広告

 

> > > >

 

リサイクル家電の回収/処分にまつわる背景とその理由

 

クエスチョン

リサイクル家電を処分する目的は?

アンサー

新しいパソコンを購入する時は、使用目的に合ったものを購入するべきです。あまり使う機会がないのであればコンパクトで安価なノートパソコン、仕事で使う場合、データ容量が多い機能重視のデスクトップパソコンのように考えて購入すれば失敗はなくなります。

 

 

目次

 

  • メリット
  • デメリット
  • 弊社が行う冷蔵庫の回収とは
  •  

     

     

     

    冷蔵庫回収を依頼することのメリット

     

    どういうメリットがあるのか。

     

    冷蔵庫を長く使っていて、

    もう新しい冷蔵庫に買い換えるという時にはその冷蔵庫を処分しなければなりません。そこで多くの人が用いる手段が冷蔵庫を業者に引き取ってもらうという方法です。長く使っているともう廃棄してしまったほうが良いのではないかと思うかもしれませんが、この冷蔵庫回収にはなにかメリットがあるのでしょうか。

     

    まず冷蔵庫回収のメリットといえばやはり環境に優しいということでしょう。そもそも冷蔵庫のリユースを定めたリサイクル法の本来の目的は、環境への負荷を減らすために資源を回収するというものでした。特に冷蔵庫はフロンを多く用いており、そのフロンがオゾン層を破壊することが研究によって解明されています。オゾン層はわたしたちを有害光線から守っていますから、そのような環境への影響は深刻であり、冷蔵庫などの家電製品をリユースすることによってこれらの影響を軽減することができると考えられるのです。

     

    さらに資源を有効活用する

    ということもメリットと言えます。冷蔵庫自体は使えなかったとしてもその冷蔵庫に用いられている部品などは、他の冷蔵庫などに使用することができるかもしれません。家電によってはレアメタルなどの貴重な資源も含まれているので、リユースすることによって資源を無駄にすることなく使い続けることができます。

     

    もちろんわたしたちにとって環境問題も重要ですが、やはり自分にどんなメリットがあるのかというのは気になるところではないでしょうか。もしリサイクルショップが冷蔵庫を回収してくれたら、リサイクル料金を支払わずに冷蔵庫を処分することができます。今では自宅まで出張して査定してくれるので時間がないという方でも安心です。売却できれば利益も上がります。自分ではほとんど力を使うことなく冷蔵庫の処分ができるという意味で、冷蔵庫回収には大きなメリットがあるということができるのです。

     

    このように冷蔵庫回収には

    いろいろなメリットがあるということができます。地球環境への影響を考えたときにはこれからもっとリユースの考え方を持っていなければならないと思われるでしょう。冷蔵庫だけではなく他の家電製品であってもリユースによって資源を有効活用していきたいものです。

     

     

    冷蔵庫回収依頼をすることのデメリット

     

    どういうデメリットがあるのか。

     

    冷蔵庫などを買い換えるときには

    その冷蔵庫を業者に引き取ってもらわなければなりません。リサイクル料金を支払って回収してもらうことが必要になります。これは地球環境への配慮などから非常に有効な方法と言えるのですが、メリットばかりではありません。では冷蔵庫を回収してもらう際のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。そしてどうすればそのデメリットを最小限に抑えることができるのでしょうか。

     

    デメリットのひとつは、

    悪徳業者に回収を依頼してしまう可能性があるということでしょう。基本的には回収されたものはそのまま修理して使われたり、もう使えないものは部品として用いられたりしています。ですからどんな冷蔵庫であれ利用先は存在するものなのです。しかし、業者によってはもう使えないと思われる冷蔵庫さえ海外に輸出して利益を得ているところもあります。輸出するだけであればまだしも、そうした冷蔵庫の行先をほとんど管理せずに料金だけ受け取って責任を取らないという業者も存在しています。すると日本の国際的な地位は危うくなっていくでしょう。いわば粗大ゴミを輸出して利益を上げていると見られるからです。

     

    さらに壊れた家電を海外に輸出することはバーゼル条約に違反する可能性があります。バーゼル条約とは有害廃棄物の国境を越える移動を制限する条約のことです。冷蔵庫など環境破壊物質を有する家電は有害廃棄物に該当する恐れが有り、そうしたものを輸出してしまうとバーゼル条約に違反していると考えられます。この条約には有害廃棄物の移動に伴って受け入れ先の国家の許可が必要であるなど厳しい制限が定められているため、日本がこの条約に違反しているとなると深刻な問題になりかねません。回収業者をきちんと選ばないと、こうした問題を知らず知らずのうちに引き起こしてしまうことさえあるのです。

     

    このように回収業者をきちんと選ぶことは非常に重要

    です。環境に良いと考えて行ったリユースのための不用品回収が、選んだ業者によって台無しにされてしまうことすらあるのです。ですから信頼できる回収業者を調べて回収を依頼するようになさってください。インターネットなどを見ればすぐにたくさんの回収業者のホームページを閲覧することができますから、そういった情報を駆使して信頼できデメリットの少ない回収業者を選ぶことができます。

     

     

    冷蔵庫の回収を依頼する意味とは

     

    『冷蔵庫の回収依頼』という選択肢とは?

     

    冷蔵庫は今やわたしたちの生活になくてはならないもの

    となってきました。特に夏や比較的気候が温暖な地域に住んでいれば冷蔵庫を持っていなければならないでしょう。しかしどんな冷蔵庫でもいつかは買い換えようと思うときがくるものです。そういう時に冷蔵庫を粗大ゴミとして出すことはできなくなりました。リサイクル法が制定されたからです。そこで必要になってきたのが冷蔵庫の回収です。ではこの回収はどのようなものなのでしょうか。またどのように行われているのでしょうか。

     

    まず前述のように冷蔵庫がいらなくなった場合

    でも粗大ゴミとして処分することはできません。そこで業者に回収してもらう必要性が生じます。この回収業者とは小売業者や家電量販店のことです。ですから冷蔵庫を処分する際には、小売業者や家電量販店に連絡をして冷蔵庫を引き取ってもらうことが必要になるのです。

     

    これは無料で行われるサービスではありません。冷蔵庫の回収費用は平均として4800円程度となっています。この他に運搬料などを徴収するところもありますので、業者をよく選ぶことも必要になるでしょう。冷蔵庫を回収してもらう方法はいくつかあります。一つは近所の家電屋さんや冷蔵庫を購入した家電量販店に冷蔵庫を持ち込み引き取ってもらう方法です。もう一つは自治体の定める指定取引場所や処分業者、家電量販店に持ち込むこともできます。さらに郵便局でリサイクル券を購入して直接冷蔵庫の処分を依頼するということも可能です。

     

    どれでも自分の行えそうな方法で冷蔵庫の処分を依頼することができるでしょう。この時には必ずまだ使えるかどうかを確認してから処分するようにしましょう。もしまだ使用可能であればリサイクルショップなどに売却することもできます。売却することができれば冷蔵庫を引き取ってもらえるだけではなく利益まで出るのですから、処分をするのであれば売却するという方法を取るのがよいでしょう。しかし売却できるのは新しい型番のものであったり比較的きれいな状態で使えることが前提となってきます。もし古い型番のものや壊れてしまったものは違った方法で処分する必要があります。

     

    弊社では、

    リサイクルショップでは買い取ってもらえないような冷蔵庫も回収し、リユースしています。壊れた冷蔵庫であっても海外で修理をして使える状態にするので、壊れてしまって処分に困っていた冷蔵庫でもぜひご相談下さい。もう使えないと思っていても、他国で十分現役として働いてくれる家電はたくさんあるのです。

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 冷蔵庫メーカー主要7社のリサイクル対策
  • タイプ別冷蔵庫の処分方法や注意点
  • 冷蔵庫の処分に関する4つの法的観点
  • 冷蔵庫のお手入れ・豆知識に関する13の項目
  • 冷蔵庫に関する6つのお得な情報や豆知識
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンの回収/処分にまつわる3つの背景
  • テレビの回収/処分にまつわる3つの背景
  • 洗濯機の回収/処分にまつわる3つの背景
  • パソコンの回収/処分にまつわる3つの背景
  • 不用品処分にまつわる3つの背景
  • 不用品回収に関する3つの背景
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP