広告

 

> > > > >

 

ハイアールの冷蔵庫回収とリサイクル対策


冷蔵庫

 

冷蔵庫の回収を行っているのは不用品回収業者だけではありません。ここでは、ハイアールの冷蔵庫回収とリサイクル対策についての概要を記載しています。

 

目次


  • ハイアールのリサイクル対策
  • その他の関連する記事
  • チェック項目
  •  

     

     

    スポンサードリンク

     

    ハイアールの冷蔵庫回収とリサイクル対策


    ハイアールという家電メーカー

    をご存知でしょうか。ハイアールは中国の山東省を本拠とする家電メーカーであり、グローバル企業グループです。主な製品は冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどで、世界の165カ国で生産販売を行っています。ハイアールという言葉は知らなくてもアクアというブランドを知っているという方は多いでしょう。ではこのハイアールの冷蔵庫の回収はどのようになっているのでしょうか。日本のメーカーと何か異なる点があるのでしょうか。

     

    ハイアールも中国から来たメーカー

    ではありますが、日本で定められた家電リサイクル法に基づいてリサイクルを行っています。さらにハイアールは冷蔵庫などのリサイクルに力を入れているだけではなく家電を開発する時点でリサイクルしやすい材料や構造になるように配慮しているのです。加えてそのリサイクルの今までの実績も素晴らしいものです。実際に指定引取り場所で引き取った冷蔵庫の台数は2万4600台を超えます。再商品化などの処理を行った冷蔵庫はそのうち2万4200台程となっています。最商品化率は80%を超え、非常に高い数字を維持しています。

     

    さらにフロンの回収や破壊にも力を入れています。日本で販売されている多くの冷蔵庫では冷媒としてフロンが用いられており、このフロンを放置しておくとオゾン層を破壊し人体に深刻な影響があると言われています。ですから家電をリサイクルすることはもちろんのこと、こうした有害物質をきちんと処理することが重要になるのです。実際に冷蔵庫のフロンを回収した量は2440kg以上、破壊重量もほぼ同じであり確かな処理が行われていることがわかります。

     

    これはあくまで冷媒として利用されていたフロンの処理であり、断熱材に含まれるフロンを処理した量は冷媒のそれよりも多くなっています。確かにハイアールがリサイクルに力を入れている様子が窺えるでしょう。消費者の側としてもハイアールの冷蔵庫を購入したのであればきちんと指定の引取り場所に持っていくことによってリサイクルに協力することができるのです。

     

    このようにハイアールのような

    外資系の家電メーカーであったとしてもリサイクルに非常に積極的に携わっていることがわかります。世界的に見てもリサイクルの必要性が認識されているので、日本国内でもこれからさらにリサイクルに対する規制が増えていくことになるかもしれません。メーカーと協力しながらリサイクルを行い、地球環境の保全に努めていきたいものです。

     

     

    スポンサードリンク

     

     

    不用品回収

    つぶやき。テーマ「冷蔵庫」

    冷蔵庫などの家電リサイクル品目は、リサイクル料金と収集・運搬費用がかかります。ここで気になるのは消費税ですが、どちらにも消費税が課されます。リサイクル料金は概ね3000円ほどですから、150円ほどかかると考えておきましょう。

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • 日立の冷蔵庫回収とリサイクル対策
  • シャープの冷蔵庫回収とリサイクル対策
  • 東芝の冷蔵庫回収とリサイクル対策
  • 三菱の冷蔵庫回収とリサイクル対策
  • ナショナルの冷蔵庫回収とリサイクル対策
  • パナソニックの冷蔵庫回収とリサイクル対策
  •  

    同じテーマの他の記事

  • エアコンメーカー主要10社のリサイクル対策
  • テレビメーカー主要8社のリサイクル対策
  • 洗濯機メーカー主要6社のリサイクル対策
  • パソコンメーカー主要9社のリサイクル対策
  •  

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  • 不用品回収

     

    対応地域

    ↑ PAGE TOP