広告

不用品処分

 

 

> > >

 

粗大ゴミの申し込みをする前に注意するポイントと流れ


  • 自治体の粗大ゴミ処分
          申し込みの流れ
          確認ポイント
  • 処理困難な大型ゴミ
          自治体以外の選択肢
                リサイクルショップへ(買取)
                回収業者
  • リサイクルとリユース
          リユースを考える
          自治体の動き
          まとめ
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

    ・NEXT(処理困難な大型ゴミ)

     

     

     

     

    粗大ゴミが出るタイミングと申し込み・処分方法


    引越しや大掃除など、片付けをする際に必ずといっていいほど発生するのが粗大ゴミです。

    この処分が厄介で引越し作業が滞ってしまうことも多いようです。また、大掃除や家具の買い替えなどの場合にも粗大ゴミが発生します。この粗大ゴミの不用品処分をどうするのかは、状況によって方法が異なってきます。

     

    自治体の粗大ゴミ回収サービスの流れを把握する

     

    自治体が行っている粗大ゴミ回収は、もっとも料金がかからない方法ですので、利用できる範囲で利用したいところです。

     

    自治体による粗大ゴミの回収はまず2つの方法に分けられます。自分で処理施設に持ち込む場合と、個別収集を依頼する場合です。自分で持ち込む場合には事前に申し込んでおけば一定の回数、あるいは点数の範囲内で無料で回収してもらうことも可能です。この辺の条件は各自治体によって異なるので、ホームページなどで確認しておきましょう。トラックを用意できる人、それほど大きくない粗大ゴミの場合に魅力的な選択肢となるでしょう。

     

    それから、個別収集を依頼する場合。大半のケースではこちらを選ぶことになるでしょう。この場合、まず粗大ゴミ受付センターに申込みを行います。電話のみの場合、メールでの依頼が可能な場合など、申込み方法は各自治体によって異なります。また受付の時間帯、曜日もしっかりと確認しておきたいところです。個別収集の場合にはお金がかかります。料金は粗大ゴミの大きさや種類によって異なっており、1点につき300~600円程度が一般的な設定となります。ただ、スプリングが入ったマットレスやベッド、車のタイヤなど、処理が大変なものは1,000円以上かかることもあります。

     

  • 回収業者の方がお得な不用品の例(主に家電製品)
  • 粗大ゴミの方がお得な不用品の例(主に家具)
  •  

    料金の支払い方法はシールの購入。粗大ゴミ処理手数料納付券といった名目でシールを購入し、それを粗大ゴミに貼り付ける形となります。このシールは郵便局や区役所、コンビニエンスストアなどで購入できます。なお、シールにゴミの種類や受付番号、収集日などを記入する場合もありますから、この点もあらかじめ確認が必要です。

     

    ここまで準備が終わったらあとは簡単。ポイントは収集場所に自分で出すこと。タンスや本棚など大きな不用品の場合は人手がどうしても必要となります。さらに当日朝8時~9時くらいまでの間に出しておく必要があります。前日の夜に出す方法もありますが、大きな粗大ゴミの場合は近所迷惑にもなりますからできるだけ避けるべきでしょう。そのためきちんど収集場所まで運ぶための準備も求められるのです。当日は立会いは不要で、収集場所に出しておけば回収してもらうことができます。

     

    粗大ゴミの不用品回収はこのような手順で行われます。少々手間がかかるのを惜しまなければ、不用品回収業者を使用せずとも大きな不用品を処分することができるでしょう。

     

    確認ポイント

     

    ■サイズ

    粗大ゴミの不用品処分におけるもっとも一般的な方法は自治体の回収に依頼することです。一般ゴミは通常30センチ×30センチ以内のサイズを回収対象としています。そのためこのサイズを越えるゴミがすべて粗大ゴミとなります。かなり厳しい条件と感じる人も多いかもしれません。粗大ゴミの場合、特定の回収日は設定されておらず、各自自治体に申し込む必要があります。

     

    ■料金

    回収は有料で、ひとつにつき300~600円程度の費用がかかります。費用に関しては粗大ゴミのサイズや種類によって異なります。具体的な方法は自治体によって多少異なりますが、基本的には費用を払ってシールを購入し、それを粗大ゴミに貼る流れになります。

     

    ■数え方

    注意しておくべき点は粗大ゴミの数え方です。机の場合は本体の机と椅子は別々の扱いとなり、それぞれお金がかかります。テーブルセットなども同様です。事前に引き取ってもらう点数を申告した上で申し込むことになりますから、処分する不用品がどれだけあるのかをしっかり確認しておかなければならないのです。なお、なるべく粗大ゴミを減らしたい、費用を少なく済ませたい場合には壊して小さくする方法もあります。たとえば椅子の場合は分解、あるいは切ってバラバラにすることで一般ゴミとして出すことができる場合もあります。時間と手間がかかりますからあまりオススメの方法ではありませんが、簡単に分解できる場合には試してみるとよいでしょう。

     

    ■日程

    自治体の粗大ゴミの難点は手続きなどに時間がかかること。申し込んでから決められた日時に回収してもらうまで日数がかかりますし、回収日当日には指定場所まで自分で運ばなければなりません。

     

    ■搬出作業

    自治体に依頼をした場合には、指定されている所まで大型ゴミをもっていかなければいけなくなります。大型ゴミを運び出す作業は役所の管轄外になってしまうからです。しかし大型ゴミ回収業者に依頼をすれば、自宅から運び出す作業まで請け負ってくれます。

    また、中には解体をしなければ屋外に運び出せないような大型のごみを処分することもあるでしょう。そのような場合でも、回収業者なら解体作業をした上で処分をしてくれます。自治体に回収の依頼をする場合には、朝の8時までに大型ゴミをもっていかなければなりません。しかし大型ゴミ回収業者の場合、日時を指定して業者に回収に来てもらうことも可能です。また急な回収の依頼の場合でも対処してくれるケースが多いです。

     

  • 粗大ゴミ受付センター(載っていない地域にお住まいの場合、直接自治体にお問い合わせ下さい。)
  •  

    ・NEXT(処理困難な大型ゴミ)

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP