広告

不用品処分

 

 

> > > > >

 

テレビを購入するときの注意点とは?画質や値段、特徴から考察する!

 

クエスチョン

テレビを買うときに注意することはありますか?

アンサー

テレビが部屋のサイズに合っているかが重要です。大きすぎても、小さすぎてもよくないので、部屋のサイズや設置場所の詳細をメモして、購入先で相談することがいいと思います。

 

目次

 

テレビには、液晶、プラズマ等様々なタイプがあります。自分に合ったテレビとは、どのような検証の下に割り出されるのでしょうか。失敗しない為の知識強化を図りましょう。

 

チェック

 

  • テレビを購入するときの注意点
  • テレビの選び方
  • 安いテレビ
  •  

     

     

    テレビを購入するときの注意点とは?画質や値段、特徴から考察する!

     

    説明

     

    テレビを購入する時の注意点として、テレビの種類があげられます。テレビは主に、液晶テレビやプラズマテレビがありますが、どちらも形が似ているからといって同じようなものだと考えて購入すると、失敗する可能性があります。というのも、液晶テレビとプラズマテレビには明確な違いがあり、見たい番組や視聴時間などによってもおすすめできる種類が異なります。

     

    まずは液晶テレビについてですが、液晶パネルを採用している液晶テレビは、バックライトから照射する光をパネルの開閉によって調節しており、ある程度の画質はありますが、黒の表現が難しく、黒つぶれや白飛びが発生しやすいというデメリットがあります。また、反応速度が遅いため、スポーツなど動きの早い映像では残像となることもあります。しかし、小型化がしやすいこと、コストパフォーマンスが優れていることから、一人暮らしの大学生や、寝室などのセカンドテレビとして活用する方が多く、消費電力も少ないため、長時間テレビを見る方や、ゲームをする方に向いています。

     

    液晶テレビ

     

    また、テレビを長時間使用する方にはリヤプロジェクションもおすすめです。リヤプロジェクションは、液晶テレビやプラズマテレビのように、寿命が来たからといってティスプレイごと交換する必要はなく、ランプを交換するだけで再び使用できるようになるので、大変経済的です。

     

    一方、プラズマテレビは、画素の一つ一つがプラズマ発光体という、小さな蛍光灯のような物質の集合体によってできているため、色彩が非常に豊かであり、黒の表現も得意なため、映像のコントラストをはっきり感じることができます。また、画面の早い動きにもきちんと対応することができるため、スポーツ番組や映画など、映像そのものを楽しみたい方に向いています。ただし、プラズマテレビは熱を発しやすく、焼き付きを起こしやすいというデメリットがあります。そのため、一時停止を押したままトイレに行くと、わずか数分でも焼き付きが起きてしまうことがあり、ゲームなどには向きません。また、消費電力が高いため、特に映像にこだわりたい方以外には、あまり一般向きではありません。

     

    ただし、画質が良いといっても、個人の好みもありますので、実際に店頭で確認してから購入した方がよいでしょう。ちなみに、画質にこだわるのであればプロジェクターテレビもおすすめです。プロジェクターテレビは、液晶テレビと同じように光源を必要とするテレビですが、暗い映像でもディティールを細かく映し出し、映像美に優れています。

     

     

    失敗しない賢いテレビの選び方とは?

     

    説明

     

    テレビには、液晶テレビやプラズマテレビ、ワンセグテレビなどがあり、さらにそれぞれ様々な機能が付いており、何を購入してよいのか迷ってしまう方も多いと思います。しかし、まずは何といってもテレビの大きさを決めることです。そして自分に合ったテレビの種類や機能を決めたあと、各メーカーの製品を比べ、価格を比較するという流れになります。そのため、まずはテレビの大きさについて見てみましょう。

     

    日本の家屋は8畳一間が多いですが、8畳の部屋に合うのは32~46インチです。32インチというのは、ちょうど新聞紙を広げた大きさですが、この最適な大きさというのは、テレビ画面との距離感によって決まります。一般的にテレビ画面との最適な距離はテレビ画面の高さの3倍であり、46インチであれば1.7メートル、37インチであれば1.4メートル、26インチであれば0.9メートルとなります。サイズの違う同じ種類の製品が、ほとんど同じ価格で販売されていることもありますが、値段があまり変わらないからといって無暗に大きな製品を選ぶと、目が疲れてしまうこともあるので注意しましょう。また、部屋の大きさだけでなく、テレビを見るソファーやベッドの位置なども計算しながらサイズを選ぶことが大切です。

     

    次に、テレビの種類や機能についてですが、テレビは主に液晶テレビとプラズマテレビがあり、価格の安さや消費電力の低さなどで重視するなら液晶テレビ、スポーツ番組や映画などを見るのであれば、素早い動きや黒のコントラストに対応できるプラズマテレビがおすすめです。ただし、画質については個人の好みもあるので必ず店頭で確認した方がよいでしょう。その際、画面の斜めや下からも見えるかチェックしたり(特に家族全員でテレビを見る方は注意です)、テレビの裏面を触って熱がこもらないか確認しましょう。

     

    そして意外と見落としがちなのがリモコンであり、自分にとって操作がしやすいかどうか確認しましょう。その他にも3D映像の見えるテレビなどもありますが、見え方には個人差があるため、こちらも店頭で実際に確認する必要があります。また、標準画質からハイビジョンやフルハイビジョンに変えた時の見え方も確認しましょう。絵が細かいからといって、一概に高画質とは限りません。その他にも、テレビには様々な機能がついており、それぞれ比較する必要がありますが、機能が多くても使わなければ意味がないため、自分に必要なものかどうかじっくり考えましょう。

     

     

    安いテレビの購入価値とデメリットを検証

     

    テレビを購入する時は、性能やサイズだけでなく費用を比較することも大切です。といっても、かつては数十万円したテレビも、現在では数万円で購入できるケースも少なくなく、安くて性能の良い製品を見つけるのはさほど苦労しないでしょう。また、その中でも特に安いテレビといえば、新興国である韓国や中国の電機メーカーのテレビです。特にサムスン電子やLG電子など韓国の電機メーカーは、液晶テレビ部門では世界でもトップシェアを誇っており、一定の性能と低価格をウリに販売台数を伸ばしています。

     

    ただし、各社ともに日本市場ではあまり展開しておらず、店頭で探すことは難しいでしょう。一方、中国の電子メーカーであるハ海信集団(ハイセンス)も、50型の大型テレビを10万円以下で日本市場に投入するなど、低価格路線で勝負しています。なるべく安いテレビを購入したいと思ったら、海外製の製品をチェックすることも一つの方法です。

     

    しかし、安いという理由だけで購入すると、数年で壊れてしまうこともあります。そのため、価格だけでなく保証期間についてもきちんと確認する必要があります。もしも保証期間が短い場合、壊れてしまったら当然廃棄処分することになります。しかし、テレビは家電リサイクル法に基づいて処分する必要があるため、国内外のメーカーに関わらず、処分のためにはリサイクル料金が必要になります。収集運搬費も含めると、リサイクルにかかる費用は小型のテレビでも3,000円以上、大型のテレビは4,000円以上の費用がかかります。

     

    しかも、壊れやすいということは、それだけ廃棄物が発生しやすいということであり、環境にとっても良くありません。性能に関わらず、新しいテレビを数年ごとに買い換えているという方でも、長持ちするテレビを使用すれば、買い換える時にリサイクルではなくリユースという選択肢を選ぶことができます。リユースとは、一部を修理して再販売することであり、リサイクルと同じく、循環型社会を推進するための「3R」の1つです。リユースのために回収したテレビは、国内よりも海外での人気が高いため、ほとんどの場合輸出されます。

     

    輸出

     

    大抵の不用品回収業者は引き取り後のテレビリユース方法として、先進国を含む50か国以上の国と取引しておりますが、中古テレビを輸出することは、現地の雇用を生み出す一助となっており、品質の良いテレビほど現地の方にも喜ばれます。そのため、リユースについても考えるなら、テレビを購入する時は、価格だけでなく製品の耐久性や信頼性などについても考えることが大切です。

     

     

    テレビの選び方
  • 最近は4Kテレビばかりになっているが、よく見る番組によっては今までのテレビでもそこまで変わらない場合もある
  • 部屋の大きさ、値段を考えながら選ぶことが第一優先
  • 無理に大きいサイズを買っても目に負担を与える可能性がある
  •  

     

    「テレビについての小話」

    同じ時間帯に見たいテレビ番組が重なってしまうと、その時間にはどれかひとつしか見ることができません。「その時」にどの番組が見られているのかという指標が視聴率です。ですが、実際は録画してあとからじっくり楽しむというテレビの視聴方法を多くの方が取り入れています。

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • テレビのメーカー別回収方法
  • 液晶テレビやプラズマテレビ
  • ワンセグテレビ
  • ブラウン管テレビ
  • リサイクルとは違うリユースの流れ
  • 処分方法や料金、その他のお役立ち情報
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP