広告

 

> > > > >

 

テレビの処分方法や料金、その他のお役立ち情報を徹底検証

 

クエスチョン

テレビのリユースとは?

アンサー

日本のメーカーは優秀なので、多少古くなりリサイクルショップなどで買い取りをしてもらえないようなものでも、海外では修理をして再利用されています。多少古くなったからといってすぐに廃棄するのではなく、リユースを考えることが環境を守ることにもつながります。

 

目次

 

テレビは安いにこしたことはありません。しかし当然、『安かろう悪かろう』では嫌ですね。すぐ壊れてしまったら結局お金がかかってしまいます。無駄なテレビの処分をしないように、知識強化を図りましょう。

 

  • 安いテレビの価値
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    安いテレビの購入価値とデメリットを検証


    テレビを購入する時は、性能やサイズだけでなく費用を比較することも大切です。といっても、かつては数十万円したテレビも、現在では数万円で購入できるケースも少なくなく、安くて性能の良い製品を見つけるのはさほど苦労しないでしょう。また、その中でも特に安いテレビといえば、新興国である韓国や中国の電機メーカーのテレビです。特にサムスン電子LG電子など韓国の電機メーカーは、液晶テレビ部門では世界でもトップシェアを誇っており、一定の性能と低価格をウリに販売台数を伸ばしています。

     

    ただし、各社ともに日本市場ではあまり展開しておらず、店頭で探すことは難しいでしょう。一方、中国の電子メーカーであるハ海信集団(ハイセンス)も、50型の大型テレビを10万円以下で日本市場に投入するなど、低価格路線で勝負しています。なるべく安いテレビを購入したいと思ったら、海外製の製品をチェックすることも一つの方法です。

     

    しかし、安いという理由だけで購入すると、数年で壊れてしまうこともあります。そのため、価格だけでなく保証期間についてもきちんと確認する必要があります。もしも保証期間が短い場合、壊れてしまったら当然廃棄処分することになります。しかし、テレビは家電リサイクル法に基づいて処分する必要があるため、国内外のメーカーに関わらず、処分のためにはリサイクル料金が必要になります。収集運搬費も含めると、リサイクルにかかる費用は小型のテレビでも3,000円以上、大型のテレビは4,000円以上の費用がかかります。

     

    しかも、壊れやすいということは、それだけ廃棄物が発生しやすいということであり、環境にとっても良くありません。性能に関わらず、新しいテレビを数年ごとに買い替えているという方でも、長持ちするテレビを使用すれば、買い替える時にリサイクルではなくリユースという選択肢を選ぶことができます。リユースとは、一部を修理して再販売することであり、リサイクルと同じく、循環型社会を推進するための「3R」の1つです。リユースのために回収したテレビは、国内よりも海外での人気が高いため、ほとんどの場合輸出されます。

     

    弊社及びその取引先では、先進国を含む50か国以上の国と取引しておりますが、中古テレビを輸出することは、現地の雇用を生み出す一助となっており、品質の良いテレビほど現地の方にも喜ばれます。そのため、リユースについても考えるなら、テレビを購入する時は、価格だけでなく製品の耐久性や信頼性などについても考えることが大切です。

     

    弊社が回収したリサイクル家電の行方については、

  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「テレビ」

    お茶の間はいつの日からかリビングルームと言われるようになりました。テレビもそのように進化するライフスタイルに合わせたデザイン的変化を遂げています。居住空間をなるべく広く保つために薄型化したことをはじめ、エコの観点からも省エネ性能に優れているものばかりです。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • テレビのリサイクル料金の徹底検証とその他の手段
  • テレビの廃棄にかかる料金を検証する
  • テレビに含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • 失敗しない賢いテレビの選び方とは?
  • 人気のテレビの徹底検証とその後の処分方法
  • テレビの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント
  • 中古のテレビの利用価値と再使用の最適化
  • お買い得なアウトレットテレビの良しと悪し
  • テレビのよくあるハプニングと破損時の処分方法
  • テレビを購入するときの注意点とその最適化
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  • パソコンに関する12のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP