広告

不用品処分

 

 

> > >

 

廃棄物の処理問題に関する12の法的観点

 

チラシ

廃棄物を処理する時に起こる問題、法律はどのようなことがありますか?

チラシ

一番多く問題になっているのは、ゴミの不法投棄です。

 

不法投棄をした場合には、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金刑に処せられることになります。取り締まりは年々強化されていますが、なかなか無くならないのが現状です。

 

目次

 

一般廃棄物と産業廃棄物に関する法律、許認可、問題性、倫理、適正な処理方法や手順を記載しています。また、廃棄物の不法投棄問題や罰則についての情報も併せてご確認ください。

 

チェック

 

  • 廃棄物の分類
  • 不法投棄の罰則
  • 偽装リユースとは?
  • 不法投棄問題
  • 不用品回収の法律(許可・許認可)
  • 不用品回収は違法?
  • 廃棄物処理業界
  • 廃棄物処理基準
  • 一般廃棄物の不法投棄
  • 産業廃棄物の不法投棄
  • 産業廃棄物のマニフェスト
  • 産業廃棄物問題
  •  

     

     

    廃棄物の分類

     

    分別

     

    廃棄物(ゴミ)は、「一般家庭」から出される『一般廃棄物』と、「工場などの産業施設や企業」から出される『産業廃棄物』に分類できます。このうち産業廃棄物は、「爆発性、毒性、感染性」があるかどうかによって、『特別管理産業廃棄物』と、そうではない産業廃棄物とに分類することができます。

     

    このうち、一般的な産業廃棄物は、トータル20種類に分類できます。燃え殻・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスやコンクリート陶器のくず・鉱さい・瓦礫・煤塵・紙屑・木屑・繊維くず・動植物性残さ・動物系固形不要物・動物の糞尿・動物の死体・これらの産業廃棄物を処分するために使用した素材の廃棄物などが挙げられます。これらの廃棄物の中には、どんな事業内容の工場でも該当する廃棄物もあれば、畜産でなければ該当しないような動物の糞尿や死体などの廃棄物、食肉加工場や魚肉化工場などで出される廃棄物など、特定の事業内容しか該当しないような種類の産業廃棄物もあります。

     

    一方、爆発性があったり毒性が強かったり、また感染症のリスクが高い産業廃棄物は、廃油・廃酸・廃アルカリ・感染性廃棄物・PCB汚染物・廃PCB・PCB処理物・廃アスベストス・有害産業廃棄物(水銀、鉛、六価クロム、有機物化合物、カドミウム、PCB、ダイオキシンが高濃度に含まれている物質などの物質)などに分類されています。工場が産業廃棄物を出す場合にも、こうした廃棄物の種類ごとに分別しなければいけません。そして、国が管轄している産業廃棄物処理場へと運び入れることになります。

     

    Check!!
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    不法投棄の罰則

     

    罰則

     

    不用品処分業者や粗大ゴミとして家電や家具を処分したりするには、時として費用がかかることも少なくありません。また、ゴミの分別がかなり複雑になっている昨今では、分別が上手にできないとゴミ収集業者が持って行ってくれないケースもあります。処分するための費用をもったいないと感じたり、分別ができていなかったために持って行ってもらえなかったゴミをそこらへんにポイと捨てるのは、不法投棄という犯罪になります。最近では日本国内でも悪質な不法投棄が社会問題にもなっているため、不法投棄の取り締まりは特に厳しくなっているようです。

     

    Point!!

    不法投棄は違法行為、つまり犯罪です。そのため、不法投棄をした場合には、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金刑に処せられることになります。個人による不法投棄なら罰金は1000万円以下になるようですが、これが法人による不法投棄の場合には、罰金は不法投棄されたモノの種類や量に応じて、3億円までの罰金が科せられます。

     

    不法投棄は、ゴミや産業廃棄物などの不用品をそこらへんにポイと捨ててしまう悪質な行為ですが、ポイ捨てしなくても、勝手に焼却処分にしてしまう不法償却も、大気中に有害物質をまき散らす可能性が高いために、罰則が適用されます。不法投棄は、ゴミを捨てる側だけに適用される罰則ではありません。国の許可を受けずに勝手に廃棄物などのゴミを収集したり処分する業者もまた、不法投棄の法律による罰則の対象となります。無許可営業、許可を受けている範囲を超えた事業を行う無許可変更、名義を他人に貸す名義貸禁止違反など、不法投棄として行なわれている方法はたくさんあります。

     

    不法投棄は、現行犯逮捕だけではなく、まだ捨てていなくても捨てようとしていたり、すでに不法投棄したモノが発見され、そこから所有者が追跡された場合にも、後日、不法投棄による逮捕が行われることもあります。不法投棄は厳しく取り締まっているだけでなく、再犯を防止するためにも、捨てたゴミの量や種類に対しては厳しいと思えるほどの罰金刑になっているのも特徴です。初犯なら罰金刑のみで懲役になることはありませんが、悪質な場合や何回も繰り返している場合には、懲役刑になる可能性もゼロではないので気を付けましょう。

     

     

    偽装リユースとは一体何か?

     

    リサイクル

     

    必要なくなった家電の取り扱いは、どうしていますか?テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの大型家電は、家電ショップで買い替える時に、古くなったものを引き取ってもらうという家庭が多いと思います。実際に、その方法が私たち利用者にとっては手間も時間も費用もかからないのでもっとも便利な方法なのですが、必ずしも誰もがこの方法を利用できるというわけではありません。

     

    友人から家電製品を受け継いだ場合などには、家電ショップに不用品回収を依頼すると、断られてしまうケースも少なくありませんし、有料となって結構なコストがかかるケースもあります。そんな時にふと思いつくのが、不用品回収業者ではないでしょうか。街頭を「不用品買い取ります。何でも買い取ります。」といった宣伝をスピーカーで行いながら車で練り歩く不用品回収業者もあれば、無料で不用品を引き取りに来てくれるという便利な業者、また、空き地や駐車場などを利用して、その場限りで近隣の住民に使わなくなった家電製品などの不用品を持ち込ませている業者など、いろいろな種類の業者があります。

     

    こうした不用品回収業者の中には、廃棄処理法に基づいた許可や自治体からの委託など正規の手続きを踏まずに勝手に不用品回収を行っている業者などもたくさんあります。古物商や、廃棄物収集運搬業の許可を取っていないのに営業している業者などはすべて違法行為になってしまうので、いくら便利だからといって安易に利用するのは考え直したほうがよいかもしれません。

     

    違法な手段によって引き取られた不用品。その後はどのような処分がされるのか気になりませんか?正規の手段で不用品回収が行われた場合には、家電製品の中に搭載されている有害物質が周囲に飛び散らないような措置が施されたり、フロンガスが回収されるなど、いくつかのプロセスを踏むのが決まりとなっています。しかし、違法な業者によって回収された不用品は、こうした処置を全く行われないまま、海外へ安く輸出する業者へ売りさばかれたり、スクラップにしてから資源として海外へ輸出されることも多いようです。

     

    偽装リユースとも呼ばれている違法な不用品回収は、現在では古くなった家電引取りの15%に当たる672万台といわれています。適切な処理を行うことなく海外へスクラップとして輸出された家電の数は、そのうちの10%、つまり400万台です。海外へスクラップとして輸出された家電製品の多くは、必要なパーツのみを取り除かれた後には不法投棄されたり野焼きにされるなど、地球にとっては環境汚染の原因になっているようです。

     

     

    不法投棄問題

     

    不法投棄とは、ゴミや粗大ゴミ、産業廃棄物などを、正規のルートを使って処分するのではなく、そこらへんにポイ捨てしてしまうという違法行為です。不法投棄は年々深刻な社会問題にもなっていて、土壌や水質が汚染されてしまったり、不法投棄されたモノによっては、その場所を以前のように原状回復するためには気が遠くなるほどの費用や期間がかかることも少なくありません。

     

    不法投棄には、一般家庭のゴミがポイ捨てされる不法投棄もありますが、規模が大きく投棄されるゴミのタイプも複雑な産業廃棄物の不法投棄は、悪質なものも多いようです。岩手県と青森県の県境は、もともとは大自然が広がる空気の澄んだ美しい場所なのですが、残念ながら国内最大級の不法投棄場へと化してしまっています。不法投棄は、河川や沼地、山林などの自然環境が豊かな場所に投棄されることが多いものの、中には自社の敷地内に数十万トン分の産業廃棄物を不法投棄しているというケースもあるようです。

     

    不法投棄がひどくなるにつれ、国の側でも不法投棄に対する取り締まりを強化したり、罰則を厳しくするなど対策を取っているようです。しかし、イタチごっこになっているのが現状で、取り締まりを強化すれば、不法投棄をする側もより巧妙な手口を使ってくるため、なかなか事態は改善されにくくなってしまっているのです。不法投棄は、自然環境にもマイナスの影響を与えてしまいます。国民が一丸となって不法投棄を断固許さない姿勢で取り組みたいものです。

     

     

    ポイント
  • 不法投棄は環境問題だけでなく罰金がかかる
  • 危険物を処理する場合、特別な許可が必要
  •  

     

    法律と許認可

     

    以前、不用品回収を巡るトラブルが相次いでいました。以前から悪質な業者による問題が指摘されていましたが、現在でもわずかにそれが続いており、不用品の回収を依頼したところ思わぬトラブルに巻き込まれるケースが増えているのです。まあ、この業界にかかわらず、どこにでも悪質な業者はいますが、面倒なことに巻き込まれないためには不用品回収に関する法律を知っておき、業者がそれに基づいて業務を行っているかどうかを確認しておく必要もあります。

     

    では、不用品回収に関わる法律にはどのようなものがあるのでしょうか。まず廃棄物処理法。不用品は誰でも回収/処分してよいわけではありません。廃棄物処理法による規制が設けられているのです。一般家庭から出るゴミは通常一般廃棄物として扱われます。その処分は原則として自治体が行っていますが、さまざまな事情でそれができない場合にその処分を業者に許可をすることができるのです。

     

    つまり不用品回収業者は、過程からの廃棄物を運搬して料金を徴収する場合、一般廃棄物処理業を行うための営業許可を得ていなければならないのです。業者に依頼する場合、見積もりをとってもらう場合には念のためこの許可を持っているかどうかを確認しておきましょう。なお、古紙、くず鉄、あきびんなどの回収に関しては許可は必要とされていません。

     

    許可に関しては、もうひとつ知っておくべき点があります。それはこの許可は各自治体ごとに行われていること。ある自治体では営業の許可を得ていても、得ていない地域で営業を行った場合には法律違反になります。不用品回収に関わるもうひとつの法律は、家電リサイクル法。こちらも忘れてはならない法律です。テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、エアコンは家電リサイクル法に基づいた処分が求められます。他の対象外の家電と同じ処分ができず、粗大ゴミなど自治体で回収してもらうこともできないのです。

     

    メーカーや購入した小売店に引き取ってもらう形になります。そして、これらの家電に使用されているパーツや部品を再利用するわけです。不用品回収業者の大半は、この家電リサイクル法の対象となる家電も回収の対象としています。回収した後に、法律に基づき正しい方法で処分しているのかどうかも大きな問題となります。

     

    きちんと許可を得ていない業者の場合、無料と謳っておきながらいざ作業をはじめた途端に追加料金を請求してくる、作業をすべて終えた後で高額の請求書を送りつけてくるといった悪質な手口をしてくるケースが見られます。また、家電リサイクル法に基づいて処分していない業者の場合、不法投棄による処分を行うことが多く、あとで所有者のもとに警察から問い合わせが来るといった問題が生じることも。こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、不用品回収の関するこれらの法律は基礎知識として踏まえておきましょう。

     

     

    不用品回収は違法?法的観点からの徹底検証

     

    法律本

     

    どんな商売でも、違法なやり方と適法なやり方があります。不用品回収をすること自体は、違法ではありません。よく考えればわかりますよね。『不用品』の中には、『ゴミ』や『廃家電』だけではなく、車、本、時計、ブランド物、カバン、靴、洋服等も全て含まれるわけですから、それを『回収』する人が『違法』ということになるのであれば、質屋、古本屋、リユースショップ、中古ショップ、古着屋、セレクトショップ、バイヤー、そして『家族』や『友人』までもが『違法者』ということになります。そんなわけがありませんよね。

     

    事業として行う場合でも、古物商、一般、産業等の廃棄物収集運搬業の許可を受けている業者であれば、不用品回収の業務を行うことは可能です。しかし、これらの許可を取っていても、適法なやり方と、違法なやり方があります。許可を持っていれば何をしていいというわけでもないからですね。

     

    Check!!
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

    例えば古物商の許可を持っていても『本』や『ゲーム機』、『バイク』、『骨董品』、『宝石』等は特別な手続きが必要だったり、不用な物が『車』だった場合は、『名義変更』等という問題も出てきます。著作権問題、プライバシー保護、盗品流入の防止等、様々な要因を考えながら、対応ををしなければいけなかったりします。『状況(ケース)』によって実に細かく、適切な処置が変わるんですね。

     

    いわゆる『不用品回収業者』で言うのなら、 中には許可なく業務をしている悪質な業者、あるいは無知が故に違法行為をしてしまう業者もいるようです。このような無許可、かつ規範意識の低い業者に、不用品回収の依頼をすることは、当然それと同時にリスクを背負うということになります。いろいろとトラブルに巻き込まれる可能性もありますので注意しましょう。

     

     

    ポイント
  • 許認可を持っているだけでは安心して依頼することはできない
  • 口コミなど悪質な業者でないか事前確認を慎重に行う
  •  

    Check!!
  • 『そもそも産業廃棄物の方が難しいはず』
  •  

    どんな目的で何を回収するか、どこから回収してどこへ廃棄するのか、そのわずかな理由一つで『あるやり方』が合法になったり違法になったりするのです。そういう法律の妙があるのは、この業界だけでなく、どこの業界でも同じです。それでは少しだけ、法律の勉強をしてみましょう。

     

    ある有名なタレントが、番組でこう言っていました。

    『コレクションの趣味があるのだが、どうしても欲しい物が海外にあった。だからそれを購入して輸入したかったのだが、どうも直接それをやると法律に触れるらしい。だから、あっちの友人に買ってもらって、それを『友人からのプレゼント』という形で送ってもらったんですよ。法律ってめんどくさいですね。』

     

    もう一つ面白い話があります。会社によくあるレンタルウォーター。あれは経費で落ちます。しかし、『購入式』にすると経費では落ちない。ウォーターサーバーの中には当然『レンタルではなくて購入式』のタイプもあります。しかし、レンタルは落ちても、購入式は経費として認められないのです。同じ水を飲むだけなのに、法律の妙を感じさせるワンシーンです。

     

    しかし当然、これらの法律やルールには背景があります。短絡的に考えてはいけません。例えば『ベビーシッター事件』を考えてみましょう。許可がいらないベビーシッターという敷居の低さが、薄れきった規範意識の原因となり、取り返しのつかない結果を巻き起こしてしまいました。法律というものは最初から無いにこしたことはありません。ですが、無いと規範が守れない。それが人間というものです。この世で見られるあらゆる法律の妙は、人間の弱さが生み出した、歪みなのかもしれません。

     

    Check!!

    廃棄物の回収も最初は許可を必要としませんでした。

    廃棄物処理ルールの年表

     

    しかし、上記リンク先に記載した通り、この50年で積み上げられた不法投棄問題、水俣病問題等、ありとあらゆる人間の規範意識の低さが生んだ不祥事が、この業界に許認可の制度やその複雑化をもたらしたのです。いつでも法律というのは、そういう風にして作られていくんですよね。それでは、これらをふまえてこの業界におけるいくつかの注意点を確認し、規範意識を強化しましょう。

     

    例えば、無料で回収などと宣伝していて依頼をしてみると費用がかかると言われたという事例は結構多く報告されています。また、無料だと言って不用品をトラックに回収をした後で、料金を請求してくるような悪質な業者も中にはあると言われています。トラックに不用品を積みこんだ状態で支払いを断るのはなかなか難しいものがありますが、これはほぼ特定商取引法違反と断定して間違いありませんね。クーリングオフ等の背景にある消費者を守る法律に引っかかるんですね。強引な商売やぼったくりは、当然犯罪行為ですので、自分の身を守るために知識強化をしておきましょう。

     

    法律本

     

    また、回収をした後できちんと処分をしないような業者も中にはあると言われています。どういうことかと言うと、いったん引き取った不用品を、処理場へ運ぶことなく不法投棄するという悪質な業者もあるというのです。これは有無を言わさず廃掃法違反です。不法投棄ですからね。重大な罰則です。法人なら最大3億円の罰金ですからね。このような悪徳業者を見てみると、往々にして無許可で違法に営業をしているケースが多いので注意しましょう。では違法な業者とそうでない業者を見分けるためには、どのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか?

     

    まず見積もりを依頼することが重要です。見積もりを依頼することで不用品を回収した場合、どれくらいの費用が請求されるのかが分かります。また、見積もりを依頼した時には金額がどうしても気になると思いますが、金額だけでなく、内訳も確認する必要があります。なぜその金額になるのか、きちんとした説明がされているかどうかチェックをしましょう。

     

    中には、見積もりをするにはするのですが、内訳がはっきりしていないため、オプションとして追加料金を請求されるというケースがあるからです。このようなケースでは、見積もりの時には総額は確認できるのですが、内訳がどうもはっきりしないということが多いようです。

     

    また、なぜこの価格になるのかという説明がはっきりとできないことが多いようです。このような業者には注意しましょう。ひどい場合には、実際に引き取ってもらった後で「思ったよりも多かったから」などの理由をつけて、見積もりの倍以上の価格を請求されたというケースもあります。ですから、見積もりを取ってもらったときに、きちんとした説明があるかどうかの確認をしておきましょう。このような所に気を付けて、悪質な不用品回収業者に引っかからないようにしましょう。

     

    法律やルールというものは一方だけに押し付けるものではなく、全ての人間が主体的に向き合って考えなければなりません。それがトラブルの無い、スムーズな社会づくりの絶対的根幹に在るべく基本です。一方任せにして後で後悔しても、遅いのです。厳しいようですが、最初から世の中とは、シビアなんですよね。

     

    これは余談ですが、以前中国に旅行したとき、屋台に出ている焼き鳥のようなものを食べようとして注文したのですが、目の前に思いっきり『10元(約150円)』と書いてあるのに、日本人とわかった瞬間に『30元!』と言われ、思わず大声で笑いながら突っ込んでしまいました。

     

    法律本

    『おいおいなに言ってんだよ、よく見てくれよ!(日本語)』

     

    この一言で気迫負けしたのか、店主はあっさりと10元で納得しました。海外では結構こういうことは日常茶飯事です。そう考えると、自分の身は自分で守る為に、知識強化することが何よりのお守りになるのかもしれませんね。(海外に行く際はもっとその『お守り』を強化してから、出かけましょう。)

     

     

    廃棄物処理業界

     

    廃棄物処理業界とは、一般家庭から出されるゴミ(一般廃棄物)や、工場における産業活動で出たゴミ(産業廃棄物)などを処理する業界のこと。各自治体ごとに運営しているクリーンセンターやゴミ処理場の中には、産業廃棄物は受け入れず、一般家庭から出された一般廃棄物のみを受け入れている施設も少なくありません。そのため、一般廃棄物を処理する廃棄物処理施設はそれほど不足していないようですが、工場などから出される大量の産業廃棄物を処理する施設は、全国的にかなり不足しているようです。

     

    廃棄物処理業界では、産業廃棄物を処理する施設が慢性的に不足していることが原因で、あちこちに不法投棄が行われている問題も深刻になっています。不法投棄の原因は他にもあり、数少ない産業廃棄物処理施設の技術が向上したことによって廃棄処理にかかる費用が高くなり、中小企業などの負担が大きくなっていることも、不法投棄の理由といわれています。国や県などでは、こうした不法投棄をわずかでも少なくするために、廃棄物処理施設に認定する施設を増やしたりして対応しているようですが、慢性的に不足している事態が改善されるには、まだまだ長い時間がかかるかもしれませんね。

     

    ちなみに、廃棄物処理業界の中でも産業廃棄物を取り扱う処理業者は、産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物収集運搬業、産業廃棄物処分業、特別管理産業廃棄物処分業など、いくつかの種類に分類されています。

     

     

    廃棄物処理基準

     

    一般家庭から出されたゴミを受け入れている処理施設でも、工場などから出された産業廃棄物を受け入れている処理施設でも、廃棄物を処理する施設を運営するためには、いくつかの基準を常に満たしていなければいけません。

     

    ・化学物質対策
    廃棄物処理には、時として有毒な物質の使用が必要になることもあります。できるだけそうした有毒物質は使わないように工夫しなければいけませんが、どうしても代替物質がなく有毒とわかっている物質を使用する場合には、循環利用したり、使用量を抑えるなどの処置が必要です。また、有毒物質が処理施設周辺に撒き散らされないような配慮も必要です。

     

    ・パーツ回収
    家電製品を処理する場合には、プリント基板や廃エアコンディショナー、レアメタルやフロンなどの回収を必ず行わなければいけません。これは環境大臣告知によってそれぞれの廃棄物処理施設に義務付けられています。

     

    ・再生施設
    家電製品のリサイクル施設では有毒物質が大量に使用されるため、環境リスクは必ず処理基準を守ることが義務付けられています。有害物質の濃度が高くなりすぎないように常に注意しなければいけません。

     

    その他にも、廃棄物を処理した際に出る煙や排水が周辺の生活環境にダメージを与えないように適切に処理することが求められたり、処理施設の運営を行う際にも、周辺地域の生活環境を配慮することが義務付けられています。処理施設は、悪臭、排水、ゴミの飛散、ネズミや害虫の抑制などに気を付けて、施設の周囲を高い壁で覆うことも義務付けられています。

     

     

    一般廃棄物の不法投棄

     

    ポイ捨て

     

    産業廃棄物とは、工場や企業などが産業活動を行った場合に排出されるゴミのこと。それに対して一般廃棄物とは、一般家庭から出るゴミのことをいいます。一般家庭から排出されるゴミといっても、生ゴミばかりではありませんよね。プラスチックやビン、缶などもあれば、家電製品や家具などの大型のゴミなどもあります。これらはすべて一般廃棄物と呼ばれていて、通常の場合には、ゴミ収集などの正規のルートを通して処分しなければいけません。

     

    「不法投棄」というと、業者が産業廃棄物をそこらへんに捨てていくというイメージがありますが、不法投棄には産業廃棄物だけではなく、一般廃棄物も含まれています。また、一般廃棄物の不法投棄に対しても、産業廃棄物と同じ罰則が科せられるので気を付けましょう。

     

    一般廃棄物は家庭から出るゴミですから、不法投棄も悪意が小さかったり、ついつい気軽にしてしまう人もいるようです。しかし、一般廃棄物を不法投棄することは、ゴミを捨てられた周辺で生活している住民たちの生活環境が悪くなってしまうだけでなく、水質や土壌の汚染にもつながります。たとえ小さなゴミ一つだけでも不法投棄。罰金1000万円までか、懲役5年以下が科せられる可能性があることを忘れないようにしましょう。

     

    自治体によっては、不法投棄の相談窓口などが設けられている地域もあるようです。不法投棄で困っていたり、不法投棄を目撃した人などは、そうした相談窓口に相談するようにしましょう。

     

     

    産業廃棄物の不法投棄

     

    個人が産業廃棄物を不法投棄するケースはかなり少ないのですが、工場などの企業が不法に産業廃棄物を投棄するケースは増えています。産業廃棄物とは、何かを製造したり解体したりする産業活動を行ったときに排出されるゴミや不用品、端材のことで、通常の場合には法律に則って正規のルールで処理しなければいけません。

     

    しかし、産業廃棄物の処理には費用がかかるため、悪質な企業によっては正規のルートで廃棄せず、森林や河川などに産業廃棄物をそのままポイ捨てしてしまうケースもあります。これが、不法投棄です。産業廃棄物の不法投棄は、地球の循環システムで分解されない物質も多く、大気や土壌、水質に被害を与えてしまうことも少なくありません。国を挙げて不法投棄の取り締まりは厳しく行っていますが、不法投棄を行う側も、できるだけ発見されにくい場所や時間帯を狙ってくるので、なかなか現行犯逮捕できるケースは少ないようですね。

     

    ただし、不法投棄は、未遂でも違法行為にあたりますし、すでに投棄してしまった場合でも、後日、投棄物から所有者を追跡することで違反行為の責任の所在をはっきりさせることもできます。不法投棄は地球にとってマイナスの影響が出てしまうため、警察の取り締まりだけではなく、国民の一人一人が一丸となって、不法投棄をストップさせるためのサポートを心がけたいものです。自治体によっては、不法投棄の通報を受け付けているので、ぜひ活用してください。

     

     

    マニフェスト

     

    マニフェスト

     

    マニフェストとは、他人に公開する自分のポリシーや約定のことです。産業廃棄物のマニフェストとは、産業廃棄物を排出する事業者が、廃棄物の種類や適切な処理方法などを細かく明記した伝票のことで、廃棄物の種類ごと、また、処理場の場所ごとに別の伝票(マニフェスト)が必要になります。つまり、ある事業者が5種類の産業廃棄物を排出する場合には、行き先にかかわらず、5種類のマニフェストが必要になるというわけです。すべての廃棄物が同一の処理場へ向かう場合でも、まとめて1枚のマニフェストというわけにはいきません。

     

    産業廃棄物のマニフェストはA票からE票までの構造になっています。一般家庭が宅急便を利用する際に、利用者の控え、運送会社の控え、受取人に渡す控えと3枚の伝票が必要になるのと同じで、産業廃棄物の伝票も、産業廃棄物を搬出する業者の控え、その収集を行う運送業者、中間処理を行う業者、そこから最終処分場まで運送する業者、最終処分業者とトータルで5つの業者がそれぞれ控えを受け取ります。

     

    産業廃棄物はぐずぐずせずにスピーディに処理することが大切。そのため、マニフェストは公布された日から90日以内にB票までを回収、公布された日から180日以内にE票までを回収することが義務付けられています。返送されない場合には、自分が捨てた産業廃棄物が今どこで何をしているのかを速やかに追跡するのも、産業廃棄物を搬出した事業者の責任となります。そして、都道府県の知事まで速やかに報告する義務も伴います。

     

    Check!!
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つ7つのポイント
  •  

     

    産業廃棄物問題


    産業廃棄物をそのままゴミとして処理してしまうと、大量のゴミが出てしまいます。産業活動を活性化しながらも地球の自然環境にダメージを与えないようなシステムを作り出すためには、産業活動のプロセス中に発生する不用品や廃棄物、つまり産業廃棄物をゴミにするのではなく、リサイクルで再利用できることが理想的です。

     

    例えば、車や自転車などのタイヤを製造する際には、タイヤの端材がたくさん不要物として出てしまいます。また、タイヤは消耗品ですから、使えなくなった廃タイヤなどもどんどん回収されてきます。こうした端材や廃タイヤは、現在では道路の舗装工事で使用するコンクリートに混ぜ込み、透水性がありながらも弾力性に優れた材料としてリサイクルされています。

     

    また、プラスチックの端材やゴミ回収されたプラスチックなどは、粉砕処理が施されて別のプラスチック製品として使われたり、コンクリートや製鉄などの燃料として使用されたりするようです。このように、産業廃棄物には、硝子、金属、プラスチック、紙、ゴム、コンクリートなど、リサイクルで再利用できる素材がたくさんあります。近年の日本では、産業廃棄物の95%はリサイクルされていて、最終的に埋め立て処理されるのはわずか5%といわれています。しかし、その5%といっても年間に何百万トンという膨大な量。この5%でも、地球の自然環境には良くない影響を与えているわけです。そう考えたら、これからリサイクル技術はもっと進歩してほしいですね。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • リユースを進めよう(リユース業者と海外輸出先情報)
  • 各国の人気商品と海外リユース先情報
  • 人間が原因の環境問題(エコロジカル・フットプリント)
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  • 電化製品に含まれるレアメタル(希少金属)とは?
  • 環境に与える問題や対策
  • 不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリット
  • ゴミの処理問題と対処法
  • 自治体と回収業者の違い
  • 粗大ゴミ処分の方法と選択肢
  • 会社(法人)所有の家電・パソコンの処分方法
  • 廃棄物を扱う場面で必要になる責任や資格
  • リユースやリサイクルをする理由や方法・その後
  • リサイクルとリユースの比較検討
  • リサイクル家電を処分する前に見るポイント
  • リサイクルショップに売る前に見るポイント
  • ネットオークションとフリマ売却で役立つ基本知識
  • 寄付、寄贈の前に確認するポイント
  • 産業廃棄物のマニフェスト管理に役立つポイント
  • 廃棄物処理の歴史/ルール年表
  • 環境法リスト一覧
  • レアメタルや非鉄金属リスト一覧
  • 廃棄物の区分とそれぞれの許認可一覧
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP