広告

 

> > > > >

 

ブラウン管テレビの賢い捨て方を考察する。

 

クエスチョン

ブラウン管テレビを無料で処分する方法はありますか?

アンサー

結論から言うと、無料で引き取る業者はほとんどいません。液晶テレビであれば無料で引き取り業者もありますが、新しいものはリサイクルショップで売れる可能性もあります。無料で処分することを考えるよりも、まとめて依頼したり、買取や割引を利用して、処分費用を安くしていく方法を考えることをお勧めしています。

 

目次

 

テレビのタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。テレビの回収依頼をする前に、それぞれの処分方法、注意点を確認しておきましょう。ここでは、『ブラウン管テレビ』についての詳細を記載しています。「リサイクル対象家電」と「PC」の処分をする際の7つの選択肢リサイクル家電処分の7つのポイントと共にご確認下さい。

 

  • 捨てる前に考えること
  • 無料で処分する3つの方法
  •  オークションサイト
  •  コミュニティ
  •  海外リユース

  • 不用品回収業者に処分の依頼をした時の料金例
  • その他の関連する記事
  •  

     

     

    ブラウン管テレビの賢い捨て方を考察する。

     

    ブラウン管テレビオークションサイト

     

    ブラウン管テレビは、

    液晶テレビプラズマテレビと違ってすでに生産がストップされているため、メーカーに送っても部品がないのでリサイクルされず、廃棄処分となります。原則、郵便局でリサイクル券を購入し、ブラウン管テレビを購入した家電ショップに持ち込めば回収してもらうことができますが、廃棄費用として規定のリサイクル料と収集運搬料金が、3,000~5,000円ほどかかります。

     

    しかし、製品の廃棄のためにお金をかけたくないという方も多いと思います。そのため、リサイクルショップに持ち込む方も多いと思います。しかし、地デジに移行した現在では、ブラウン管テレビの国内の需要は大変低く、廃棄にも費用がかかるため、買取してもらうことは難しいでしょう。

     

    また、トリニトロン管を使用しているソニーのブラウン管テレビの場合、大変重いことに加えて、3原色まとめた電子銃など独特の製品構造をしているため、海外に輸出することができず、廃品回収業者であっても回収を断られることがあります。ただし、小型・中型サイズであればソニー製ブラウン管テレビでも無料回収OKという場合もありますし、処理費を払えば回収してもらえる場合もあります。しかし、無料回収業者の中には必要なテレビ以外を回収しても、すぐ不法投棄してしまう業者もあるので、古物商の許可番号が提示されていない業者には注意する必要があります。

     

     

     

    ブラウン管テレビを無料で処分する3つの方法(+1)

     

    ブラウン管テレビオークションサイト

     

    オークションサイト

     

    ブラウン管テレビをどうしても無料で処分したいという場合の方法はあります。多少手間になってしまいますが、費用がかかるよりもマシだと考える方向けです。インターネットではさまざまなものがやりとりされています。オークションのように個人間での売買も盛んです。インターネットオークションを用いて誰かにそのブラウン管テレビを買い取ってもらうという方法をとることが可能です。

     

    国内のインターネットオークションサービスにはさまざまなものがありますが、中でもトップシェアを占めているのがヤフオク!です。ヤフオクはインターネットオークションシェアの89パーセント以上を誇る国内最大のオークションサービスです。登録には費用はかからず、落札された場合にのみ費用がかかります。かかる費用は売上げ額の5.4パーセントです。ヤフオクの利用者のうち、ユーザーは車用品やPC周辺機器など、機械系に強いユーザーも多く存在しています。ジャンク品として出品してもそれを修理したり改造したりして用いることができるユーザーがたくさんいます。

    また、海外からの落札も多いのがヤフオクの特徴です。日本製のブラウン管テレビを必要とする海外の方と直接やりとりすることもできます。言葉が通じるかどうか不安という方でも問題ありません。海外からヤフオクを利用する方は、それが日本のサービスという基本認識を持っています。そのため日本語でコミュニケーションが取れることを前提として海外向けに出品してもまったく問題ありません。この方法は手間がかかっても、少し儲けが出せる可能性がある方法となります。ヤフオクはあくまでも個人間のやりとりになりますので、入金確認や発送などは自身の責任で行う必要があります。

     

     

    ブラウン管テレビコミュニティ

    コミュニティ

     

    ヤフオクの他にもインターネットを用いてブラウン管テレビを処分できる方法があります。売買でなくても構わない、ただ手元から持って行ってもらえればいいという方、オークションなどのような手間をかけたくないという方向けの方法になります。この方法を用いれば手軽に、しかも手数料などもかからずテレビを処分することが可能です。その方法とは個人間譲渡のコミュニティを用いるということです。個人間譲渡とは、文字通り個人間で物をやりとりする言葉です。ただ、費用などをかけないというだけです。使えないブラウン管テレビを売却するのはどうしても気が引けるという方や、金銭的なやりとりに不安を感じるという方はこちらの方がオススメです。

     

    近年ではいくつかの個人間譲渡サービスが立ち上がっています。ユーザー登録などをして利用することになります。物をあげます、という形で掲載できるシステムを備えているサイトも多く、譲渡する条件として引き取りにこれることなどを込めることもできます。自身である程度運搬できるという場合は、地域を指定して届けることを記すとある程度貰い手の幅が広がります。オークションに出す際にも重要になりますが、引き取ってもらいたい物の写真がとても大切です。どのようなデザインか、どのような状態か、ということをしっかりと記すことで検討する側のイメージもつきやすくなります。引き取った後どのようなことに使用するのかはその人の自由ということになります。不具合など特筆すべき情報がある場合はそれもしっかりと伝えることが大切です。

     

     

    ブラウン管テレビ海外リユース

    海外リユース

     

    海外向けの販売ルートを持った事業者がいれば、直接交渉して譲るという手もあります。海外ではある程度まだ需要があるブラウン管、そして日本製で質が良いとなれば、リユース品を輸出している事業者にとってはとても価値のある商品です。引き取りに来てもらうかわりに対価をもらわないなどの交渉を行うことで、スムーズに引き取ってもらえる可能性が高くなります。こちらから持ち込むことができるのであればそれでも構いません。

     

    海外向けに転売することが明白である場合、しっかりと使えるか、あるいは修理ができる状態であることが条件になります。事業者によっては使えるもの以外は引き取らないと決めているところもあれば、多少の破損であれば修理できるというところもあります。事業者によって異なりますので、交渉可能な相手が複数いる場合は状態をしっかり伝えてまずは相談することがポイントになります。中には深く事情を聞かず、とりあえず回収しますという事業者もいます。

     

    そのように軽く応じてくれるところに対しては、どのような事業内容なのか、誰に対してビジネスをしているのかなど、信頼性を測ることも大切です。適正な流れでそのテレビを取り扱ってくれる相手に引き渡すことが大切です。家電製品の修理などを行う事業者であれば、しっかりとメンテナンスした上で輸出してくれることが期待できます。ただ手放すのではなく、そのように手放す物がどのような行く末をたどるのかをイメージした取り引きが大切です。ただテレビがなくなればいいという考えはあまりよくありません。

     

     

    また、日本ではほとんど需要のなくなったブラウン管テレビですが、ブラウン管が医療用機器や産業機器などに使用されている海外では、これらの補修部品としてブラウン管テレビの需要は高く、特に小型テレビの人気は高いです。そのため、リユース(再製品化)可能なテレビであれば、リサイクルよりもリユースした方が、喜んで購入してくれる方もおりますし、廃棄処分にならないため環境への負荷も軽減することができます。

     

     

    テレビ処分の選択肢
  • リユース業者に無料回収可能か確認する
  • 使用できる場合はオークションや友人に譲り再利用する
  • 故障等で処分が必要な場合は平均で3,000~5,000円の費用がかかる
  •  

    「テレビの小話」

    現実に不満がある方、何か物足りないと感じている方はテレビの世界やインターネットの世界に充足を求める傾向にあります。多かれ少なかれ、テレビを見ることが日頃のストレスを発散することに一役買っているのであれば、精神衛生的にもテレビは必要です。

     

     

     

    不用品回収業者にブラウン管テレビの処分を依頼した時の料金例

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • テレビのメーカー別回収方法
  • 液晶テレビやプラズマテレビ
  • ワンセグテレビ
  • リサイクルとは違うリユースの流れ
  • 処分方法や料金、その他のお役立ち情報
  • 購入するときの注意点
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP