広告

 

> > >

 

リサイクルとリユースの料金比較検討/もったいないを誤解してませんか?

 

処分方法

大型の家電、家具などはどのように処分する方法がありますか?

処分方法

まずは、住んでいる地区の自治体に問い合わせて確認してみましょう。

 

 

目次

 

不用品をリユース処分する場合と、リサイクル処分する場合の料金を比較検証します。それぞれのメリットやデメリットを検証し、少しでもお得になるように情報を確認して、最適な処理方法を選択することをお勧めします。

 

チェック

 

  • リサイクルとリユースの料金比較検討
  • 『もったいない』を誤解してませんか?
  •  

     

     

    メリット、デメリットの比較検討

     

    比較

     

    家電の適正な処分方法

     

  • 実は問題だらけのリサイクル(外部リンク)
  •  

    2000年6月に『循環型社会形成促進基本法』制定され、2001年4月に『家電リサイクル法』が制定されました。同じく2001年4月に『資源有効利用促進法』が制定されました。簡単に言うと、『家電リサイクル法』では、『テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機』の4家電を、『資源有効利用促進法』では『パソコン』の廃棄方法に『手間をかける』ことを義務付けました。

     

    リサイクル

     

    理由は簡単で、この5家電が『家庭から一番排出される家電』であると同時に『リサイクルに有効な資源が含まれる』からです。この5大家電の廃棄方法を指定することで、国民が『リサイクルして資源を循環させる』ことに対しての意識が強化されると同時に、有効な資源が循環でき、限りある資源も大事に出来るということです。では次に、その『手間』の具体的な内容の確認と、『料金』の比較検討をしてみましょう。

     

     

    消費者が負担する『手間』とは

     

    廃家電を収集し、リサイクルするためには費用がかかります。家電リサイクル法では、家電製品の家電小売店に収集・運搬の義務を、家電メーカー等にリサイクルの義務を課し、家電製品を使った消費者(排出者)がそのための費用を負担するという役割分担により、循環型社会を形成していくこととなっています。(※詳しくは、経済産業省の公式ページであるこちらをご覧ください。)

     

    これを見ればわかるように、『消費者が負担する手間』とは、『不用家電を指定の場所に持って行く』か、『収集業者に依頼』し、それらについて発生する金額を負担するということなのです。実際には『指定の場所に持って行く』ことが出来るのは限られた消費者です。女性の方や、お年寄りの方、排出が苦手、運搬する車両が無い、という消費者の方が圧倒的に多いからです。

     

    これで、『運搬』まで依頼する場合の費用が、

     

    『消費者が支払う金額』=『収集・運搬にかかる費用』+『再商品化にかかる費用(リサイクル料金)』ということがわかったと思います。

     

    では次に、これらによって推進された『リサイクル(再資源化)』と、弊社が行う『リユース(再使用)』の、料金の比較や、メリット、デメリットの検討をしてみましょう。

     

     

    家電リサイクル券を発行し、リサイクルする場合の料金

     

    こちらに、各メーカーが指定している家電リサイクル料金の一覧があります。ここから、料金の比較をしてみましょう。まずは、商品別のリサイクル料金の最高額を見てみます。※(税込)

     

     

    次に、最低額の一覧です。

     

     

    上記に挙げたのは、

    『消費者が支払う金額』=『収集・運搬にかかる費用』+『再商品化にかかる費用(リサイクル料金)』

    の、赤文字に該当する料金です。これに、別途『収集・運搬代』がかかります。その額はメーカーによって異なりますが、下記が平均額です。※(税込)

     

     

    中には、もっとかかる場合もあるようです。では次に、この二つをプラスした料金を見てみましょう。

     

     

    それでは次に、『リユース(再使用)』する場合の料金を見てみましょう。

     

     

    リユースする場合の料金

     

    リサイクルと違って、『リユース』とは、『再使用』という意味です。リユースの詳細はこちらをご覧ください。⇒『リユースを進めよう』

     

    『リユース』の『合計額』の料金はこちらです。※(税込)

     

     

    料金設定は、『リサイクル』する場合の料金の『最低額』と同じにしてあります。ただし、エアコンに関してはリユース率が高く、場合によっては無料回収が可能になりますので、料金を0円に設定しております。(お金がかかる場合もありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)

     

     

    『もったいない』を誤解してませんか?

     

    ハテナ

     

     

    これを見れば概念が覆ります。

     

    『もったいない』という言葉は日本人なら誰でもなじみある言葉だが、驚くべきことにこの言葉は英語、フランス語、中国語、ロシア語など世界の主要言語には存在しない概念なのだ。だが、今世紀の人類の主題は『環境との共生』であり、日本が育んできた和の心はそのsyづ合いに合致する。その和の心が日本語の『もったいない』という言葉を媒介して世界に伝えられたことは、日本語の底力ではなかったか。

     

    『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』著書:武田恒泰

     

     

    どっちがもったいない?

     

    引用元:『生活経済トレーニング どちらがトクか選べ!』
    著者 吉本佳生 
    発行所 株式会社PHP研究所

     

     

    どっちがトク?

     

    洗濯機や冷蔵庫といった家電製品。長く使っていると、いつかは壊れて買い換えることになる。あるいは、つぎつぎに新製品が出て、省エネ機能などもどんどん高まるので、買い替えによって毎月の電気料金を節約出来たり、より便利な生活が出来たりする。洗濯機を新しくする方が、衣服の縮みや痛みが少なくなるとか、冷蔵庫を新しくする方が、野菜や肉などの生鮮食品も効率的に消費できるようになるとか…。

     

    魅力的な家電製品が新発売になると、つい、ほしくなったりする。しかし、壊れていないのに買い換えるのは、なにか『もったいない』気がする。でも、そればかり気にすると、壊れてから買い換えるしかなくなる。悩ましい問題だ。絵井家と美位家は、家電製品の買い替えについても対照的な行動をとっている。どちらも家電製品を選ぶのは夫の役目で、その剛と温夫の考え方はまったく異なるようだ。

     

    A 絵井家では、洗濯機や冷蔵庫などの家電製品は、壊れてから買い換える。

    B 美位家では、洗濯機や冷蔵庫などの家電製品は、魅力的な新製品をみつけたときに買い換える。

     

    どちらがトクだろうか?

     

     

    解説『A』

     

    ある年の12月26日に突然、

    絵井家の冷蔵庫が壊れた。

     

    冷凍室がまったく冷えなくなったのだ。翌日から4日間の家族旅行に行く予定で、戻ってきたら年末年始になる。冷凍食品をたくさん買って保存しており、しかも、修理に出すのがむずかしいタイミングで壊れてしまった。

     

    年末年始にはゴミが出せないから、冷凍室がないと保存できない食品は、明日の朝、旅行に行く前に捨てたいところだが、あいにく燃えるゴミは明後日でないと捨てられない。冷凍室以外の機能もすぐ壊れるかもしれないし、本当に困ってしまった。

     

    最近は、近所のスーパーが12月31日まで営業しているし、1月2日から営業を始めてくれる。コンビニやファストフード店のように、1月1日でも開いている店もある。だからなんとか生活が出来そうだが、年末年始に冷蔵庫が壊れているのは、本当に不便だ。

     

    またある年には、梅雨時に洗濯機が壊れた。乾燥機付きの洗濯機で、雨の日には乾燥機をフル活用していたから、とても不便だった。しかもその年の8月には、エアコンが壊れた。洗濯機が使えなかったとき、何度か大量の洗濯物を室内に干し、エアコンを最大パワーで動かしたのが悪かったのかもしれない。これは気のせいだろうか。ついそう思えてしまう。踏んだり蹴ったりの夏だった。

     

    【家電】

     

    冷蔵庫と洗濯機、どちらが壊れたときにも、子供が3人もいる絵井家では、急いで買い替えることになった。あれこれ機能を比べる余裕などなく、家電量販店の店員にお勧めのものをいくつか教えてもらい、一通り見終わったところで、数分の相談で決めた。

     

    配達の都合で、数日後にしか届かないことは当然で、ひどいときには、配達可能日と在宅日がなかなか合わず、購入から10日後に届けてもらうハメになった。熟慮して選んだわけではないから、使ってみると納得できず、でも交換してもらうわけにいかないから、納得できないままに使い続けている製品もある。

     

     

    解説『B』

     

    一定年数使った家電製品は、

    壊れる前に新機種に買い替える

     

     

    美位家では、壊れてあわてて買い換えることは少ない。画期的でとても魅力的な新機能がついた製品が出ても、1~2年は様子を見て、ハズレがないように選ぶ。だから、買い換えたあとに納得できないことはほとんどない。ただ、まだ使える製品を買い換えるのだから静花の母に『まだ使えるものを買い換えるなんて、本当にもったいないわね』と言われたりする。本当にそうだろうか…。

     

    ある年、美位家が大幅に省エネ・節水ができる洗濯機を買ったときに捨てられてしまった、古い洗濯機のゆくえを追いかけてみよう。まだ価値が高そうな洗濯機なら、もちろん中古品として売られて、整備され、他の誰かが買って使うことになりやすい。ただ、そのとき美位家が捨てた洗濯機は、一応は廃棄される前提で引きとられた。中古で売れそうには見えなかったからだ。

     

    でもまだ十分に洗濯機として使える。そういう洗濯機は、貧しい暮らしをしている国民が多い発展途上国に向けて輸出されたりする。美位家がまだ使えるのに捨てた洗濯機も、船に乗せられてある国に送られた。そして、ある国では何度も修理されながら長く働き続けた。

     

     

    リユース

     

    すでに壊れていたのであれば、それを日本で修理するコストは高いから、わざわざ修理して使えるようになるかを試してまで、発展途上国に送ったりはしなかっただろう。本当に廃棄処分になるところだった。しかしまだ使えたので、ある国に送られた。一度送られてしまえば、今度は、壊れてもある国の人たちが修理してみることになる。複雑な機能が使えなくても、基本機能だけ使えればいいという人たちも多いだろう。

     

    壊れる前に捨てるからこそ、有効活用されることもあるのだ。完全に廃棄されるときでも、いまは資源のリサイクル技術が進歩している。おまけに、電気や水道をたくさん使う家電製品を買い換えれば、たいていの場合で省エネになる。古い家電製品の方が漏電による火事などが起きやすいという問題もある。

     

     

    正解は『B』!!

     

    正解=Bがトク。

    Aがもったいない。

     

     

    『もったいない』と思えばこそ、壊れる前に買い換えてもいい。

     

    Aの選択肢の解説で出てきた年末の旅行前に冷蔵庫が壊れた話は、筆者が体験したことです。洗濯機が壊れた経験も、エアコンが壊れて困った経験もあります。冷蔵庫や洗濯機を急いで買い換えて、使い始めた新製品に納得できなかったのも、実話です。

     

    ここで強調したいのは、『壊れていない家電製品の買い替えに、罪悪感を持つ必要はない』という点です。もし、資源を無駄にするライフスタイルを恥じるのであれば、むしろ、古い製品を捨てずに家の中にしまっておくことを、まず反省するべきでしょう。

     

    たとえば、2年ごとにケータイを買い換え、古いケータイに保存したままのデータがなくなるのを嫌がって、すべて家に置いておく方が、壊れていない洗濯機を買い換えるよりも、ずっと『もったいない』ことをしていそうです。ケータイをバラバラに分解すれば、いろいろな希少金属がリサイクルされ、資源の節約につながるからです。

     

    『壊れるまで使わないのは、もったいない』という論理は、ときに正しいこともあるでしょう。しかし、いまや自己満足のための論理だったりもします。壊れる前に買い換えたからこそ有効活用される例を、Bの選択肢の解説で紹介しました。廃棄物の流れが複雑化して、なにが正しいのか判断がむずかしくなっています。

     

    誰かが壊れる前に新製品に買い換えたのをみて、『もったいない』という人は、たぶん大半が、本気でもったいないと思っているのではなく、嫉妬していっているだけだと思われます。あるいは、いまのリユースやリサイクルの流れをよく理解していないのかもしれません。だから、他人がいう『もったいない』の言葉を気にすることはありません。

     

    とはいえ、もったいないと感じてしまう人が、無理に、壊れていない家電製品を買い換えるのも変です。本書ではBを正解としましたが、信条としてAが正解だと信じている人にとっては、Aが正解だと言えます。

     

    ─抜粋

     

     

    あとがき

     

    いかがでしたでしょうか。我々は当然、リユース&リサイクル品、不用品回収スタッフとして、この本の意見に賛成致します。これを機にお客様の中で『もったいない』の概念を、考え直していただけたら幸いです。

     

     

    弊社のリユース先詳細を掲載しています。

    『もったいない』を誤解してませんか?

    詳細はこちら⇒『リユースを進めよう』

  • 実は問題だらけのリサイクル(外部リンク)
  •  

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物の処理問題に関する法律
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP