広告

 

> > >

 

リユース(再利用)という選択肢からみる環境対策、リサイクルとの違いとは?


  • リユースという選択肢
          販売
          海外への輸出
  • その他のリユースの方法
          オークション
          寄付、寄贈
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

    ・NEXT(その他のリユースの方法)

     

     

     

     

    リユース(再使用)という選択肢から『3R』について考察し、地球の限り有る資源を有効に。


    回収された不用品のその後は、3つの選択肢のうちのひとつを辿ることになります。ひとつ目が廃棄処分、2つ目がリサイクル、そして3つ目がリユースです。リユースとリサイクルの区別が曖昧な面もあります。どちらも回収された不用品を再利用する点では共通していますが、 製品をそのまま使用するリユースと、いったん分解・破壊したうえで再利用を目指すリサイクルの間には大きな違いがあります。

     

    リサイクルといえば、製品に含まれた貴金属などの部品を取り出し、新たに製造される製品の材料として役立てること。一方リユースは製品をそのまま、中古品として役立てることを言います。

     

    リユースの方法でもっとも分かりやすいのはリサイクルショップでの販売でしょう。ある人にとってはもう用済みのものでも、他の人にとってはまだまだ現役として役立つ、そんな需要と供給のバランスをうまく保つ仕組みとしてリユースが積極的に活用されています。環境問題などもあり、資源の有効・再利用が叫ばれているいま、リユースの重要性はますます高まっていくことでしょう。

     

    販売する選択


    このリユースにはさまざまなルートがあります。不用品回収業者が引き取った後に、この製品を扱う店舗や業者に売るルートがまずひとつ。それからリサイクルショップが引き取ってそのまま自分の店で売りに出すルートもあります。なお、不用品回収業とリサイクルショップを同時に行っていたり、グループ内で運営されているケースも見られます。それから専門ショップが回収したり、不用品回収業者を通して入手するケースもあります。パソコンのパーツや車・バイクのタイヤなどがその代表例です。

     

    海外への輸出という選択肢


    リサイクル店以外の行方としてよく知られているのが海外への輸出。日本製品の海外での競争力の低下が日本経済に陰を落としていると言われていますが、中古製品、とくに電化製品は世界中で高い人気を得ています。丈夫で長持ち、しかも安く購入できる日本製の中古製品はとくに東南アジアや南米、アフリカなどで非常に人気が高いのです。不用品として回収された家電が整備、クリーニングされたのちに海外へと送られているわけです。

    海外リユース情報

     

    日本メーカーのブランドイメージも人気の理由でしょう。不用品回収業者はまだ使用に耐えうると判断した製品を海外貿易のルートにのせることで再び市場に送り込んでいるのです。自分が使い終わり、処分した製品が地球の裏側で新たな活躍の場を見出していると考えると、なんだか不思議な感じがするのではないでしょうか。この海外ルートがリユースの行方の中でも大きな位置を占めているといいます。不用品回収業者にとっても利益が見込める部分となっているのでしょう。

  • 海外リユース情報
  •  

    ・NEXT(その他のリユースの方法)

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP