広告

 

> > >

 

環境に与える問題や対策に関する15の項目

 

チラシ

廃棄物を処理する時に起こる問題、法律はどのようなことがありますか?

チラシ

一番多く問題になっているのは、ゴミの不法投棄です。

 

不法投棄をした場合には、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金刑に処せられることになります。取り締まりは年々強化されていますが、なかなか無くならないのが現状です。

 

目次

 

エコ活動の内容や詳細、環境問題の原因を確認、理解することが必要になります。すぐにできる身近な取り組みから始めることが地球を守ることにつながっています。

 

チェック

 

  • エコ活動とは
  • エコビジネス
  • 現在の環境問題
  • 環境問題の原因
  • 環境活動
  • 環境とは
  • 感染性廃棄物
  • 地球温暖化
  • 環境汚染
  • 温暖化対策
  • 災害の廃棄物
  • 世界の環境問題対策
  • 自然環境の問題
  • 環境問題への取り組み
  • 地球環境科学
  •  

     

     

    エコ活動とは

     

    リサイクル

     

    エコ活動とは、個人でも企業でも「地球の環境に優しいことをする」という活動のこと。一人一人が毎日の生活の中で心がけることができる活動もあれば、企業が大きな稼働力を生かして行う活動まで、様々な規模と種類のものがあります。私たちが普段の生活の中で簡単にできるエコ活動は、大きく分けると4種類に分類できます。

     

    水のエコ活動

    ・調理で残った油は流しに捨てず、固めて捨てたり新聞紙にしみこませて、燃えるゴミとして捨てる。
    ・油がベタベタした食器をそのまま洗うのはNG。古新聞などで油をふき取ってから洗う。
    ・洗剤はたくさん使わない
    ・味噌汁は残るほどたくさん作りすぎない。なるべく流しに流さないようにする。
    ・水は出しっぱなしにしない。

     

    空気のエコ活動

    ・車がなくても行ける場所なら車は使わない
    ・アイドリング(寒い冬に行う暖気など)は二酸化炭素の排出量が増えるのでNG。
    ・急ブレーキや急なアクセルは避ける。
    ・無駄にエアコンを使わない。

     

    ゴミのエコ活動

    ・ゴミの分別はきちんと行う。
    ・ゴミの量を増やさないように、無駄なものを買わない。
    ・野菜はできるだけ全部使い切る。
    ・スーパーでの買い物にはマイバッグを持参する。

     

    騒音のエコ活動

    ・エアコンの室外機はとてもうるさいので、こまめにメンテナンスを行う。そのことで最低限の電力で動かすこともできます。
    ・テレビや音楽は無駄にボリュームを大きくしない。

     

    これらのエコ活動は、すべて私たちが普段の生活の中で簡単に行えるものばかり。常に省エネを心がけて、無駄なものを購入しないようにするだけでも地球環境保全に貢献することができます。また、こうしたエコ活動は家計にとってもプラスになってくれるはずですよ。

     

     

    エコビジネス

     

    説明

     

    地球の環境破壊が深刻になるにつれて台頭してきた新ビジネスの一つに、エコビジネスがあります。エコビジネスは地球の自然環境改善に貢献するようなビジネスや商品、サービスなどを提供しているビジネス。その中でも特に知名度が高いエコビジネスは、ゼロ・エミッションと呼ばれるものではないでしょうか。

     

    ゼロ・エミッションは、産業によって排出されるゴミや廃棄物、排出物や排水をゼロにすることを目指して取り組むエコビジネスで、リサイクルされた原料を使って製品開発を行ったり、二酸化炭素などの有害物質を排出しないような代替原料によって製品開発を行うなど、幅広い分野で活躍できる可能性を秘めています。

     

    例えば、魚の流通過程でゴミとして排出されていた「魚の鱗」に含まれている成分に着目して、栄養ドリンク剤などの製造に魚の鱗を資源として再利用するビジネスも、立派なエコビジネスですよね。特に、魚の鱗に含まれているDHAやコラーゲンなどは健康効果や美容効果が高いことでも注目されているので、ニーズもかなり高くなっています。

     

    また、車のタイヤやゴム製品を製造するプロセスで出てきた「端材」や「廃タイヤ」などの素材をリサイクルして、弾性のある道路舗装材として再利用できているのも、エコビジネスが大成功を収めた例ではないでしょうか。環境汚染を徹底的に軽減して、今ある原料を徹底的にリユース・リサイクルすることで地球にこれ以上のダメージを与えないエコビジネス。投資信託では、エコファンドと呼ばれる金融商品にもなっていて、今後の成長が注目されています。

     

     

    現在の環境問題

     

    人間が生活していれば、大小さまざまなゴミが出ます。その中には、まだまだ使えるけれど自分の生活には必要なくなってしまった不用品もあれば、もう製品としては使うことができない「ゴミ」などもあります。

     

    例えば、新しく家電製品を買い替えた際には、古くなった家電製品はまだ使えていても必要なくなりますよね。これは、粗大ゴミではなく、不用品として業者に回収してもらうことによって、業者が修理をしてリサイクルやリユースすることができます。しかし、粗大ゴミとしてゴミ処理業者に引き取ってもらうと、その商品はリユースの可能性がなくなってしまい、ゴミとして処分されることになります。

     

    地球上で生活している人たちのすべてが、毎日の生活の中で少しずつゴミを出しています。大きなゴミもあれば小さなゴミもありますし、地球の成分として土に還るゴミもあれば、プラスチックや金属などの化学成分が使われていることによって土に還らないゴミもたくさんあります。こうしたゴミが蓄積されて、どこでどのように処理してよいのかわからなくなっている状態が、現在の環境問題にもつながっています。

     

    ゴミはできるだけ出さないようにするのが、環境問題をこれ以上大きくしないことにもつながります。そのためには、使えるゴミは粗大ゴミではなく、不用品として正規のルートで引き取ってもらったり、リサイクル業者を利用して中古販売してもらうなど、私たち一人一人が気を付けることでゴミを減らすこともできるのです。

     

     

    環境問題の原因

     

    地球レベルで深刻な問題にもなっている環境問題。環境問題の原因は一つだけではありません。

     

    地球資源の枯渇

    水や植物など、地球がもともと持っている資源は無限に存在しているものではありません。長期的なビジョンを考えずに大量消費をし、不要になったゴミを一方的に大量破棄してきたことが、地球資源の質が悪化したり、枯渇に繋がってしまっているのです。

     

    合成化学物質

    人間の技術によって作り出された化学物質の中には、ダイオキシンや環境ホルモンのように地球の循環システムに戻してもなかなか分解されない物質も少なくありません。地球の循環システムで分解されない物質は、生態系や地球資源にマイナスの影響を及ぼしてしまいます。

     

    温暖化

    産業発展に伴って深刻となった地球温暖化。石油や石炭などの燃料を大量に消費してきたために、地球上の二酸化炭素の量が危険なまでに増加してしまっていることが原因といわれています。

     

    オゾン層の破壊

    産業発展に伴って私たちの生活がどんどん便利になる中、冷蔵庫やエアコンなどの家電に使われるフロンガスの量が多くなり、地球を紫外線から守っている役割をしているオゾン層を破壊し始めました。フロンガスは車のエアコンなどにも使用されていますし、ヘアスプレーなどにも含まれているので、私たちの生活にはとても身近な存在。それらが蓄積されることで地球の環境を破壊しているのです。

     

    地球

     

    これらの原因が相互に影響し合いながら地球の環境はどんどん悪くなっています。国同士の話し合いも大切ですが、私たちの一人一人が気を付けることによって、環境問題をこれ以上深刻にしないよう努力することも大切ではないでしょうか。

     

     

    もしもオゾン層が完全に消滅したら?

     

    さらに詳しく『引用:もしもオゾン層が完全に消滅したら?(読んで納得地球の疑問)』

     

    人類は絶滅するのでしょうか?地球は死の星になるのですか?

     

    オゾン層によって生物は陸上に上陸できた

     

    まず、オゾン層はどのようにしてできたのかを考えてみましょう。地球が誕生したのは約46億年前で、当時の待機にはオゾンどころか酸素も存在しませんでした。できたばかりの地球では小さな星がぶつかり合い、熱を宇宙に向けて放出していました。同時に地球内部にある水蒸気や一酸化炭素などのガスが蒸発していたため、このガスによって熱が逃げにくく、地球表面の温度は1000度で、マグマの海の状態でした。

     

    このマグマが冷え、地球表面の温度が一定のバランスを取るようになり、そこから水蒸気が雨として地表に降り注ぎ、海が出来ました。そして38億年前に、この海の中で人間の進化のもととなる生命が誕生しました。当時は太陽から大量の紫外線が射していた為、地表で生物は生存できず、有害な太陽紫外線から守ってくれる水の中で生命が誕生したと推測されています。

     

    この水中に誕生した緑色生物(シアノバクテリア)の行う光合成によってつくられた酸素が少しずつ空気中にし見出し、これによりオゾンが生成されました。空気中の酸素量が増えるにつれ、生物の繁殖できる範囲も広がり、新しい光合成生物が現れ、酸素量はさらに増え続けます。そして、空気中の酸素量が現在の10分の1程度の量に達したときにオゾン層がつくられました。地球全体にオゾン層がつくられたのは4.5億年前で、これによって地表に降り注いでいた紫外線量が減少し、約4億年前に植物が陸上に進出できるようになります。

     

    陸上に緑色植物が存在するようになり、光合成によってつくられた酸素は全て大気中に放出され、大気中の酸素は急激に増加し、それに伴いさらにオゾン層も増加し、生物にとって生活しやすい現在の地球環境がつくられました。

     

     

    死の星にはならないが

     

    このように、オゾン層は地球上の生物がつくったもので、現在の地球環境は、大気中の酸素やオゾン層のバランスの上に維持されています。オゾン層とは、地表15~50kmのオゾン濃度の高い部分を指し、全大気の1000万分の3程度しか存在しませんが、地球上の生命を守るのに重要な役割を担っています。

     

    このオゾン層が完全に消滅したら、オゾン層がつくられていなかった4.5億年前のように、地表で生物が生きていくのは非常に難しいでしょう。人間も、紫外線防護服などを着用しないと、地表で活動ができなくなります。それに伴い、土壌や水中の生態系にも影響が及び、いずれ地球は生物のいない世界になるでしょう。1970年代半ばにアメリカの学者によってフロンによるオゾン層の層の破壊が指摘され、1982年にオゾン濃度が低いオゾンホールが観察され、その面積は2000年代半ばに最大となりました。しかし、現在フロンを含む破壊物資の製造・使用が規制されており、2065年ころにオゾンホールはふさがると予測されています。(平山明彦氏)

    ─抜粋『読んで納得地球の疑問』 出版:技術評論社 29~31P

     

     

    環境活動

     

    深刻な地球の環境汚染の責任は、一般市民だけでなく、私たちの生活を豊かで便利にしてくれた企業側にもあります。企業が商品の製造過程で排出する二酸化炭素や廃棄物、不要物、排水などの量は一般家庭から排出されている量とは比較できないほど。環境をここまで破壊したのは、企業に大きな責任があると言っても過言ではありません。

     

    そんな中、それぞれの企業は商品開発や製造活動を行う傍らで、環境活動にも力を入れています。環境活動とは、地球の環境にプラスとなる活動を積極的に行うことで、環境に優しい商品開発に力を入れたりすることですが、企業の利益を利用して、植林など環境に優しい活動を行う企業が多いようですね。

     

    企業の中には、ペットボトルはすべてリサイクル原料のみを使用するだけでなく、できるだけ少量の原料で作れるペットボトルを開発したり、ペットボトル飲料を販売している自動販売機の機械もリサイクル資源によって作られたもののみを使用するなど、かなり徹底している企業もあるようです。また、企業が環境への投資として、豊かな自然を守りつつ子供たちが自然と触れ合いながら楽しめるようにと公園が作られたりするなど、それぞれの企業ごとにオリジナリティあふれる環境活動が行われています。

     

    環境活動は、企業だけに課せられている責務というわけではありません。私たち一人一人が毎日の生活の中でできる環境活動もたくさんあります。例えば、近くに行くなら自動車ではなく徒歩や自転車を使ったり、スーパーの買い物にはマイバッグを持参してビニール袋は使わないようにしたり、庭やベランダでは植物をたくさん育てて大気汚染の緩和に強力するなど、個人が簡単にできる環境活動もたくさんあります。

     

     

    環境とは

     

    「環境」とは、私たちが生活するうえで影響を及ぼしたり関係がある複数の要素や条件のこと。定義を述べると何となく複雑な気もしてしまいますが、人間やそのほかの生態系が生きるうえで関係を持っている「水」「太陽」「大地」「植物」などの要素のすべてをまとめて「環境」と呼んでいます。人間という存在を中心に考えた場合には、人間を取り巻く環境には、こうした自然的な要素が多くなるようです。

     

    「生活しやすい利便性」も、人間にとっての生活環境を決める大きな要素になります。利便性とは、交通機関が充実しているとか、ショップが多くて買い物に便利だとか、工場や企業などの職場からそれほど遠くない距離で生活しているとか、そういった人工的な要素も、環境を決める要素の一つとなります。

     

    環境は、何を主体として考えるかによって、プラス要素やマイナス要素が変わってきます。例えば、人間の生態系や食物連鎖など、古代から変わらない人間の「生きる」という部分を主体にして環境を考えた場合には、海や川の水、山や大地、太陽の光など自然の要素はすべてプラス要素となりますが、工業の発展はマイナス要素となってしまいます。一方、経済の発展を主体に考えれば、工業の発展は必ずしもマイナスの要素にはなりかねません。経済が発展するためには産業の発達は必要不可欠で、産業が発達することによって人間の生活がより豊かで便利になっていくからです。自分を取り巻く状況によって、周囲のどの要素がプラスになるかマイナスになるかが異なるのが「環境」。シンプルに見えても意外と複雑ですね。

     

     

    感染性廃棄物

     

    感染性廃棄物とは、その廃棄物(ゴミ)を取り扱うことによって、感染症を引き起こすリスクがある廃棄物のことで、病院などの医療機関から出される廃棄物は、感染性廃棄物として扱われるのが一般的です。医療機関が出すゴミの中には、紙屑、包帯、脱脂綿など、そのまま燃やしても問題なさそうなゴミもあれば、注射器などのように、見るからに危険なゴミもありますよね。しかし、医療機関から出される廃棄物は、すべてが感染性廃棄物として処理されます。

     

     

    感染性廃棄物には、種類によって3つのカラーに分類されています。

     

    黄色

    注射器やメス、ガイドワイヤー、輸血セット、ハリのついたチューブなど、鋭利なものはすべて黄色カラーの感染性廃棄物となります。そのほかにも、病原微生物がついている試験管やシャーレなども、鋭利ではありませんが黄色カラーに分類されます。血液、体液、組織が付着しているものも、鋭利でなくても黄色カラーに分類されています。

     

    オレンジ色

    研究のために使用されたガラス片などの固形物は、オレンジ色の廃棄物となります。血液、体液、組織などが付着していたり、手術で使ったガーゼや手袋なども、鋭利でない固形物ならオレンジ色の取り扱いとなります。感染症の患者に使用した機材などは、鋭利でなければすべてオレンジ色の廃棄物となります。

     

    赤色

    明らかに血液が付着しているわけではないプラスチックなどは、非感染性廃棄物として、赤色の分類となります。手術の際に使用したエプロンや手袋、栄養チューブなどのビニールやプラスチック機材、点滴や採尿のバッグなども赤色の分類です。

     

     

    地球温暖化

     

    温暖化地球

     

    地球温暖化とは、地球の平均気温がどんどん高くなること。地球の気温が少しずつ高くなることによって、私たちの生活に多くのマイナスの影響が出てきています。平均気温が高くなることによって北極や南極の氷が溶けてしまい、それが海面上昇をもたらしたり、その海面上昇によって海中に沈んでしまう場所もあったりするわけです。また、気温の上昇によって気流にも影響が出て、気候や降雨に変化が見られたり、異常気象が起こりやすくなるなどの影響もあります。

     

    地球温暖化の原因となっているのは、主に二酸化炭素の排出です。工業の発展に伴って私たちの生活はどんどん便利になりましたが、それとともに石油や石炭を燃焼することによって二酸化炭素が大量に大気中に排出されるようになりました。二酸化炭素の排出や、発電に伴う燃料の燃焼だけでなく、自動車や電車、飛行機などのエンジンから排出されたり、工場から出される排ガスにもたくさん含まれています。通常なら、二酸化炭素を減らしてくれる森林が大気中の二酸化炭素量を減らしてくれるはずなのですが、森林伐採によって森林が激減したこともあり、大気に排出される二酸化炭素の量は急増するばかり。それが、地球の温暖化を引き起こしています。

     

    二酸化炭素は地球の大気を包み込む毛布のような役割をしているため、地球の熱が地上にどんどん蓄積されてしまいます。地球温暖化を食い止めるには、この二酸化炭素の毛布を外すことしか方法はなく、そのために世界各国で温暖化対策が講じられています。

     

    温暖化とは、地球上の大気が冷やされることなく熱がこもってしまい、地球上の平均気温が高くなってしまうという現象のことです。地球の温暖化を引き起こしているのは、二酸化炭素やフロンガス、メタンや窒素などの物質で、産業が発達して人間の生活が便利になるほどに温暖化もスピードアップし、現在では地球レベルで深刻な問題となっています。

     

    地球を取り囲んでいる大気には、産業が発達していなかった古代から、温暖化の原因となる物質は大気中に含まれていました。それによって、地球は生命体が存在できるほどの気温をキープできたのです。しかし、産業の発達や森林伐採などによって、二酸化炭素やフロン、メタン、窒素などの物質が大気中にぐんと増え、二酸化炭素を酸素に変えてくれる森林の量が激減したことに伴って、地球が適温を保てなくなってしまいました。例えるなら体を覆っている毛布がどんどん厚くなり、体が熱くても毛布を取れない状態になっているわけです。

     

    温暖化が進むと、生態系や気候などに大きな影響が出てきます。多雨な地域では洪水が増え、乾燥地帯では干ばつが深刻化するなど、人間の生活や農業などにも大きな影響が出てしまいます。日本においても、温暖化によって夏の気温が高くなり、暑い期間が長くなるので、熱病や感染症が起きる確率も高くなってしまいます。それによって、体力がないシニア世代の死亡率の増加も考えられます。以前なら熱帯地域でしか発生しなかったマラリアなどの感染症でも、雨の多い日本なら、気温が上がることで発生するリスクもゼロではありません。

     

     

    環境汚染

     

    環境汚染とは、自然環境である水や空気、土壌などが有害物質によって汚染されてしまい、それが自然界で生活している生物に影響を与えてしまう行為のこと。自然環境を汚染する有害物質にも多くの種類があり、人間が産業の力によって作り出したPCBやDDTなどの「自然界には存在していない化合物」もあれば、水銀やカドミウム、ウランやヒ素など「もともとは自然界に存在していた物質で有毒なもの」もあります。

     

    環境汚染は、私たちが無神経にゴミをポイ捨てすることでも進行してしまいますが、工場などの産業活動を行っている施設が大量の汚染物を自然界に撒き散らすと、環境破壊も地域周辺では短期間に深刻な社会問題にまで発展することも少なくありません。環境汚染をなくすためには、工場から排出される排水は浄化処理を行ってから自然界に戻す配慮が必要だったり、できるだけ環境を破壊しないようなエネルギーを使ったりして、エコな方法や技術を採用することも必要です。

     

    環境汚染は制度化されていて、環境法という法律によって環境基準や環境税などが決められています。環境汚染や環境問題を専門に取り扱っている環境コンサルタントやカウンセラーの仕事は、環境問題が深刻になるにつれて人気が急上昇している仕事となっているのも興味深いですね。日本ではまだまだ改良の余地がたくさん残されている環境汚染問題。環境大国でもある北欧の技術などを上手に取り入れながら、環境汚染にストップをかけてエコな国へと生まれ変わりたいものです。

     

     

    温暖化対策

     

    説明

     

    世界レベルで温暖化対策が行われている中、日本でも温暖化対策としていろいろな方法が試行錯誤されています。温暖化対策は、現在進行している温暖化をストップさせるための対策と温暖化をストップできない事態に備えての適応策の二つに分類できます。

     

    現在の温暖化を緩和させるための対策

    産業の発展においては二酸化炭素の排出がやむを得ないと考えられていたのは過去の話。近年では、地球の温暖化を悪化させることなく産業が発展できるような環境整備が早急に求められています。石炭や石油などを燃焼すると大量の二酸化炭素が排出されてしまうため、エネルギー供給の代替策として風力発電や太陽光発電、原子力発電が採用されたり、少ないエネルギーでもエネルギーを分散させることで大きな効果を得ることができるコージェネレーションや地熱供給なども進んでいます。また、排出された二酸化炭素を大気に撒き散らすのではなく、特定の場所に収集して温暖化をストップできる成分へと変換する計画なども進行しているようです。

     

    温暖化に適応するための対策

    海抜が低いエリアでは、地球温暖化に伴って海面の上昇が懸念されるので、海面が上昇することを想定して住居を高床式にしたり、堤防を高くするなどの対策が必要となります。また、温暖化に伴って気流や気候のパターンも変わり、降雨量にも変化が起こることが考えられます。異常気象が起きたりすることも予想され、感染症が拡大しないためのワクチンを増やしたり、検疫制度を厳重化するなどの対策も必要となります。そのほかにも、食糧確保や生態系への影響や対策なども求められています。

     

     

    災害の廃棄物

     

    災害によって出たゴミ(廃棄物)は災害廃棄物と呼ばれていて、倒壊したビルのがれき、コンクリートや金属の塊、倒壊した木など、その種類や材質は多種に及んでいます。災害の規模によって発生する災害廃棄物の量は異なりますが、阪神淡路大震災の場合には800万トン、能登半島地震では43万トン、東日本大震災ではまだ完全に把握し切れていませんが、3000万トンともいわれている膨大な量の災害廃棄物が出ています。

     

    災害廃棄物は災害によって発生するため、全国どこでも平均的に発生しているわけではありません。災害が起きた地域で短期間で大量に発生するというのが、災害廃棄物の特徴です。廃棄物は、家庭から出される一般廃棄物の場合には一般廃棄物処理場で処理され、工場などから出される産業廃棄物の場合には産業廃棄物処理場で処理されるという決まりがあり、それぞれ管轄が異なります。災害廃棄物の場合には、家庭の廃棄物も工場の廃棄物もすべて混ざっているため、基本的には一般廃棄物という扱いになり、それぞれの市町村が管轄している清掃工場やクリーンセンターなどで処理することになります。

     

    ただし、東日本大震災などのように処理施設も倒壊していたり、近隣の清掃工場でも処理しきれないほど大量の災害廃棄物が出ている場合には、全国の廃棄物処理施設がサポートしてスピーディに処理できるような助け合いも行われているようです。ちなみに災害廃棄物の中には、アスベストや放射能のように有害物質が含まれていることもあるため、東日本大震災では多くの自治体が災害廃棄物の受け入れを躊躇するという事態も起きました。

     

     

    世界の環境問題対策

     

    世界の環境問題には、地球温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨、森林破壊、砂漠化など、例を挙げたらきりがないほど深刻になっている問題がたくさんあります。そんな中、それぞれの国が集まって地球の環境を守るために様々な対策が講じられています。

     

    ・地球温暖化(気候変動枠組条約、京都議定書)
    ・オゾン層破壊(ウィーン条約、モントリオール議定書)
    ・酸性雨(長距離越境大気汚染条約、モニタリングネットワーク構想)
    ・森林破壊(熱帯雨林行動計画、国際熱帯木材機関)
    ・砂漠化(国連砂漠化防止会議、砂漠化対策条約)

     

     

    これらの条約や議定書は、すべて国連において決定された国際的な環境問題対策です。それぞれの国ごとに環境問題対策は少しずつ異なりますが、どの国も国ごとに目標を設定して対策に取り組んでいるようです。

     

    私たちが普段の生活の中で気を付けることができる環境問題対策もあります。例えば、不要になった家具や家電製品は、粗大ゴミとしてゴミ処分するのではなく、リサイクルショップに出したりしてリユースを心がけることによって、地球の環境を破壊するゴミの量を減らすことができます。リサイクルの場合には、リサイクル可能なパーツとそうでないパーツがあるため、100%の再使用は難しいといわれています。しかし、リユースの場合には、ちょっとしたメンテナンスや修理で再び、その商品をそのまま使うことができるので、地球にとってもエコですね。家電の購入を考えている際には、こうしたリサイクルショップを覗いてみるのもよいでしょう。地球にとってもお財布にとっても優しくショッピングができます。

     

     

    ポイント
  • 環境問題の改善は全ての人の意識が必要
  • 小さなゴミひとつ捨てるのでも分別、リサイクルを考える
  • 今の環境は人間が作り出したものなので、人間がリサイクルをして対策をしていく事が大事
  •  

     

    アマゾンの自然破壊の原因

     

    さらに詳しく『引用:アマゾンの自然破壊の原因(読んで納得地球の疑問)』

     

    アマゾンが破壊され続けている実質的な原因がわかりません。木の伐採による人間の進出のほかに何がありますか?

     

     

    アマゾン破壊の原因

     

    世界最大の熱帯雨林が残されているアマゾン。南米の9つの国と地域にわたって広がっており、中でもブラジルはアマゾン熱帯雨林の面積の約70%を占めています。人間の活動が活発になる以前のアマゾンの面積は800万平方kmだったとされており、これは地球の陸地面積の6%、日本の国土の約22倍の面積に相当しています。1970年代から急激に開発が進み、1990年代には森林面積が約500万平方kmに減少していたとの報告もあります。さまざまな人間活動に伴いながら、すでに約300万平方kmもの森林を失い、そして今も尚伐採は続けられています。アマゾンに破壊をもたらす原因をいくつかみてみましょう。

     

     

    人口増加、木材利用

     

    まず、アマゾン周辺での人口増加が挙げられます。人間が暮らす為の土地として、市街地や横断道路などの建設が進みました。次に木材利用です。木材は利用目的から用材用と薪炭用に分けられますが、特に薪炭用では、樹種を問わずに徹底した伐採が行われるので、森林の減少を導きます。また、どちらの用途でも、材木を運ぶための道路がつくられます。これにより森林は分断化され、道路に沿った不法な焼畑も急増する様です。木材利用は、その用途を問わず、森林破壊の要因となります。

     

     

    最大の理由は意外にも…

     

    実は、森林破壊の主要な脅威は農地や牧場の造成です。サトウキビや大豆などの農産物栽培のため位森林が破壊されてきたのです。大豆を例に見て見ましょう。ブラジルは今や米国に次ぎ大豆生産国です。生産量増加の引き金になったのが、1970年代のペルー沖でのカタクチイワシの不漁だったと言われております。家畜飼料として利用されていたカタクチイワシの値段が高騰したために、大豆が注目されるようになりました。また、2000年代に狂牛病が発生すると、それまで世界各国で利用されていた牛骨粉に代わって大豆の清算に拍車をかけているという指摘もあります。

     

    このように、世界情勢の変化の中で、ブラジルにおける大豆生産が急増しました。しかし、もともと大豆栽培が行われていなかったブラジルでは、大豆栽培用の農地がありません。そこで、アマゾン熱帯雨林が次々にの内へと開発されていったのです。

     

     

    アマゾン破壊の影響は

     

    改めてアマゾン熱帯雨林の現状を見て見ましょう。地球の陸地の総面積は、1489万平方km。世界の森林面積は、3950万平方km。アマゾンの熱帯林は、今でも全森林面積の10%ほどを占めています。このアマゾンが、今後も面積を減らし続けるとどうなるのでしょうか。アマゾンでは降雨利用の多さから、樹木の伐採のより土壌が流出しやすくなります。アマゾンの土壌の高さはせいぜい数十cm程度であり、もともと栄養素が流出しやすい特徴を持っています。森林伐採に伴ってさらに土壌が流出してしまうと、熱帯雨林の再生は極めて困難となります。

     

    アマゾンなどの熱帯地域の樹木種数は大変に多様であり、そこに樹冠から下草、土壌にいたるまで、実に多様な生物が生息しています。その樹木が伐採されることで、生物の安息場所は失われ、同時に生物間の相互作用も断ち切られていくことになります。アマゾン熱帯雨林の焼失による、地球レベルでの生物多様性に与える影響ははかりしれません。また、アマゾンの樹木による蒸散量も莫大であり、気候の変動に結びつく可能性も指摘されています。アマゾンは、地球環境を維持している存在でもあるのです。(保谷彰彦氏)

     

    ─抜粋『読んで納得地球の疑問』 出版:技術評論社 32~35P

     

     

    自然環境の問題

     

    大型の家具や家電製品は、使わないのにいつまでも家の中に置いておくと邪魔ですよね。そのため、まだ使えそうなものはリサイクルショップやリユース業者に引き取ってもらったり、買い替える時に家電ショップなどに引き取ってもらうことが多いようです。家具や家電などは、もし壊れていても修理すれば中古品としてまだまだ使えることも多いのですが、違法な営業をしている不用品回収業者に引き取ってもらうと、自分が出した家具や家電製品が、自然環境を破壊することにもつながりかねません。

     

    その中でも特に、家電製品の場合には注意が必要です。家電製品の中にはフロンガスが詰まっていたり、放置しておくと周辺に有毒物質をまき散らすようなパーツも含まれています。正規のルートで不用品回収を依頼した場合には、こうした自然環境の破壊につながるようなパーツは適切に処理されるのですが、違法な業者へ引き取ってもらった場合には、多くの場合、自然環境を考慮した処理は行われないようです。

     

    近年では資源の高騰に伴い、家電製品の金属部分がスクラップとして海外へ輸出されることも少なくないようです。スクラップとして海外へ送られた家具や家電製品などは、必要なパーツのみをリサイクルやリユースされた後、そのまま広大な土地や海底などに不法投棄されることも少なくありません。有毒ガスをまき散らしている製品がそのまま不法投棄されてしまうのですから、自然環境にもマイナスの影響ですよね。

     

     

    環境問題への取り組み

     

    私たちの生活の中で生まれるゴミ。その中でも家具や家電などの大型のものは、各家庭がどのように処分するのかによって自然環境に与える影響が異なります。環境問題を少しでも軽減する気持ちがあるのなら、できるだけ環境に害を与えないような方法で処分したいものです。自然環境問題の深刻化に伴って注目されているのが、リサイクルやリユース。リサイクルもリユースもゴミとして出された資源を再利用するので、自然環境に大きな被害を与えることなくゴミを減らすことができます。

     

    少しだけ壊れていたり、修理をすればまだまだ使えるという家具や家電などは、リユースがよいでしょう。リユースはメンテナンスさえ行えば、中古品として販売することもできますし、その商品の特徴を壊すことなく別の誰かに使ってもらえるので、環境問題の改善策としてはまさに理想的な方法です。

     

    一方、リサイクルは、100%のパーツが再利用できるというわけではないものの、化学物質を地球に戻すことなく、別の商品に生かすことができる方法です。ペットボトルのプラスチック部分をリサイクルすることで別のプラスチック製品を作ったり、紙をリサイクルすることで、別の紙を製造することも、環境に与えるダメージを軽減することができます。私たちが今すぐにできる環境問題への取り組み、それは、ゴミの分別はきちんと行い、家具や家電などの大型粗大ゴミは、できるだけ規範意識の高い業者へと処分の依頼をすることが重要です。

     

     

    ゴミを宇宙へ捨てればいいじゃん!

     

    さらに詳しく『引用:ゴミを宇宙へ捨てればいいじゃん!(読んで納得地球の疑問)』

     

    ふと思いついたのですが、地球に溢れかえっているゴミの山を片っ端から宇宙に放出するとどうなるんですか?とてもいい案に思えるのですが、実際やるとどういう問題が起こりますか?

     

     

    日本ではどれぐらいのゴミが発生しているか

     

    ゴミ処理

     

    日本では1年間に約4億5000万トンの廃棄物が排出されています。そのうち約3000万トンの廃棄物が最終処分場に埋立てられます。最終処分場で処理できるぼ身の量は、ゴミの埋め立てに確保した土地の広さで決ります。最近では、環境問題への懸念などで新たな最終処分場を確保するのは難しくなってきています。ですから、最終処分場には限りがあり、ごみを埋め立て続けると、そのうちいっぱいになってしまいます。ゴミが大量に出る一方で、ゴミを処分する場所がどんどん少なくなっているのが現状です。このままでは、やがて日本中にゴミが溢れかえることになります。

     

    最終処分場に埋め立てられるゴミは、理想的には再資源化が不可能なゴミのはずです。そこで、どうせい再資源化できないゴミなのだから、いっそのこと宇宙に放出してしまえばよいのではないかというアイデアが浮かんできたのだと思います。

     

     

    ゴミを宇宙に放出することができるか

     

    宇宙ロケットは非常に効率の悪い乗り物です。地上から打ち上げたロケットが地球の引力を振り切って宇宙空間に脱出するためには、毎秒11.2km(時速40320km)の速度が必要となります。この速度を第二宇宙速度と言います。第二宇宙速度では太陽の重力を振り切ることが出来ません。宇宙の彼方にごみを捨てることを考えると、毎秒16.7km(時速60120km)の速度が必要になります。この速度を第三宇宙速度と言います。ロケットがこの速度を出すためには膨大な推進力が必要です。推進力を大きくするには燃料ガスの噴射速度を大きくする必要が在る為、大量の燃料を必要とします。ですから、ロケットは総重量のほとんどを燃料が占めています。

     

    ロケットが運べる貨物の量をペイロードと言います。例えば、日本のH-ⅡBロケットのペイロードは人工衛星を打ち上げるのに必要な高度で8トンから16.5トンです。地球重力から脱出するところまで打ち上げると、ペイロードはさらに少なくなります。

     

    H-ⅡBロケットの一号機の打ち上げ費用は147億円でした。1年間に埋立てられる廃棄物約3000万トン全てを宇宙に捨てるためには、途方もない打ち上げ回数となります。膨大なエネルギーを消費し、莫大な費用がかかります。とても現実的なゴミ処理方法とは言えません。そのような莫大な費用をかけるのであれば、ゴミの分別や再利用などの技術にお金をかけた方がはるかに現実的です。

     

    尚、スペースシャトルではどうだろうと考える人もいるかもしれませんが、スペースシャトルはメンテナンス費用がかかり、ロケットよりも効率が悪いため、スペースシャトル計画そのものが中止に追い込まれました。

     

     

    ゴミを宇宙に放出することができたら

     

    もし、ゴミを宇宙に放出することができるようになったら、どのような問題が生じるでしょうか。ちょっと考えただけでも、ロケットの事故が起きたらどうなるか、宇宙空間にゴミを放出すること自体の是非などが思いつき、枚挙に暇がありません。どこで、ここでは地球の資源という観点で考えてみたいと思います。

     

    最初に述べた通り、最終処分されるゴミは資源として再利用できないものですから、そのゴミには資源としての価値はないと考えることが出来そうです。しかし、それは私たち人間が自分たちの生活に役に立たないという理由で勝手に決めたことです。世界中の国がゴミをどんどん宇宙に放出し続けたら、地球の質量が減っていきます。ゴミと言えどももともとは原子でできていますから、地球からゴミを宇宙に放出するということは、地球上に存在する原子の数がへっていくということです。

     

    私たち自身もそうですが、世の中のすべてのものは原子から出来ています。原始は地球が誕生した46億年前から、ずっと環境中で循環してきました。自分たちの身体をつくっている原子も46億年前の地球上に存在していた原子であり、さまざまなものを経て、いま自分の体の中にあるのです。そういう意味では最終処分場に埋め立てられたゴミも、地球にとっては大切な資源と考えることが出来るでしょう。(桑嶋幹氏)

     

    ─抜粋『読んで納得地球の疑問』 出版:技術評論社 61~64P

     

     

    地球環境科学

     

    地球環境科学とは、地球の環境を脅かす原因について調査を行ったり、地球の環境問題に対する解決策を見出したりする学問のこと。私たち人類が自分勝手に生活してきた現代社会では、地球を取り巻く環境問題も少なくありませんし、それぞれがとても深刻なレベルに達しています。地球環境科学では、オゾン層破壊、地球の砂漠化、地球温暖化、地球の循環システム障害、酸性雨など、世界レベルで直面している深刻な地球環境に対する対策を提案しています。

     

    ・リサイクルやリユースの推進

    ゴミの量を減らすことによって、二酸化炭素の排出量を減少したり、地球の循環システムに与える影響を軽減することができます。

     

    ・エコデザインの促進

    無駄で不要な過剰なパッケージを省略したり、できるだけ地球に負担を与える化学物質や工程を省くことによってエコを目指します。

     

    ・代替物質の探求

    ダイオキシンや環境ホルモンなど、地球の循環システムでは分解されない成分の排出を軽減するため、その代替物質を研究して見つけることも必要です。

     

    ・燃料の変更

    二酸化炭素を排出しにくい燃料へ切り替えることによって、地球温暖化をストップできます。

     

    ・省エネ

    は、エネルギーを消費すればするほど、エネルギーを生み出すための燃料が燃焼されて二酸化炭素が大気中に排出されてしまいます。省エネを心がけることで、二酸化炭素排出量を抑えることができます。これらの研究は、地球環境科学の研究者だけに責任があるわけではありません。それぞれのメーカーや企業、国レベルでの協力や助け合いの下に、地球全体の環境を改善するための解決策を一つ一つ実行していくことが必要です。そのためには、私たち一人一人ができることを見つけていきましょう。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP