広告

 

> > > > >

 

テレビの処分方法や料金、その他のお役立ち情報を徹底検証

 

クエスチョン

テレビのリユースとは?

アンサー

日本のメーカーは優秀なので、多少古くなりリサイクルショップなどで買い取りをしてもらえないようなものでも、海外では修理をして再利用されています。多少古くなったからといってすぐに廃棄するのではなく、リユースを考えることが環境を守ることにもつながります。

 

目次

 

テレビの処分をする前に、買取りの価値があるかどうかも検討してみましょう。状態が良く、条件が揃っていれば、買い取りに出すべきかもしれません。リユース、リサイクルといった環境意識と同時に知識強化を図りましょう。

 

  • テレビの買い取り最適化
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    テレビの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント


    テレビの買い取り先を探すなら、リサイクルショップやネットオークションを利用するという方法があります。画面割れなど故障を起こしてないことを前提に、製造年月が6年以内であればリサイクルショップへ、それ以上の場合はネットオークションに出品するとよいでしょう。特に液晶テレビプラズマテレビは買い取り価格が付きやすく、状態によっては数万円で取引される場合もあります。それに対して、ブラウン管テレビは、すでにアナログ放送が終了しているため、ほとんど値段がつくことはありません。

     

    ただし、プレミア感のあるテレビの場合、ネットオークションなら数千円~数万円の価格がつく可能性もあります。ですが、なるべく早く処分したいという場合は、あまり欲を欠かず低価格で出品することをおすすめします。また、ネットオークションの場合は、梱包サービスを利用すると、面倒な梱包をスタッフが代わりに行ってくれることもあるので便利です。送料を相手負担にしておけば、そのようなオプションサービスの費用も払う必要がありません。

     

  • オークションとフリマ売却で役立つ7つの基本知識
  • リサイクルショップで売る前に見る7つのポイント
  •  

    しかし、上記を利用できるのはあくまでも壊れていない優良テレビのみであり、人気の高い液晶テレビやプラズマテレビであっても、一部分に不良があれば、なかなか買い手がつかないものです。場合によっては、リサイクルショップであっても処理費を請求されることもあり、結局リサイクル料金を支払って処理することと変わりません。そのような場合は、いっそのことリユース専門業者に回収依頼するという方法もあります。

     

    リユースとは、製品の再製品化を意味する言葉であり、リデュース、リサイクルとともに「3R」と呼ばれています。「3R」とは、循環型社会を推進するために資源の過剰な生産・消費を抑制するためのキーワードであり、リサイクルが故障に有無に関わらず、回収した製品をすべて分解処理してもとの資源に戻すのに対し、リユースは故障などを発見しても、一部の部品などを交換することで、再び製品として利用できるようにします。

     

    リサイクルショップなどに並んでいるテレビも、リユースしたテレビといえます。しかし、リユースした日本製のテレビは、国内よりも海外での人気が高いです。リユース専門店である弊社及びその取引先では、先進国を含め50か国以上の国や地域と取引しており、日本製ということもあり、中古でありながら性能の良いテレビが手に入るとして、各国のバイヤーから高い評価を受けています。

     

    弊社が回収したリサイクル家電の行方については、

  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「テレビ」

    家電量販店で新しくテレビを選ぶ際に考えたいことは、ただ番組を見ることができるだけではなく、その後そろえるかもしれない周辺機器に関しても意識する必要があります。HDMIポートの数はそれらの機器との同時接続数になるからです。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • テレビのリサイクル料金の徹底検証とその他の手段
  • テレビの廃棄にかかる料金を検証する
  • テレビに含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • 失敗しない賢いテレビの選び方とは?
  • 人気のテレビの徹底検証とその後の処分方法
  • 安いテレビの購入価値とデメリットを検証
  • 中古のテレビの利用価値と再使用の最適化
  • お買い得なアウトレットテレビの良しと悪し
  • テレビのよくあるハプニングと破損時の処分方法
  • テレビを購入するときの注意点とその最適化
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  • パソコンに関する12のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP