広告

 

> > > >

 

4つのタイプの洗濯機回収/処分に関する注意点

 

クエスチョン

洗濯機の種類によって、処分方法は変わりますか?

アンサー

ドラム式でも全自動でも、他のタイプでも処分方法は変わりません。ただ、ドラム式などの場合、重量が他のタイプよりもあるため、引取り作業などの確認が必要になりますので注意しなければなりません。

 

目次

 

洗濯機のお手入れや、設置/メンテナンスに役立つ情報を確認して、長く使うように普段から注意しておくことが物を大事に扱う『リデュース』という行為なのです。

 

洗濯機のタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。洗濯機の回収依頼をする前に、タイプ別の特賞やそれぞれの処分方法、注意点を確認しておくことをお勧めしています。

 

チェック

 

  • ドラム式洗濯機
  • 二槽式洗濯機
  • 全自動洗濯機(縦型洗濯機)
  • ビルトイン洗濯機
  • 洗濯機の小話
  •  

     

     

    ドラム式洗濯機の特徴(メリットとデメリット)

     

    ドラム式洗濯機

     

    水平方向を軸として洗濯槽自体が回転する洗濯機です。ドラム式洗濯機は、一般的な縦型洗濯機と比較すると、いくつか特徴があります。まず縦型洗濯機と比較して、洗濯に使用する水量が少なくて済みます。 縦型洗濯機の場合は、どうしても洗濯槽にたくさんの水を入れる必要があります。縦型洗濯機は、洗濯槽にたっぷり入った水を底に設置された羽根を使用して撹拌し、水流の力で洗濯を行います。一方、ドラム式洗濯機の場合には、洗濯槽自体が回転しますので、回転によって上まで移動した洗濯物を落下させ、いわば叩き洗いで洗濯を行います。ドラム全体に水を満たさなくても良いため、使用する水量が少なくて済むことになります。また、服へのダメージも少ないと報告されています。

     

    ただしドラム式洗濯機はその構造上、つけ置き洗いがしにくいデメリットがあります。このため縦型洗濯機と比較すると洗浄力が弱いデメリットがあるといえるでしょう。しかしこうしたデメリットを補っているのが、ドラム式洗濯機の乾燥機能です。洗濯槽を回転させると、結果的に洗濯物が宙を舞い、空気に触れることになります。この仕組が乾燥機能として最適なのです。

     

    特にタオルは空気に十分さらされるため、ふかふかの仕上がりになります。このため、日中なかなか洗濯ができず部屋干しのにおいが気になる方、洗濯物が干しにくい高層マンションにお住まいの方などに人気があります。加えて乾燥機能があるためカビが発生しにくくなるメリットがあります。カビはアトピー性皮膚炎の原因にもなるので、アレルギー体質の方にも根強い人気があります。

     

    とはいえドラム式洗濯機の最大のデメリットは、サイズが大きいことといえるでしょう。縦型洗濯機であればフタともいえる扉は上方に設置されているため洗濯機が収まるスペースがあれば大丈夫ですが、ドラム式洗濯機の場合には扉を開けるスペースも確保しなければなりません。また縦型洗濯機に比較してサイズも大きくなります。このため大手メーカーは設置できるかどうかに加え、搬入できるかどうかを確認してから購入してくださいとお願いしています。サイズが大きいドラム式洗濯機は、処分の際に悩まれるケースも多いタイプになるので、下調べが必要になると思います。

     

     

    二槽式洗濯機の特徴(メリットとデメリット)

     

    洗濯を行う洗濯槽と、脱水を行う脱水槽が分かれている洗濯機のことです。一昔前は洗濯機といえば二槽式洗濯機でしたが、現在では全自動洗濯機やドラム式タイプが普及してきたため、一般家庭ではほとんど見かけることがなくなりました。 二槽式洗濯機は構造上、洗濯後に脱水槽に洗濯物を移す作業が必要です。冬の寒い日に、洗濯槽の冷たい水に手を入れる煩わしさをご記憶の方もいらっしゃるでしょう。しかし手間がかかることを除けば、二槽式洗濯機はメリットが多いのです。

     

    二槽式洗濯機の最大の特徴は、汚れ落ちが良いことです。例えばドラム式洗濯機よりも縦型洗濯機のほうが汚れ落ちが良いと言われていますが、この縦型洗濯機よりも二槽式洗濯機のほうが汚れ落ちは良いのです。縦型洗濯機は1つの洗濯槽で洗濯と脱水の両方を行うように設計されています。たしかに便利ではあるのですが、見方を変えると、洗濯と脱水がどちらもできるくらいの性能になっているのです。対して二槽式洗濯機の洗濯槽は、洗濯専用に設計されています。このため汚れ落ちは間違いなく良いのです。

     

    実際、現在でも二槽式洗濯機の汚れ落ちを支持している方は多くいます。例えば、汚れた衣服が出やすい農家の方が二槽式洗濯機を愛用しているケースがあります。またクリーニング店には、かなりの割合で二槽式洗濯機が設置されています。学校にも二槽式洗濯機が設置されていることが多いです。中学や高校の部活動で出る、汚れたユニフォームやソックスなどを洗濯するためです。

     

    二槽式洗濯機には、洗濯と脱水を同時に行えるメリットもあります。例えば全自動式洗濯機で2回分の洗濯物が出たとしましょう。全自動式洗濯機であれば、当然2回分の時間がかかります。一方、二槽式洗濯機であれば1回目の洗濯物を脱水している間に2回目の洗濯物を洗濯することができるのです。結果として洗濯にかかる時間を節約できることになります。

     

    とはいえ困るのは二槽式洗濯機を処分される時かもしれません。全自動洗濯機であれば、リサイクルショップで引き取ってくれる場合もあるでしょう。しかし二槽式洗濯機は需要が少ない分、リサイクルショップで引き取ってくれることは稀なので、ほとんどの場合で処分することになってしまいます。

     

     

    全自動洗濯機(縦型洗濯機)の特徴

     

    全自動洗濯機

     

    縦型洗濯機の特徴を考えると、日本でこれほど普及している理由があることを理解できると思います。まず日本の国土の特色と関係があります。日本は水資源が豊富な国です。このため水を洗濯槽いっぱいに使用する縦型洗濯機でも、資源的に全く問題がありません。洗濯時の水道代を気にされる方もほとんどいないはずです。 しかし日本ほど水資源が豊富で、水道料金が安い国は世界的にも稀なのです。例えばオーストラリアは世界一乾燥した国とも言われ、慢性的な水不足に悩まされています。バスタブにお湯を張るなどもってのほかですから、洗濯機も水量が少なくて済むドラム式洗濯機が主流となっています。

     

    日本でこれほど全自動洗濯機が普及しているのは、水資源の質とも深い関係があります。欧米では水道水が泡立ちにくい硬水である場合がほとんどです。ドラム式洗濯機の洗濯方法は、衣類を落下させることによって洗濯を行う「叩き洗い」方式です。この方式は洗濯槽内の水を泡立てる必要がありません。泡立ちにくい硬水でも洗浄能力を確保するため、ドラム式洗濯機が普及しているのです。一方、日本の水道水は軟水です。軟水は泡立ちやすい特徴があります。このため、たくさんの水を使用する特徴のある縦型洗濯機でも、洗剤の泡立ちや溶け込みが良いので十分綺麗になり、使用にすることができるのです。

     

    更に、日本独特の住宅事情とも関係しています。ご存知のように、欧米などの海外と比較すると日本の住宅は面積が狭い特徴があります。ただでさえ狭い住宅であることに加えて、洗濯機は洗面所と脱衣場を兼ねた非常に狭い空間に設置されていることが多いのではないでしょうか。ドラム式洗濯機ですと、本体自体もサイズが大きくなってしまうだけでなく、開閉する扉の空間も確保しなければなりません。一方、縦型洗濯機はサイズがコンパクトですから、設置面積には気を配る必要はそれほどないでしょう。開閉する扉も上面にあるため、設置するスペースさえ確保すれば問題ないのです。

     

     

    ビルトイン洗濯機の特徴と処分方法

     

    システムキッチンのように洗面所やキッチンなどにビルトインするタイプの洗濯機です。残念ながら、主要な日本メーカーでビルトインタイプの洗濯機を製造しているメーカーはありません。ビルトイン洗濯機を設置する場合は、ミーレやAEG、マルバーといったヨーロッパのメーカー製のものを選択することになります。

     

    ビルトイン洗濯機の最大の特徴は、水回りがすっきりするため見た目が優れていることです。通常の洗濯機ですと、洗濯機の下には排水ホースや防水パン、洗濯機の上には水道の蛇口や給水ホースなどが見えているため、お世辞にも見た目が良いとはいえません。しかしビルトイン洗濯機なら、こうしたものは背面に組み込まれるため全く見えなくなるのです。外見と機能性を重視してビルトイン洗濯機を購入される方が多いため、製造しているメーカーは、デザイン性を重視して洗濯機を開発しています。

     

    日本メーカーの洗濯機は、省エネを重視しているため洗濯物をお湯で洗う機能はついていないことが多いといえます。しかしビルトイン洗濯機のほとんどは、お湯で洗う仕様です。このため汚れ落ちに格段の差が出ると感じている方もいます。ただし、一般的にビルトイン洗濯機は洗濯時間が長いです。1時間半程度かかると考えてください。また、日本メーカーの洗濯機ほど静音性が優れていません。脱水時などの騒音が気になる方もいるはずです。

     

    ヨーロッパメーカーの洗濯機は電源が200Vになります。このため設置の際は、日本の規格の100Vでない電源を確保する必要が生まれ、専門業者に工事を依頼することになるでしょう。もちろん設置にはリフォームや床の補強工事が伴うことが多く、多額の費用が発生します。ビルトインタイプの洗濯機は価格そのものも高額です。洗濯機の価格だけで20万円前後かかると考えて間違いないはずです。

     

    更に、ビルトインタイプの洗濯機は故障した際の対応が難しいといえます。修理には部品を取り寄せる時間と、高い修理費用がかかります。こうした手間とお金を惜しまない方が、ビルトインタイプの洗濯機を愛用しているともいえるのですが、いずれにしても故障した場合は処分に困ることが多いでしょう。

     

     

    タイプ別のポイント
  • ドラム式洗濯機はサイズに注意が必要
  • 二層式洗濯機は汚れ落ちが良い
  • 全自動洗濯機はコンパクトなサイズがある
  •  

     

    「洗濯機の小話」

    洗濯機を清潔に保つために洗濯槽クリーナーで毎月のように掃除をしていても、内側にヌルヌルを感じることがあります。塩素系のクリーナーでは洗濯機の汚れをすっかりと落とすことはできません。洗濯機を清潔に保つには酸素系の洗剤が適しています。

     

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 洗濯機のメーカー別回収方法
  • 設置・お手入れ
  • 買い替え・処分
  • 捨て方
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP