広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

洗濯機の賢い捨て方を考察する

 

クエスチョン

洗濯機の捨て方は何がおすすめですか?

アンサー

洗濯機を捨てる方法はいくつかありますが、お金をかけないようにするならば、手間をかけ分解するか、車があれば無料引き取りの場所に持ち込むことです。しかし、業者に依頼するしかない場合は、リユースを目的としている不用品回収業者が比較的料金は安く請け負ってくれます。

 

目次

 

洗濯機を捨てる方法はいくつかあります。その中でも、自分に合った処分方法はどれなのか、検証してみましょう。いろいろな環境や条件によってもそれは異なると思います。

 

チェック

 

  • 洗濯機の捨て方
  • その他の関連する記事
  •  

     

     

    洗濯機の賢い捨て方を考察する

     

    プレゼン

     

    廃棄物の捨て方といえば、一般的なのはごみ収集所に出す方法でしょう。ごみ収集所に出した廃棄物は、市町村などの自治体が運営するクリーンセンターなどの焼却施設で処分されます。電子レンジやこたつなどの家電製品も、基本的には同様です。粗大ゴミや不燃ごみとして回収され、自治体が処分を行うことになります。では洗濯機の場合は粗大ごみとして出せるのでしょうか。家電リサイクル法により、洗濯機を含めた家電4品目は自治体では処分を受け付けてもらえないことになりました。洗濯機を処分するためには自治体ではなく、エアコン、テレビ、冷蔵庫や乾燥機などと同じようにリサイクル料金を支払って回収してもらう必要があります。

     

    洗濯機の回収を行うのは自治体ではありません。洗濯機は家電リサイクルセンターに運搬され、そこを拠点として再度リサイクル工場やメーカーなどに運搬されることになります。つまり、洗濯機を処分するためにはリサイクル料金を郵便局で納付した後、家電リサイクルセンターに運搬しなければならないのです。

     

    とはいえ、洗濯機はサイズが大きいため自分で処分することが難しい方も多いでしょう。このため買い換えの際に家電ショップに処分を依頼するかと思います。この場合、家電ショップが専門の回収業者に依頼することになります。もちろんリサイクル料金と別に収集運搬費用が発生しますので、注意が必要です。後から家電ショップとトラブルにならないためにも、収集運搬費用はしっかり確認しておくと良いでしょう。

     

    洗濯機

     

    中には「リサイクル料金を支払うのは馬鹿らしい。洗濯機を分解して不燃ごみとして捨てる」という方もいらっしゃるかもしれません。確かに、部品1つ1つに分解して、自治体が指定するサイズに収まれば、不燃ごみとして出すことは可能かもしれません。しかし「やめたほうがよい」と言うのが率直な意見です。というのは洗濯機の本体はプラスチックに見える部品でも鉄板やステンレスを使用しています。電動工具を持っていたとしても、分解に丸一日かかるということです。費用の節約という観点から考えると、現実的とはいえないでしょう。

     

    また、ゴミを出すことは地球の環境から考えてもよくありません。環境を考えた場合、洗濯機はリユースをすると一番メリットがあるといわれています。どんな洗濯機でも、リユースを行うことができるのです。リユース目的で回収を行なっている回収業者も増えています。

     

     

    処分のポイント
  • 粗大ゴミでは出せない
  • 依頼先は自治体ではなく量販店か専門業者
  • 料金が統一されていないので事前確認が必要
  •  

     

    「洗濯機について」

    洗濯機の価格は機能やタイプによってかなり幅があります。なかでも電子部品を使用していない二槽式の洗濯機が最も安くに入手することができます。縦型やドラム型は搭載されいる機能や容量によって価格に差がありますが、平均するとドラム型の方が価格が高いです。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 洗濯機のメーカー別回収方法
  • タイプ別洗濯機
  • 設置・お手入れ
  • 買い替え・処分
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP