広告

不用品処分

 

 

> > > > >

 

洗濯機の買い取りを依頼する前に見るチェックポイント


洗濯機

 

洗濯機の処分の前に、買取りの価値があるかどうかも検討してみましょう。状態が良く、条件が揃っていれば、買い取りに出すべきかもしれません。ここでは更に深く潜って、洗濯機を売却することについて検証してみましょう。

 

目次


  • 洗濯機の買い取りを検証
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    洗濯機の買い取りを依頼する前に見るチェックポイント


    最近ではどこの地域でも、リサイクルショップを見つけることは難しくありません。商業統計によると家電のリサイクルショップは全国に2,000店舗以上あるとされています。 しかしリサイクルショップを利用された方ならご存知だと思いますが、使用した家電を買い取ってもらおうとすると、びっくりするほど安い値段を提示される場合が少なくありません。

     

    一方、販売している中古家電は正直「高い」と感じる方が多いのではないでしょうか。「こんな安い値段で仕入れて、あれだけ高く売ることができれば、さぞかしリサイクルショップは儲かっているのだろう」と感じるかもしれませんが、実はリサイクルショップはそれほど利益を出しているわけではありません。業界最大手で全国的に展開しているリサイクルショップでも、売上はわずか100億円程度です。リサイクルショップは買い取った商品が売れ残ってしまうことが多く、不良在庫が多くなる傾向があります。こうした不良在庫が経営を圧迫してしまうことが多いのです。当然、買い取りにもそれが影響します。

     

    例えば洗濯機で考えてみましょう。リサイクルショップの店頭に並んでいる洗濯機は、製造から5年以内のものがほとんどのはずです。よくみると日本メーカー製で、かつ使用状態が良好な洗濯機のみ販売しています。どんなに綺麗であっても、年式が古ければリサイクルショップは買い取りません。年式が新しかったとしても、海外製のものは買い取りしないか、無料引取りになるかのどちらかです。アパートなどにお住まいの方は、洗濯機を室外で使用されることもあるかもしれません。室外で使用された洗濯機も、リサイクルショップではまず買い取ってもらえません。これはリサイクルショップが確実に販売することができる洗濯機のみ買い取るためです。言い換えれば不良在庫を持ちたくないためです。

     

    「リユースして環境にやさしいのがリサイクルショップ」と宣伝しながら、結局は経営のために年式の古いものをリユースできていないのがリサイクルショップの現状です。では環境のことを考えて洗濯機をリユースするためにはどうしたら良いのでしょうか。差し出がましいようですが、洗濯機は専門の回収業者である弊社に回収を依頼していただくことをお勧めします。年式の古い洗濯機でも、メンテナンスや部品交換を行えば十分に使用可能です。日本では需要のない洗濯機でも、海外では需要がある場合もあります。リサイクルショップで買い取ってもらえない洗濯機でも海外ではリユース可能な場合が多いので考えて処分することをおすすめしています。

     

    弊社が回収したリサイクル家電の行方については、

  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「洗濯機」

    洗濯機の設置場所にもよりますが、地震などで洗濯機が動いた時には排水ホースが本体や排水口からずれてしまうことがあります。その状態のまま洗濯機をすると、排水が十分に行なわれずに水漏れをしたり、エラーメッセージが表示されることがあります。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 洗濯機にかかるリサイクル料金とその理由
  • 洗濯機のリサイクルの詳しい詳細とは?
  • 洗濯機の廃棄料金の最適化と正しい処分
  • 洗濯機に含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • 洗濯機の賢い捨て方を考察する
  • 洗濯機をリユースするということ
  • 洗濯機のリユース方法の実態とその検証
  • 不要洗濯機の正しい処分方法を検証
  • 中古洗濯機の購入価値を徹底検証
  • 安い洗濯機の賢い選び方
  • リサイクルショップに置かれる洗濯機の考察
  • お買い得なアウトレット洗濯機の良しと悪し
  • 日本の洗濯機を率先して再利用する理由
  • 人気の洗濯機を徹底検証
  • 家電ショップの洗濯機引取りとその実態
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • テレビに関する11のお役立ち情報
  • テレビのリユース、リサイクルに関する7つの項目
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  • パソコンに関する12のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP