広告

 

> > > > >

 

テレビの処分方法や料金、その他のお役立ち情報を徹底検証

 

クエスチョン

テレビのリユースとは?

アンサー

日本のメーカーは優秀なので、多少古くなりリサイクルショップなどで買い取りをしてもらえないようなものでも、海外では修理をして再利用されています。多少古くなったからといってすぐに廃棄するのではなく、リユースを考えることが環境を守ることにもつながります。

 

目次

 

テレビを購入する前に、自分の環境や条件に合ったテレビの選び方を検証してみましょう。そうすれば簡単には無駄にテレビを処分することにはなりませんよね。

 

  • テレビの選び方
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    失敗しない賢いテレビの選び方とは?


    テレビには、液晶テレビプラズマテレビワンセグテレビなどがあり、さらにそれぞれ様々な機能が付いており、何を購入してよいのか迷ってしまう方も多いと思います。しかし、まずは何といってもテレビの大きさを決めることです。そして自分に合ったテレビの種類や機能を決めたあと、各メーカーの製品を比べ、価格を比較するという流れになります。そのため、まずはテレビの大きさについて見てみましょう。

     

    日本の家屋は8畳一間が多いですが、8畳の部屋に合うのは32~46インチです。32インチというのは、ちょうど新聞紙を広げた大きさですが、この最適な大きさというのは、テレビ画面との距離感によって決まります。一般的にテレビ画面との最適な距離は、テレビ画面の高さの3倍であり、46インチであれば1.7メートル、37インチであれば1.4メートル、26インチであれば0.9メートルとなります。サイズの違う同じ種類の製品が、ほとんど同じ価格で販売されていることもありますが、値段があまり変わらないからといって無暗に大きな製品を選ぶと、目が疲れてしまうこともあるので注意しましょう。また、部屋の大きさだけでなく、テレビを見るソファーベッドの位置なども計算しながらサイズを選ぶことが大切です。

     

    次に、テレビの種類や機能についてですが、テレビは主に液晶テレビとプラズマテレビがあり、価格の安さや消費電力の低さなどで重視するなら液晶テレビ、スポーツ番組や映画などを見るのであれば、素早い動きや黒のコントラストに対応できるプラズマテレビがおすすめです。ただし、画質については個人の好みもあるので必ず店頭で確認した方がよいでしょう。その際、画面の斜めや下からも見えるかチェックしたり(特に家族全員でテレビを見る方は注意です)、テレビの裏面を触って熱がこもらないか確認しましょう。

     

    そして意外と見落としがちなのがリモコンであり、自分にとって操作がしやすいかどうか確認しましょう。その他にも3D映像の見えるテレビなどもありますが、見え方には個人差があるため、こちらも店頭で実際に確認する必要があります。また、標準画質からハイビジョンやフルハイビジョンに変えた時の見え方も確認しましょう。絵が細かいからといって、一概に高画質とは限りません。その他にも、テレビには様々な機能がついており、それぞれ比較する必要がありますが、機能が多くても使わなければ意味がないため、自分に必要なものかどうかじっくり考えましょう。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「テレビ」

    ワンセグ放送は地デジとは違うものですが、それらの電波を受信して全チャンネル分のテレビ番組を保存するレコーダーが存在します。ハードディスクに保存し、それらの番組はスマホやパソコンでネットワークを介して視聴できるという製品です。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • テレビのリサイクル料金の徹底検証とその他の手段
  • テレビの廃棄にかかる料金を検証する
  • テレビに含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • 人気のテレビの徹底検証とその後の処分方法
  • 安いテレビの購入価値とデメリットを検証
  • テレビの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント
  • 中古のテレビの利用価値と再使用の最適化
  • お買い得なアウトレットテレビの良しと悪し
  • テレビのよくあるハプニングと破損時の処分方法
  • テレビを購入するときの注意点とその最適化
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  • パソコンに関する12のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP