広告

不用品処分

 

 

> > > > >

 

ドラム式洗濯機の特徴と処分方法

 

クエスチョン

洗濯機の種類によって、処分方法は変わりますか?

アンサー

ドラム式でも全自動でも、他のタイプでも処分方法は変わりません。ただ、ドラム式などの場合、重量が他のタイプよりもあるため、引取り作業などの確認が必要になりますので注意しなければなりません。

 

目次

 

洗濯機のタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。洗濯機の回収依頼をする前に、それぞれの処分方法、注意点を確認しておきましょう。ここでは、『ドラム式洗濯機』についての詳細を記載しています。

 

  • ドラム式洗濯機の処分を最適化
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    ドラム式洗濯機の特徴と処分方法


    水平方向を軸として洗濯槽自体が回転する洗濯機です。

    ドラム式洗濯機は、一般的な縦型洗濯機と比較すると、いくつか特徴があります。まず縦型洗濯機と比較して、洗濯に使用する水量が少なくて済みます。 縦型洗濯機の場合は、どうしても洗濯槽にたくさんの水を入れる必要があります。縦型洗濯機は、洗濯槽にたっぷり入った水を底に設置された羽根を使用して撹拌し、水流の力で洗濯を行います。一方、ドラム式洗濯機の場合には、洗濯槽自体が回転しますので、回転によって上まで移動した洗濯物を落下させ、いわば叩き洗いで洗濯を行います。ドラム全体に水を満たさなくても良いため、使用する水量が少なくて済むことになります。また、服へのダメージも少ないと報告されています。

     

    ただしドラム式洗濯機はその構造上、

    つけ置き洗いがしにくいデメリットがあります。このため縦型洗濯機と比較すると洗浄力が弱いデメリットがあるといえるでしょう。しかしこうしたデメリットを補っているのが、ドラム式洗濯機の乾燥機能です。洗濯槽を回転させると、結果的に洗濯物が宙を舞い、空気に触れることになります。この仕組が乾燥機能として最適なのです。

     

    特にタオルは空気に十分さらされるため、ふかふかの仕上がりになります。このためドラム式洗濯機は、日中なかなか洗濯ができず部屋干しのにおいが気になる方、洗濯物が干しにくい高層マンションにお住まいの方などに人気があります。加えてドラム式洗濯機には乾燥機能があるため、カビが発生しにくくなるメリットがあります。カビはアトピー性皮膚炎の原因にもなるので、ドラム式洗濯機はアレルギー体質の方にも根強い人気があります。

     

    とはいえドラム式洗濯機の最大のデメリット

    は、サイズが大きいことといえるでしょう。縦型洗濯機であればフタともいえる扉は上方に設置されているため洗濯機が収まるスペースがあれば大丈夫ですが、ドラム式洗濯機の場合には扉を開けるスペースも確保しなければなりません。また縦型洗濯機に比較してサイズも大きいです。このため大手メーカーは設置できるかどうかに加え、搬入できるかどうかを確認してから購入してくださいとお願いしています。サイズが大きいドラム式洗濯機は、処分の際に悩まれるケースも多いタイプになるので、処分について下調べが必要になると思います。

     

    廃棄するくらいなら、リユースして地球環境に少しでも貢献したいものです。東南アジアや中東ではまだまだ二槽式洗濯機が人気なのです。

     

    弊社が回収したリサイクル家電の行方については、

  • 『リユースを進めよう』
  • こちらをご覧ください。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 二槽式洗濯機の処分を最適化する
  • ビルトイン洗濯機の特徴と処分方法
  • 縦型洗濯機の特徴と処分方法
  •  

    同じテーマの他の記事

  • 4つのタイプのエアコン回収/処分に関する注意点
  • タイプ別テレビの処分方法や注意点
  • タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点
  • 7つのタイプのパソコン回収/処分に関する注意点
  • 不用品処分の依頼方法や注意点を確認する6つの項目
  • 不用品回収を依頼する前に確認する20の情報や注意点
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP