広告

 

> > >

 

リサイクル家電を処分する前に見る7つのポイント

 

チラシ

リサイクル家電を処分する前に確認することはありますか?

チラシ

処分を業者に依頼する場合は、必ず料金を確認しましょう。実際のサイズ、引取り作業により、料金が変わるということもありますので、慎重に進める必要があります。

 

その他には、処分するのか、まだ使えるのでリサイクルショップなどに引き取ってもらえるのか、など不用品の状態に合わせて調べましょう。

 

目次

 

『テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機の家電4品目は、特定家庭用機器に指定されている家電であり、消費者が自分で費用を負担し、リサイクル処分しなければなりません。ここでは、そんな4家電の処分の最適化のお手伝いをする情報を記載しています。』。それは、限り有る地球の資源を踏みつけた『人間の足跡』です。

 

チェック

 

  • 一般的な処分方法
  • 持ち込み方法
  • 買い取り方法
  • 条件
  • 豆知識
  • お得情報
  • 高値売却のコツ
  •  

     

     

    一般的な処分方法

     

    家電

     

    特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)により、対象となる品目は各自治体の制定する方法によって、正しくリサイクルされなければなりません。一般的には買い替え時に引取りをしてもらう・過去に購入した店舗に引き取ってもらう・リサイクル券を購入して指定取引場所にてメーカーに引き取ってもらう、などとなります。いずれも処分する側に費用が発生し、また品目によって料金も異なります。

     

    さらに各自治体によって料金も異なりますので、事前に自治体またはリサイクル推進協議会に問い合わせておくことが大切です。かかる費用はリサイクル料金および収集運搬料金で、自分で運搬するときのみ収集運搬料金がかかりません。

     

     

    持ち込み方法と手順

     

    一般的な持ち込み方法としては、まず郵便局で家電リサイクル券をもらいます。「払込取扱票」「払込金受領証」、「払込受付証明書」必要事項を記入し、郵便局窓口でリサイクル料金を支払った後、「払込受付証明書」を「家電リサイクル券(2枚目)」に貼り、それを廃棄家電に貼り付けます。貼り付ける際は家電の側面に貼りましょう。

     

    廃棄家電の持ち込みは各自治体の指定する指定引取場所に、持ち込み時間内に行います。事前に引取場所に連絡をいれておくとスムーズに処分を完了することが出来ます。基本的に指定引取場所では全メーカーの家電の持ち込みが可能ですが、事前に確認しましょう。

     

  • 地域別の持込場所一覧
  • メーカー(製造業者等)別リサイクル料金一覧(外部)
  • 企業から廃棄物として出る家電の2つの処分方法(+1)
  •  

     

    買い取り方法と手順

     

    家電リサイクル対象商品の買い取りを依頼する際、店頭買取・宅配買取・出張買取のいずれかを選択することになります。その際運転免許証個人の身分証明書が必要となります。これは古物営業法に定められているため、忘れないようにしましょう。店頭買取の場合直接処分家電を店頭へと持ち込み、その場で必要書類に記入し、買い取ってもらう事になります。宅配買取は事前に買取依頼を行い、指定宅配業者に売却家電を引き渡します。出張買取は指定業者が直接自宅を訪問し、複数の売却予定家電の見積もりを行ってから、実際に買い取りを実施します。

     

     

    一般的な条件の確認

     

    家電リサイクル法ではテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機・乾燥機がリサイクル対象品目として定められています。それぞれの処分にかかる費用に関しては大きさや品番、希望条件などによって異なるため、事前に確認しておきましょう。メーカー引取、販売店引取、買取依頼などによってリサイクル料金にプラスしてさらに運搬費用が発生する場合、またはお金をもらえる場合もあるので、家電の使用年数や年式などに注意して問い合わせてみましょう。条件に合う業者を選ぶ場合は各自治体に問い合わせる前に、販売店やメーカーへの問い合わせ、買取比較サイトなどを利用するのが良いでしょう。

     

     

    豆知識

     

    家電リサイクル法により、回収処分された家電品目は分別・加工を行い、それぞれ再生素材としてリサイクル・リユースに利用されます。主に処分から取り出される素材は鉄、アルミニウム、銅、プラスチック、ウレタンなどになります。これらの再生資源は自動車や新幹線、国の重要文化財の補修素材として利用されます。特に鉄やアルミニウムは大変重要な金属素材として利用され、自動車26万台以上の素材として使われています。

     

    このリサイクルによって得られる資源を地下資源から採取する場合、平成22年度のデータで約160万トンの鉱石、90万トンの石油・石炭、4000万トンの水資源が必要となってしまいます。このため不法投棄などは決して行わず、引取りまたは買取によって処分することが重要なのです。

     

     

    買取サービスというお得情報

     

    メーカー下取りを依頼するよりも、家電買取業者に依頼する方がお得です。特に比較的新しい家電、需要の多い型式・タイプの家電などは高額買取りが期待できるため、まずは無料見積り相談などを利用して、リサイクル業者などに買い取ってもらえるか確認してみるのが良いでしょう。その際ネットの買取比較サービスを利用すると、実際に所有している家電がどのくらいの相場で引取り・買取が行われているのか簡単に確認できます。

     

    注意として、中には違法な不用品回収業者もいるため、かならず古物営業法に基づき営業し、古物商許可証を持つ業者に依頼するようにしましょう。

     

     

    高値売却のコツ

     

    家電の高額売却を実現させるためには、まず処分する家電の年式や型式に注意することが重要です。古いものであれば買取価格が下がってしまうので、リサイクル処分として費用が発生することも考慮しなければなりません。また買取相場は基本的に売値の10分の1程度となるため、購入時よりもずっと安い価格で買い取られる場合が多いです。そのため高値売却を行うならオークションや買取比較サイトを利用して、少しでも高値の付いた買取先に売却することが大切です。

     

    オークションの場合は傷や汚れなどが目立たないようにメンテナンスを行いましょう。リサイクルショップを利用する場合は事前に相場を確認し、無料見積りなどを利用した上で高値買取のショップに依頼するようにしましょう。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP