ分別するのが非常に面倒ですよね。どこに分類すればよいのかよくわからないものも出てくるでしょう。また家電製品の場合家電リサイクル法に基づいて処分する必要がありますが、ブラウン管テレビのように古い製品の場合、どうやって処分すればよいのかわからないケースもあります。不用品回収業者に依頼すればそんな分別もすべて業者が行ってくれますから、事前に不用品を一ヶ所にまとめておくだけで済みます。

     

    力仕事を全部行ってくれる点も忘れてはならないポイントとなるでしょう。たとえばベッドやタンスなど、粗大ゴミに出そうと思っても大きすぎてとても持ち出せない、指定の回収場所まで持っていけない、といったケースも多いものです。男手が少ない場合には手も足も出ない、といったこともあるでしょう。家電の場合も洗濯機や冷蔵庫などは一般家庭では運べないことが多いもの。そんな大きくてかさばる不用品も、業者に依頼すれば何の問題もなく引き取ってもらうことができます。

     

    このように、不用品回収業者を利用すれば処分の際につきまとういろいろな問題、手間を一気に解消することができます。いらないものの処分に時間と労力をかけるのはバカバカしいと思う人も多いはず。こうした業者のメリットをうまく活かしてみてはいかがでしょうか。

     

     

    不用品回収依頼をすることのデメリット

     

    デメリット

     

    不用品回収業者に依頼すればあっというまに家庭の不用品をひきとってくれます。大型家具、家電リサイクル法の対象になっている家電製品から大量の衣服まで制限は一切なく、一括して引き取ってくれるのが大きな魅力です。引越しや大掃除の際に大量の不用品が発生した場合には非常に魅力的な選択肢となります。ただ、不用品回収にはメリットだけでなく、デメリットもあります。その点を踏まえたうえでしっかりと検討する必要もあるのです。ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

     

    まずお金がかかること。これが最大のネックと捉えている人も多いでしょう。軽い気持ちで依頼してみたところ、見積もり金額を見て驚いたという人も少なくないようです。

     

    実際のところ、不用品回収の料金はかなり高いです。回収する不用品の種類や量によっても異なりますが、引越しや遺品整理などある程度まとまった量の不用品を処分する場合には最低でも10万円は覚悟しなければならないと考えた方がよいでしょう。引越し代以上に高いお金がかかってしまうこともあるのです。行政のゴミ回収なら無料、粗大ゴミでもひとつ数百円程度。この料金の違いはバカにならないポイントとなります。

     

    もうひとつはお金とも関わってきますが、業者ごとにサービスの質が異なってくること。同じ仕事をするわけですから、サービスや料金もそれほど変わらないだろう、と思ったら大間違い。業者ごとにサービスの質が驚くほど異なってきます。試しに複数の業者に見積りを依頼してみるとよいでしょう。同じ量の不用品を処分するにも関わらず数万円単位の差が出てくることも珍しくありません。つまり事前に業者の選択を綿密に行う必要があるわけです。依頼すれば迅速に対応し、あっというまに不用品を回収してくれるわけですが、そこにいたるまでに少なからぬ手間と労力が求められます。

     

     

    ポイント
  • 回収業者は便利だが金額など注意が必要
  • お金関係でトラブルが起こることもある
  • 粗大ゴミに出せないものも引き取ってくれる
  • 希望の日時に回収可能
  •  

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP