広告

 

> > > >

 

リサイクル家電の回収/処分にまつわる背景とその理由

 

クエスチョン

リサイクル家電を処分する目的は?

アンサー

新しいパソコンを購入する時は、使用目的に合ったものを購入するべきです。あまり使う機会がないのであればコンパクトで安価なノートパソコン、仕事で使う場合、データ容量が多い機能重視のデスクトップパソコンのように考えて購入すれば失敗はなくなります。

 

 

目次

 

  • 弊社が行うテレビ回収とは
  • メリット
  • デメリット
  •  

     

     

     

    テレビの回収を依頼する意味とは

     

    『テレビの回収依頼』という選択肢とは?

     

    不要になったテレビを

    再利用のために回収することであり、回収されたテレビは工場で部品や素材に分解され、新しいテレビへと生まれ変わります。2001年4月に施行された家電リサイクル法によって、不要になったテレビをそのままゴミ捨て場に投棄することはできなくなり、リサイクル料を支払って小売店または市町村に回収してもらいます。

     

    また、廃品回収業者の中には、

    リサイクル料を払わなくても無料で回収しているところもありますが、日本製の中古テレビは海外で人気が高いため、無料で回収しても利益になるという背景があります。しかし、大型テレビは輸出することができないため、21インチ以上のテレビの回収にはリサイクル料がかかることが多いです。その場合、メーカーが発表している正規のリサイクル料よりも高めに要求されることがあるため注意が必要です。

     

    また、廃品回収業者がテレビを引き取る時、いちいち性能などをチェックせず、とりあえず回収できる分だけトラックに詰め込むというスタイルが一般的なので、あとで性能をチェックした時にきちんと作動しないテレビというのももちろんあります。その場合、リサイクル工場に持っていくと費用がかかるため、適当に不法投棄するという業者もいます。

     

    もちろん、きちんとリサイクルに出してくれる業者もいますが、悪い業者に引っかからないよう、古物商許可証番を公開しているか事前に確認し、業者の名前や住所、連絡先などについてもメモしましょう(もしも回収されたテレビが近所に不法投棄されていた場合、メモをもとに警察に連絡します)。しかし、そのようなトラブルを想定して業者を選ぶことは少々面倒でもあります。

     

    それならば、

    リユース専門業者として実績豊富な弊社に回収を依頼してみてはいかがでしょうか。リユースはしばしば、リサイクルよりも社会に優しいと言われます。というのも、リサイクルは一部の部品や資源以外は廃棄処分になってしまいますが、リユースは故障の原因である一部の部品を取り替えれば次の使用者を探せるため、環境に負荷を与えませんし、リユースされたテレビは途上国などに輸出され、現地で雇用を生んで経済成長をサポートします。そのため、まだ使えるテレビがあれば、リサイクル料を払って分解してしまうよりも、弊社のような専門店に回収を依頼した方が、社会貢献になりますし、ほとんどの場合回収費の方がリサイクル料よりも安くなります。

     

    弊社では、

    リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなテレビも回収し、リユースしています。壊れたテレビであっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていたテレビでもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    テレビ回収を依頼することのメリット

     

    どういうメリットがあるのか。

     

    テレビ回収のメリットは、

    何より再商品化して、資源のムダをなくせることです。要らなくなったテレビの処理方法は2つあり、1つは大型量販店や各自治体の指定引取場所に持っていきリサイクルすることですが、もう1つはリユース(再商品化)できる回収業者に持っていき、故障部分だけを直して他の消費者の手元に渡ることです。リサイクルは、確かに埋立処分よりも環境に優しく、レアメタルなどの資源確保にも繋がりますが、まだ使用できるテレビであっても工場で分解してしまい、新しい商品として使わないところは廃棄となります。そのため、中古として他の消費者に渡った方が、廃棄物を減らすことができます。

     

    また、リサイクルはタダではなく、

    各メーカーがリサイクルを行うために必要な経費と、小売店または指定取引場所からリサイクル工場に製品を輸送するための運搬費がかかります。車がない方の場合は、小売店に自宅までテレビを引き取りに来るよう依頼するしかないため、さらに手数料がかかります。合計すると、小型テレビであっても大体5,000円程度(引取依頼の場合は10,000円程度)かかってしまいます。リサイクルのためとはいえ、少々勿体ないと思う方も多いと思います。

     

    しかし、回収業者(古物商)の場合、

    リユースを前提としているため、回収費用はそれほど多くかかりません。たとえば、弊社の場合は15型未満のテレビ回収は1,700円から、15型以上は2,700円からとなっており、初回基本料として別途3,000円の費用がかかりますが、2回目以降は回収費のみとなっており、テレビ以外の電化製品もお手頃価格で回収を承っております。

     

    また、リサイクルの場合はメーカーによって回収できる製品が決められており、一部のテレビや電線・ビデオデッキなどの付属品の回収は不可というケースも多いです。しかし、弊社はテレビの種類に関わらず、どんな製品でも回収することができますし、電線やLANケーブルは無料で、ビデオデッキなども最低500円から回収することが可能です(ただし、リユースできない製品の回収は行っておりませんのでご注意ください)。

     

     

    テレビ回収依頼をすることのデメリット

     

    どういうデメリットがあるのか。

     

    循環型社会のためにメリットの多いテレビの回収

    ですが、実はデメリットもいくつか存在します。まず、古物商は回収したテレビを修理して再び中古として販売しますが、中古が多く売れるということは、その分新品のテレビの販売量に影響を与えます。新品のテレビは確かに中古よりも高いですが、メーカーが売上を伸ばさなくては、いくら中古が売れてもより良い製品の開発には繋がりません。幸い、日本では中古よりも新品の購入を希望する方が圧倒的に多いため、リユースしたテレビのほとんどが海外、特にアフリカなどの途上国に輸出されます。

     

    途上国では、

    新品のテレビを購入するだけの余裕がある方がなかなかいませんが、中古品としてでも日本製テレビの良さを分かってもらえると、経済力を持った時に新品を購入してもらえる可能性が高まります。また、輸出を通して、輸入する現地の中古販売員の雇用を生み出すため、途上国の経済力を高めるという相乗効果もあります。しかし、その一方で「偽装リユース」を行っている悪質な業者も存在しています。

     

    偽装リユース」とは、海外でリユースをするという名目で壊れた家電を輸出することであり、輸出した後で家電がどうなるか一切責任を負おうとしません。一般的に、不用になったテレビは日本で修理してから輸出せず、現地の技術者に何度も修理されながら使用されます。そのため、輸出の段階で中身について判断することはできず、ブラックボックスにしてまとめて輸送されてしまえば、国内で発生した廃棄物を外国に押し付ける形となり、環境問題の原因となります。

     

    このような悪質な手法は、

    する可能性が高く、一部の家電については輸入不可能の措置も取られています。悪質業者の荒稼ぎを防ぐためには、そのような業者に中古のテレビが渡らないよう、優良業者を選ぶことが大切です。弊社は、東京都公安委員会から古物商許可証を取得している古物商であり、リユース可能な製品以外回収しないため、そもそも廃棄物が発生することはありません。リユース可能な製品のみといっても、基本的な機能が使えれば良いので、一部の機能が壊れていても問題ありません。また、古いテレビを使用していると、漏電による火事の心配もあるため、まだ使用できるテレビであっても、一定期間を経過したら買い替えることをおすすめします。

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 洗濯機メーカー主要6社のリサイクル対策
  • 4つのタイプの洗濯機回収/処分に関する注意点
  • 洗濯機の処分に関する4つの法的観点
  • 洗濯機の設置・お手入れに関する5つの項目
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンの回収/処分にまつわる3つの背景
  • テレビの回収/処分にまつわる3つの背景
  • 冷蔵庫の回収/処分にまつわる3つの背景
  • パソコンの回収/処分にまつわる3つの背景
  • 不用品処分にまつわる3つの背景
  • 不用品回収に関する3つの背景
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP