広告

不用品処分

 

 

> > >

 

不用品処分を依頼する前に確認しておきたいポイントや注意する問題について考え、トラブルに巻き込まれないようにする


  • 依頼前にチェック
          
  • 賢い捨て方
          
  • 方法と最適化
          
  • 手間を考える
          
  • 問い合わせ方法
          
  • 問い合わせ前にチェックする項目
  •  

    ・NEXT(リサイクル)

    ・⇐BACK(リサイクル)

     

     

     

     

    不用品回収の依頼前にチェックするポイントとは?


    不用品回収を利用する場合にはいくつかのポイント があります。それは注意点であり、また賢く、少しでも安く回収を行うためのコツでもあります。どのようなポイントを踏まえておけばよいのか、見ていきましょう。

     

    まず、自治体の回収/処分をできるだけ利用する。 税金で運営されている行政サービスを利用しない手はありません。処分できるものはこの方法で処分しておきましょう。たとえば、粗大ゴミの対象となるようなゴミでも、分解・破壊してサイズを小さくすれば一般ゴミとして持っていってもらうことができます。イスやテーブルなどは比較的簡単に分解・破壊できるので、考慮の対象となるでしょう。あと、面倒がかかりますが、布団も細かく裁断することで一般ゴミとして回収してもらうことが可能です。

     

    それから、燃やせないゴミ。どのようなゴミが回収対象とされているのか範囲がよく分らない人も多いのではないでしょうか。意外といろいろなものを回収してくれるものです。ゲーム機やミニコンポくらいのサイズなら回収してくれますから、試しに出してみるとよいでしょう。ハードディスクなどパソコンのパーツも対象となりますから、パーツ交換を行った際にもうまく利用したいところです。

     

    それから、計画的に不用品処分を行っていくこと。引越し中に不用品が大量に発生した場合は、どうしても時間の都合がつけられないため、一度に回収してくれる不用品回収業に依頼することになります。ただし、量が多ければ多いほど料金が高くなります。できれば時間の余裕を持って回収方法を検討し、粗大ゴミに出せるものは出す、リサイクルショップに引き取ってもらえるものは引き取ってもらうなどできるだけ量を減らす努力もしておきたいところ。そうすることで、回収にかかる出費を大幅に減らすことができます。

     

    あとは、不用品回収業者選び。 業者に依頼することになった場合は、これが最大のポイントとなるでしょう。業者ごとにサービス内容や料金が大きく異なってくるほか、悪質業者によるトラブルの不安もあります。もっとも都合がよく、料金が安い業者を探したいところ。そのためのポイントとしては、事前に情報収集をしっかり行っておくことが大切です。

     

    業者のホームページ、あと入手できるなら口コミ情報などもチェックしておきましょう。それから見積もりも複数に依頼すること。1社に見積もってもらい、納得したからと言ってそのまま依頼するのはやめましょう。必ず複数の業者に依頼し、比較検討したうえで最終的な判断を下すことが大事です。不用品回収は面倒なもので、時間をとるかお金をとるかでやり方も異なってきます。これらのポイントを踏まえつつ、自分の状況にあわせた方法を選択し、適切な業者選びを行うよう心がけたいところです。

     

     

     

    チェック項目

    チェック

  • 『割引情報』  割引情報ページへ。
  • 『料金詳細』  料金詳細ページへ。
  • 『対応地域』  地域詳細ページへ。
  • 『お問い合わせ』  問い合わせページへ。
  •  

  • 弊社2回目以降のお客様は、基本料金は無料です。
  • 2014年4月の消費税増税に合わせ、パナソニックやソニーなどの家電大手は家庭用エアコンやテレビの引き取りにかかる家電リサイクル料金を引き上げました。
  • 『産業廃棄物』とは、法人(企業)が出すゴミのことです。一般家庭のゴミは、これに該当しません。また、産業廃棄物処分の受付条件は処分場によって様々です。
  •  

  • 弊社は産業廃棄物の収集運搬も受け付けております。
    ■産業廃棄物収集運搬業 東京都(第13-00-159293号)サルベージエンタープライズ株式会社
  •  

    不用品回収

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP