広告

 

> > >

 

リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント

 

チラシ

リサイクルショップではどんな物が売れますか?

チラシ

電化製品など新しい型が毎年出るようなものは、製造から4、5年以内の物になり、破損が無い状態というのがほとんどのリサイクルショップでの条件になります。

 

その他、製造年があまり関係ない物は、綺麗な状態であればほとんどの物が買取対象になります。

 

目次

 

不用品をリサイクルショップで売却する前に、いくつかのポイントを押さえておきましょう。それがショップでの不用品処分の最適化になります。

 

チェック

 

  • 一般的な処分方法
  • 持ち込み方法
  • 買い取り方法
  • 条件
  • 豆知識
  • お得情報
  • 高値売却のコツ
  •  

     

     

    一般的な処分方法

     

    悩み

     

    まずは見ておくべき基本知識。リサイクルショップは古物商許可を得て営業する業者で、公安委員会の許可を得て開業しています。そのためリサイクルショップを利用する際はきちんと古物商許可証が見えるところに掲示されているかどうか確認し、問題がないことをチェックした上で利用しなければなりません。いわゆる巡回不用品回収業者は違法なケースも多く、慎重な検討が求められます。リサイクルショップで不用品を処分する場合、流行・ブームの過ぎたもの、汚れ・傷が目立つもの、あまりに年式が古いものなどは買い取ってもらえない場合があります。事前に買取可能かどうか、いくらで買い取ってもらえるのかを問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

     

     

    持ち込み方法

     

    リサイクルショップに持ち込んで不用品を処分する場合、事前に問い合わせを行なっておくとスムーズに売買をすすめることが出来ます。もちろん近くのリサイクルショップに直接不用品を持ち込んで、その場で見積もり買取を行ってもらうことも出来ます。しかしここで注意したいのが持ち込む時期、および持ち込みを行うリサイクルショップの選択です。

     

    トラック

     

    持ち込み時期に関しては、持ち込みが多く行われる引越し時期には買取額が低くなってしまうので極力避けるのが一番良く、どうしてもその時期にしか持ち込めない場合は見た目をきれいにするなど、比較的高く買い取ってもらえるように工夫することが大事です。また店舗によって得意・不得意な品目・ブランドもあるため、比較的高額買取りが期待できる店舗を選択することが大事です。

     

     

    買い取り方法

    リサイクルショップの買い取り価格ですが、一般的に売値の10分の1程度が基本の相場となっています。もちろん時期やブームによって多少の上下はありますが、3000円で購入したものであれば、新品同様の状態でなければ300円以下での買い取りになることがほとんどです。

     

    リサイクル

     

    またブランド品など高額な商品であっても、経年劣化が激しいものであれば買い取ってもらえない場合もあります。ブランド品に強いリサイクルショップを利用すれば買い取ってもらえる場合もありますが、それでも状態があまりよくなければ買い取り価格は低くなります。買い取り価格は商品購入後、使用してから2年以上経過するとリセール価値が下がると言われているので、十分注意しておきましょう。

     

     

    条件

     

    リサイクルショップに売却できる条件としては、比較的新品の状態に近く、傷やよごれ故障などしていないものでなければ基本的に売却することが出来ないものと考えられます。そのため不要品となった商品すべてを売却できるわけではないので注意が必要です。たとえば衣類の場合、5年以上経過したものはすでに商品としての価値がないものとされ、たとえ購入した時点で流行のものであっても、また10着以上まとめて売却する場合も値がほとんどつかない場合が多いです。

     

    家電の場合使用年数が長いことで搭載されていない機能や汚れ・傷、内部部品の故障などで商品価値が下がり、買い取ってもらえない場合もあります。そのため衣類の場合は売却するなら2年以内に購入したものを、そうでないものは処分するようにし、家電製品の場合は傷やよごれを極力失くし、売れないものについてはリサイクルセンターで処分することも検討しましょう。

     

     

    豆知識

    リサイクルショップを活用する上での豆知識として、事前にネット上でリサイクルショップを利用した場合の買い取り価格を比較できるサイトがあるので、それらを利用してみると良いでしょう。リサイクルショップはここ数年で急増しましたが、どの商品がどのリサイクルショップで高く売れるのかは土地柄やショップの内容によって大きく異なります。事前にネット上で情報を収集することで、交渉など無駄な手間を省くことが出来るでしょう。

     

    電球

     

    基本的に近年ではリサイクルショップに売るよりも、オークションやフリーマーケットを利用するほうが良いと言われているので、リサイクルショップに売りに出す場合は値段よりも手軽さ・その後の再利用を期待して売るほうが良いでしょう。

     

     

    お得情報

     

    リサイクルショップを利用して不用品を処分する場合、リサイクルショップによってはお得情報を掲載しているところもあるので、事前に確認しておきましょう。主にリサイクルショップで商品を購入する方向けのお得情報が多いですが、中には現在どの商品の買い取りに力を入れているのか掲載しているところもあります。売却したい不用品がそれに合致するかどうかを確認しておくと、お得に不要品処分ができるでしょう。

     

     

    高値売却のコツ

     

    天秤

     

    リサイクルショップでの高値売却のコツは、何と言っても現在ニーズの高い商品を売却できるかどうか、というところにあります。たとえば本なら買ってすぐ読み終わった後くらいに売りに出す、そのくらいのタイミングが最も高値で売却できます。OA機器や電化製品なども時間を置き過ぎると価値は低下していくので、中古商品として価値のあるうちに売却するのが最も高値買い取りが期待出来ます。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP