広告

不用品処分

 

 

> > > > >

 

いらなくなった冷蔵庫の処分をする2つの方法


冷蔵庫

 

冷蔵庫の処分をする前に、買い取り、買い換え、下取り、廃棄、無料回収と、様々な情報をチェックしておきましょう。それがスムーズな処分の第一歩になります。

 

目次


  • 処分方法
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    いらなくなった冷蔵庫の処分をする2つの方法


    冷蔵庫を処分するときにはお金がかかるということがよく知られています。しかしできるのであればお金をかけずに処分したいところです。今は冷蔵庫の処分の方法にも様々なものがありますが、一体どのように冷蔵庫を処分したらよいのでしょうか。メリットの大きな処分方法はあるのでしょうか。

     

    まず冷蔵庫の処分には大きく分けて二種類の方法があります。

     

    1 その冷蔵庫を購入した家電量販店などが近くにあるケースです。その場合にはその販売店に引取りを依頼することができます。場合によっては持ち込まなくても良いので大変便利です。さらに買い替えの場合には無料で引き取ってくれるところもありますから、購入の際に尋ねてみるとよいでしょう。冷蔵庫を購入した家電量販店などが近くにない場合はどうでしょうか。その場合にはリサイクル業者に引き取ってもらうか、メーカー指定の指定引取り場所に持ち込むかという選択肢があります。自治体によっては、役所がリサイクルの窓口をしているところもあります。自分の住んでいる自治体に確認することが必要かもしれません。

     

  • 地域別の持込場所一覧
  •  

    2 リサイクル業者に引き取ってもらう際に、その冷蔵庫がまだ使えるかどうか査定してもらうのも良いでしょう。もしまだ比較的新しい冷蔵庫であれば、リサイクルショップなどに持ち込んでみるのもひとつの手かもしれません。リサイクルショップなどに売却することができれば、リサイクル料を支払わずに冷蔵庫を処分することができますし、場合によってはいくらか利益が残るということもありえます。処分してもらうとしても自分がどのくらい労力を払う必要があるのか、またどのくらいの金額がかかるかという点をよく考慮する必要があります。

     

    例えばリサイクル業者に出張で引取りを依頼した場合には電話一本で引取りに来てくれます。しかしその分の出張料や運搬料などを請求される可能性もありますから、注意が必要です。一方で家電量販店などに持ち込む方法であればリサイクル料だけを支払えばよいでしょう。そういった金銭面での兼ね合いについてもよく調べる必要があるのです。

     

  • リサイクルショップに売る前に見る7つのポイント
  •  

    このように冷蔵庫の処分方法にもいろいろなものがあることがわかります。それぞれの処分方法にメリットとデメリットがあることも理解する必要があります。家電量販店やリサイクル業者が近くにあるかどうかによっても変わってきますから自分の状況をよく考慮した上で最適な処分方法を探すようになさってください。

     

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「冷蔵庫」

    家電リサイクル法によると、不用な冷蔵庫は買い替えた店舗で回収してもらうことをすすめています。販売店が引き取り、メーカーに送り、そこでリサイクル処理が行われます。回収およびリサイクル費用は購入の際に支払います。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 家電ショップに冷蔵庫を引きとってもらう際の注意点
  • 人気の冷蔵庫の検証とその売却
  • 冷蔵庫に含まれるレアアースやレアメタルとは?
  • 回収される冷蔵庫のリユースの行方
  • 冷蔵庫に関する口コミとその検証
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンに関する9個のお役立ち情報
  • テレビに関する11のお役立ち情報
  • テレビのリユース、リサイクルに関する7つの項目
  • 洗濯機に関する16のお役立ち情報
  • パソコンに関する12のお役立ち情報
  • 不用品処分を依頼する前に確認しておきたい10の項目
  • 不用品のリユース/リサイクルに関する15の項目
  • 各国の人気商品/リユース情報
  • リユースを進めよう
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP