広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点

 

クエスチョン

冷蔵庫の処分料金は大きさやメーカー、年式によって変わりますか?

アンサー

冷蔵庫のリサイクル料金は容量によって決まっていますので、メーカーや年式による変化はありません。

 

ただ、業者に引き取り依頼をする場合は作業内容により金額に誤差が出てきますので、事前確認が必要になります。

 

 

目次

 

冷蔵庫のタイプにより、最適なリサイクル/リユース方法が変わってきます。冷蔵庫の回収依頼をする前に,それぞれの処分方法や注意点を確認し、処分の最適化を図りましょう。

 

チェック

 

  • 業務用冷蔵庫
  • 一人暮らし用
  • 車用冷蔵庫
  • 大型冷蔵庫
  • プレハブ冷蔵庫
  • 基本の料金冷蔵庫の小話
  • 冷蔵庫の小話
  •  

     

     

    業務用冷蔵庫の処分方法とその背景

     

    業務用

     

    店舗を経営している方などの中には業務用の冷蔵庫を処分したいと思っている方もいるかもしれません。業務用の冷蔵庫はやはり家庭用の冷蔵庫とは大きさも機能も違います。家電量販店などに行ってもなかなか明確な返答がもらえないこともあるでしょう。とはいえそのまま置いておくわけにもいかないに違いありません。では業務用の冷蔵庫はどのように処分して、どのくらい費用がかかるのでしょうか。

     

    まず覚えておくべきなのは、家庭用冷蔵庫は家電リサイクル法の適用範囲内とされてリサイクルされています。ですからリサイクル料金を支払って各メーカーがリサイクル工場などで再資源化、最商品化を図っているのです。

     

    しかしこの業務用の冷蔵庫は家電リサイクル法の適用範囲外です。ですから業務用に限って言えば電機メーカーがリサイクルの責任を負っているわけではありません。すると消費者が自分で処分しなければならないということになります。

     

    業務用冷蔵庫本体は産業廃棄物として処分されます。産業廃棄物として処分する際にも料金がかかりおよそ1~2万円ほどとされています。もちろん業者や処理方法によっても料金は変わってきますが、業務用冷蔵庫を処分しようと思ったなら数万円の処理費用がかかること覚悟する必要があるでしょう。

     

    このように業務用冷蔵庫の処分方法は通常の家庭用冷蔵庫とは大きく異なることがわかります。かなり高額な処理費用が必要になりますが、不法投棄などをすると刑事罰が課せられますから必ず業者に依頼して適切に処理してもらうようにしましょう。

     

     

    一人暮らし用の冷蔵庫を処分する前にチェックするポイント

     

    新入学生や新社会人などになると一人暮らし用に様々な家具を用意することが多いと思います。冷蔵庫もその一つです。

     

    しかし一人暮らし用ですから、やはりどうしても小さなものを購入しがちです。もちろんそれが合理的なのですが、暮らしているうちに大きな冷蔵庫が欲しくなったり、結婚することになったりと小さな冷蔵庫から買い替えを検討する場面に遭遇することも多いのです。特にしばらく一人暮らしで使用していると、売れるほど綺麗ではないが使えないわけではないという冷蔵庫を処分することがあるでしょう。ではそんな時どうすれば問題なく冷蔵庫を処分することができるのでしょうか。

     

    やはり一人暮らし用の冷蔵庫の回収であっても大きな冷蔵庫と同じ方法で処分することが必要になります。無料で回収してもらえるというところで引き取ってもらう方法もありますが、どんな業者が行なっているのか不透明な場合があります。万が一違法に処分されてしまう危険性を考えると、正規の手順を踏んだほうが後で問題にならなくて済むでしょう。その一人暮らし用の冷蔵庫がどのくらいの品質なのかによりますが、使える状態であればリサイクルショップなどで引き取ってくれる可能性が高くなります。回収業者に引き取ってもらっても良いですが、その場合には持ち込みにしたほうが運搬料などを加算されずに済みますので、いろいろと調べてみることが必要です。

     

    トラック

     

    さらにその一人暮らし用の冷蔵庫がもう古くて使えないというのであれば、新しい冷蔵庫を購入してその代わりに引き取ってもらう方法があります。そういった場合には、購入時に手続きを済ませてしまいましょう。

     

     

     

    車用冷蔵庫の処分方法って?

     

    車を運転している人であれば誰でも車内で冷たい飲物や暖かい飲み物を飲みたいと思うことでしょう。今はコンビニなどがあるので比較的簡単にそういった飲み物を入手することができますが、いつでも飲み物が飲めるというのは魅力的な環境であるに違いありません。そう言った希望を叶えるのが車載冷蔵庫なのです。車に乗せておけば保冷を行ってくれるためいつでも適温の飲み物を飲むことができます。普通の冷蔵庫であれば家電リサイクル法で定められた方法で処分するしかないわけですが、この車用の冷蔵庫の場合はどのように処分したらよいのでしょうか。

     

    実はリサイクル法で定められている冷蔵庫には定義があります。その定義とは冷媒にフロンガスや代替フロンを用いているものが家電リサイクル法の適用範囲内となります。つまりその車用冷蔵庫が小さかったとしても冷媒を用いて物を冷やしているのであればそれは家電リサイクル法が適用される冷蔵庫であり、家電リサイクル法によって処分しなければなりません。どんな冷媒を用いているかがわからなくても冷媒として何らかの物質が記載されていれば家電リサイクル法が適用されると考えて良いでしょう。リサイクル料金を支払ってメーカー指定の引取り場所に持ち込むことができます。車に載るサイズのはずですから持ち込むのも大きな労力ではないでしょう。

     

    一方で大きかったとしても冷媒が記載されていなければ家電リサイクル法は適用されず他の方法で処分するしかありません。この場合には回収業者に依頼したほうが無難と言えます。法律などによって処分方法が定められている場合にはそれに則って処分しなければなりませんから、処分業者に依頼したほうが確実なのです。もし製氷機能がついているような冷蔵庫であればコンプレッサー方式であると考えられるため有料で処分しなければならないでしょう。どのくらいの料金がかかるかは処分業者によって大きく異なるので前もって確認することが必要になります。

     

     

     

    大型冷蔵庫を処分する前に見るチェック項目

     

    冷蔵庫

     

    一般的に多く使用されている冷蔵庫はやはり大型の冷蔵庫です。小型の冷蔵庫も販売されていますが、一人暮らしであったり結婚したばかりの人が購入することが多く、子供を持つ家庭であればたいてい大型の冷蔵庫を使用しています。

     

    大型の冷蔵庫は自分で処分するというのはとても大変です。小型の冷蔵庫であれば自分でメーカー指定の引取り場所まで運んでいくということも可能かもしれません。しかし大型の冷蔵庫となるとその大きさと重さゆえに自分で持っていくというのは難しいでしょう。

     

    そうするとやはり回収業者に処分を依頼するということになるかもしれません。冷蔵庫を回収してもらう際にはどれほど安くても家電リサイクル法で定められたリサイクル料金を支払わなければなりません。冷蔵庫の場合はリサイクル料金だけで4,644円かかります。もし回収業者に依頼せずにメーカー指定の引取り場所に自分で持っていった場合はこのリサイクル料金だけで処分することができます。もし労力を費やしてでも料金を減らしたいと思うのであればこの方法を用いることができます。しかし大型の冷蔵庫を運ぶのが難しく回収業者に依頼する場合にはリサイクル料金に加え収集運搬費用がかかることが予想されます。

     

    別料金

     

    これは回収業者によって大きく異なるためいくつかの業者に収集運搬費用について尋ねてみると良いかもしれません。それでも一般的な回収業者の冷蔵庫回収の相場は、リサイクル料金と運搬費用を加えて6000円~大型であれば10000円程になります。冷蔵庫を自分で持ちこむ手間を考えると支払っても良いと思える料金かもしれません。

     

    このように大型の冷蔵庫であっても回収方法は基本的に同じです。ただ料金が変わってくるため自分で運搬しようと思う方もいるかもしれませんが、安全に処分するためには回収業者に依頼したほうが無難でしょう。

     

     

    プレハブ冷蔵庫を処分する際の注意点

     

    プレハブ冷蔵庫というものをご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、立派な冷蔵庫です。通常の冷蔵庫は断熱材の入った鉄のパネルに冷媒装置が装着されており、冷却された空気が循環することによって庫内の食材などを冷やすことになります。しかしプレハブ冷蔵庫の場合には、パネルで囲まれた部屋のようなものと、それと別に冷却装置が設置されます。その冷却装置によって空気を冷却し、部屋の中に空気を送り込むという作りになっています。いわゆるエアコンに近い構造です。

     

    食品の冷蔵や冷凍はもちろんのこと、果物、野菜、花、玄米、種子などを保存するのに適していると言われます。このような冷蔵庫を持っている店舗や会社は少ないのですが、だからといって回収しなくても良くなるわけではありません。ではプレハブ冷蔵庫はどのように回収されているものなのでしょうか。

     

    まず注意すべきなのは冷却装置が設置されている場合にはその冷媒を処理しなければならないという点です。冷媒にはフロンが用いられており、そのフロンは業者の機器を用いなければ通常処理することはできません。知識のない人が処理しようとすると思わぬ事故を招く場合がありますので絶対に自分では処理しないでください。各都道府県には第一種フロン類回収業者がいますから、そういった業者にフロンを回収してもらうことが必要になります。そうすると本体だけになりますから本体は産業廃棄物として地元の産業廃棄物の処理業者に任せれば処理してくれます。

     

    もちろん個人がこのような冷蔵庫を持っていることはまずありませんが、店舗経営をしている方であればこういった処分方法を考慮することができるでしょう。

     

     

    冷蔵庫の回収と処分にかかる費用を検証する

     

    検証

     

    冷蔵庫を回収してほしい人にとって気になるのはやはり回収にかかる費用ではないでしょうか。以前は粗大ゴミとして出すことができた冷蔵庫ですが、今はリサイクル法の施行によってリサイクル料が発生するようになりました。しかし処分方法によってはそれ以外にも回収費用が余分にかかることをご存知だったでしょうか。ではどのような方法で回収を依頼すると料金が多くかかるのでしょうか。逆にどうすれば安く冷蔵庫を処分することができるのでしょうか。

     

    まず大前提としてどのような処分方法であったとしてもリサイクル料はかかります。この金額は4,644円とされています。平均的にはこの金額だと考えていればよいでしょう。しかしこれは単なるリサイクル料なので、業者は手数料なども含め、これ以上の金額がかかります。

     

    どのくらいの費用がかかるかは業者によって異なる上、消費者側がどのくらい犠牲を払うかによっても異なってきます。例えば出張してもらって冷蔵庫の引取りを依頼したとしましょう。その場合には自宅にいればいいので非常に楽です。ただしこの場合、業者からはリサイクル料金に加え、出張費や運搬費用などを求められると考えられます。

     

    リサイクルショップ

     

    一方でメーカー指定の取引窓口に持ち込んだ場合には再資源化費用を負担するだけでよくなります。リサイクルショップなどに出張買取を依頼した場合にも、出張費や運搬費を請求される可能性はあります。けれども、冷蔵庫が良い状態であれば売却という形になり、逆にお金をもらえる場合もあります。

     

     

    冷蔵庫処分で確認するポイント
  • 冷蔵庫のリサイクル料金は、170L以下=3,672円、171L以上=4,644円
  • 業者に依頼する場合、別途運搬費用等が必要
  • 業務用冷蔵庫はリサイクル法の処分ではない
  •  

     

    「冷蔵庫の小話」

    不用になった冷蔵庫の中でも、大型のものと小型のもので費用などが変わってきます。家庭用のものならばリッター数で費用が変化し、170リッターを超えるものは大型の冷蔵庫として処理されます。表示などを確認して自分が使用している冷蔵庫のサイズを把握しておきましょう。

     

     

    同じテーマの他の記事

  • 冷蔵庫のメーカー別回収方法
  • タイプ別冷蔵庫
  • お手入れ・豆知識
  • 買い替えや処分
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP