広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

タイプ別テレビの処分方法や注意点

 

クエスチョン

テレビの種類によって、処分方法は変わりますか?

アンサー

ブラウン管や液晶、他のタイプでも処分方法は変わりません。ただ、古いブラウン管タイプの場合、重量が他のタイプよりもあるため、引取り作業などの確認が必要になりますので注意しなければなりません。

 

目次

 

テレビのタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。テレビの回収依頼をする前にそれぞれの処分方法や注意点を確認しておくことをお勧めしています。

 

チェック

 

  • アナログテレビ
  • プラズマテレビ
  • 液晶テレビ
  • ワンセグテレビ
  • ブラウン管テレビ
  • 捨てる方法
  •  

     

     

     

    アナログテレビの処分方法の最適化と注意点

    アナログ放送の終了にともない、アナログテレビが大量に廃棄されるようになりましたが、ゲームや監視カメラなどに利用している方も多く、本格的に壊れてからアナログテレビを廃棄しようと考えている方も多いと思います。アナログテレビを処分するためには、基本的にリサイクル料金を払ってメーカーのリサイクルプラントで処理してもらいます。  続きを読む

     

     

    プラズマテレビの処分するときの注意点

    テレビには主に液晶テレビとプラズマテレビがあります。どちらも見た目が似ているので違いが分からない方も多いと思いますが、液晶テレビは、バックライトの光を液晶パネルの開閉によって調整し、色を制御する方式です。一方、プラズマテレビは、画素の1つ1つをプラズマ発光によって作り出すため、光の調整に優れており、液晶テレビよりも色鮮やかです。  続きを読む

     

     

    液晶テレビの回収依頼をする前に見る知識・情報

    テレビの種類は主に、液晶テレビ・プラズマテレビ・ブラウン管テレビの3種類ありますが、アナログ放送が終了したことでブラウン管テレビの国内生産は終了し、店頭で見かけることもなりました。また、アナログ放送が終了する際に、ブラウン管テレビの買い換え品として液晶テレビを選択した方も多いと思いますが、その時に店頭でリサイクル券を発行し、ブラウン管テレビを一緒に回収してもらったことと思います。 続きを読む

     

     

    ワンセグテレビの処分方法と選択肢

    テレビといえば、液晶テレビやプラズマテレビを思い浮かべる方も多いと思いますが、ワンセグテレビも立派なテレビの一つです。ワンセグとは、携帯電話やスマートフォンなど携帯機器を受信対象とする地上デジタルテレビ放送であり、2006年以降受信できるエリアが拡大し、現在では地上デジタル放送よりも広いエリアで利用することが可能となっています。 続きを読む

     

     

    ブラウン管テレビの賢い捨て方を考察する。

    ブラウン管テレビは、液晶テレビやプラズマテレビと違ってすでに生産がストップされているため、メーカーに送っても部品がないのでリサイクルされず、廃棄処分となります。一応、郵便局でリサイクル券を購入し、ブラウン管テレビを購入した家電ショップに持ち込めば回収してもらうことができますが、廃棄費用として規定のリサイクル料と収集運搬料金が3,000~5,000円ほどかかります。 続きを読む

     

     

    テレビを捨てる最善の方法を検証する

    テレビを捨てる方法はいくつかあります。たとえば、テレビはそのまま粗大ゴミとして出すことができないため、家電ショップに持っていきリサイクル料を支払って回収してもらうという方法があります。リサイクル料金とは、2001年に施行された家電リサイクル法法に基づく処置であり、消費者は不要なテレビを家電ショップや各自治体の指定引取場所に持っていき、リサイクルする必要があります。 続きを読む

     

     

     

     

    同じテーマの他の記事

  • 4つのタイプのエアコン回収/処分に関する注意点
  • タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点
  • 4つのタイプの洗濯機回収/処分に関する注意点
  • 7つのタイプのパソコン回収/処分に関する注意点
  • 不用品処分の依頼方法や注意点を確認する6つの項目
  • 不用品回収を依頼する前に確認する20の情報や注意点
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP