広告

不用品処分

 

 

> > > >

 

パソコンの買い替えや処分をする時の注意点と確認するべきポイントとは?

 

クエスチョン

パソコンの買い替えや処分で確認することは?

アンサー

新しいパソコンを購入する時は、使用目的に合ったものを購入するべきです。あまり使う機会がないのであればコンパクトで安価なノートパソコン、仕事で使う場合、データ容量が多い機能重視のデスクトップパソコンのように考えて購入すれば失敗はなくなります。

 

 

目次

 

パソコンに関するあらゆる情報や、買い替えポイントや処分方法を確認し、最適なリサイクル、リユース方法を選択しましょう。また、パソコンの処分の行方や、希少な資源等の背景についても把握しておきましょう。

 

チェック

 

  • 中古のパソコンのポイント
  • 買い取りを依頼
  • 買い替えのコツ
  • 買い取り業者
  • アウトレットパソコンとは
  • レンタルサービスとは
  • 下取りサービスの注意点
  • 購入と買い替え
  • パソコンの行方

  • パソコンの処分方法
  •  正しい捨て方と注意点
  •  リサイクルマークが貼ってあるもの
  •  リサイクルマークが貼ってないもの
  •  地方自治体は?
  •  不用品回収業者は?
  •  無料回収業者は?

  •  

     

     

    中古のパソコンの購入価値と処分のポイント

     

    リサイクル

     

    最近ではどのジャンルの商品でも、中古品を購入できるようなシステムができ上がっています。昔からある中古品販売と言えば、古本屋があります。その他にも服のリサイクルなども活発に取引が行われています。パソコンの業界も同様で、中古パソコンの販売を行っているパソコンショップもあります。現在パソコンは、季節ごとに新しいモデルが登場します。このため、年に4回もモデルチェンジすることがざらにあります。そこでパソコンのユーザーの中には、購入のサイクルが早くなっている人もいます。中には、1年かそれよりも短いくらいのペースで、パソコンの買い替えをしている人もいるくらいです。

     

    このため、中古パソコンを見てみると、半年や1年くらい前に販売されたモデルが販売されていることもあります。しかし一般的には、2~3年程度使われているようなパソコンが販売されていることが多いです。中古パソコンの魅力は、通常のパソコンと比較して、より安い価格で購入できるところにあります。しかも先ほども紹介したように、早い段階で手放してしまうユーザーの方も少なくありません。このため、結構長持ちするようなパソコンが販売されていることも多いのです。

     

    しかしそれでも、中古パソコンを購入して故障した時のことが不安と言う人もいるでしょう。実際中古パソコンを購入して1年以内に故障してしまったというケースも少なくありません。もし故障してもいろいろと対処できるようにしておきたいと思っているのであれば、デスクトップパソコンでタワー型のものを購入しましょう。デスクトップパソコンでタワー型の場合、何かパーツが故障してしまったとしても、交換が可能です。このため調子の悪いパーツを交換してやり繰りしながら、続けてパソコンを使用できるメリットがあります。内部スペースも比較的広めに設計されているので、交換をする作業も比較的やりやすいのではないでしょうか?

     

    中古パソコンの販売量ですが、かなり増えてきています。パソコンリサイクル法が施行されたことによって、パソコンの廃棄にお金がかかるようになったことも関係しているかもしれません。もし買い替えなどで不要になったパソコンがあれば、売却することも検討してみましょう。パソコンの買取業者は、日本全国にいろいろとあります。もし買取できないとか、故障しているパソコンを処分したいと思っているのであれば、パソコンの回収業者がありますので依頼を検討してみましょう。

     

     

    パソコンの買い取りを依頼する前に見るチェックポイント

     

    パソコン診断

     

    いらなくなったパソコンを処分したいと思っている人もいるでしょう。パソコン回収を行っている業者があって、無料で不要になったパソコンを回収してくれる所があります。こちらを利用してみるのも良いでしょう。データの消去なども、無料で行ってくれるはずです。しかしもしまだ使えるパソコンを処分しようと思っているのであれば、パソコンの買取業者があります。こちらに買い取りの依頼をまずはしてみましょう。条件が整っていれば、売却できる可能性があります。

     

    もしパソコンの買取サービスを利用するのであれば、複数の買取店に査定の依頼を出すべきです。と言うのも、買取店によって査定額が違ってきます。1万円程度の価格差が生じるのは当たり前で、中には同じパソコンを見せても買取業者によって3万円も査定額が違ったというケースもあります。せっかくですから、少しでも高くパソコンを売却したいですよね。そのためには、複数の店舗で査定を受けて、査定額の比較をすることです。別に店舗をいちいち回って査定を受ける必要はありません。一括査定のサービスをしてくれるサイトがあります。こちらに必要なパソコンの情報を入力して送信すれば、複数の買取店からおおよその査定額の情報を仕入れることができます。そうすれば、あなたのパソコンをどこが高く評価しているのかが簡単に分かってしまいます。

     

    きちんとしたパソコン買取業者では、引き取ったあなたのパソコンの中に入っているデータは消去してくれます。データ消去はサービスで、無料で実施してくれる所がほとんどです。しかしもし心配であれば、買取業者のスタッフに、データの消去をしてくれるかどうかきちんと確認を取っておきましょう。データの消去をする時に、もしかすると業者の人があなたの保存していたデータを目にする可能性があります。

     

    中には、業者の人にも見られてしまっては都合の悪いようなものが入っているケースもあるかもしれません。その場合には、リカバリをしておきましょう。リカバリとは、簡単にいってしまえば初期化することです。パソコンを購入した状態に戻しますので、他人に見られてはまずいデータが買取業者のスタッフの目に触れることはありません。購入した時に、リカバリディスクが付いていると思われます。もしくはハードディスクの中に、隠し領域があります。その中にリカバリ用のデータがあるはずなので、こちらを使用することでデータを消去することができます。リカバリをすることで、まずい情報を消しておきましょう。

     

     

    パソコンの買い替えで失敗しない為のコツとは?

     

    新しいパソコンに買い替えをしようと思っている人もいるでしょう。自分にあったパソコンを購入するためには、あらかじめ自分がどのようなパソコンを求めているのか、具体的に比較することが重要です。まずは、現在使っているパソコンのことを考え直してみましょう。せっかくだからハイスペックのパソコンを購入したけれども、結局はその機能を上手く使いこなせていないと感じている人もいるのではありませんか?現在のパソコンの使い方を検討して、そのスペックにあったパソコンを購入するようにしましょう。

     

    その中でも、パソコンを購入したとして、使用目的をきちんと決めておくことが重要です。例えば、電気量販店に行ってパソコンを購入する時、販売スタッフに相談することもあるかと思われます。この時に、「このようなことをするためにパソコンを購入したいのですが」と言われれば、販売スタッフの方も情報の提供がしやすくなります。使用目的によって、どの程度のスペックのものであればいいのかが絞られてきます。また使用環境のことについても、見直してみましょう。例えば、外出するときに使用するのかとか、部屋から一切動かさずにパソコンを使用するのかと言ったことによっても、購入すべきパソコンは変わってきます。その上で、どのようなパソコンがいいのか、自分が求める条件をいろいろと書き出してみましょう。条件をいろいろと考えてみると、たくさん求める条件が出てくることもあるかもしれません。

     

    しかしこのようなもろもろの条件をすべて満たしているパソコンは、おそらくそう多くはないはずです。そこで一通りパソコンに求める条件が出れば、その中から優先順位を付けて下さい。ベスト3に入った条件をまずはベースにして、パソコン探しをすることです。もし複数条件を満たすパソコンがあれば、そのほかの条件で満たしているようなものがどれだけあるかを確認していきましょう。

     

    パソコンの買い替えをする時ですが、もし前のパソコンがまだ使えるのであれば、下取りに出してみるのはいかがでしょうか?買取サービスを行っているパソコンショップもあって、下取りしてもらえる可能性もあります。価格が付けば、購入するパソコンの価格を安くできます。もし故障などをしているのであればパソコンの回収業者に処分の依頼をしましょう。そうすれば、無料で回収をしてくれます。またデータの消去作業なども業者で行ってくれますので、情報流出の危険性も軽減できます。

     

     

    買い取り業者に人気のパソコンとは?

     

    パソコンには中古マーケットがあることをご存じでしょうか?中古マーケットで販売するパソコンを確保するために、パソコンの買取業者がいろいろとあります。もしまだ使えるパソコンを買い替えのために処分しようと思っているのであれば、買取業者に査定の依頼をしてみましょう。場合によっては、買取価格が付く可能性もあります。ところで、買取業者の間で、人気のパソコンにはどのような特徴があるのでしょうか?

     

    まず大切なことは、フルセットそろっているパソコンを用意することです。おそらくパソコンを購入した時に、いろいろと付属品が付いてきていると思われます。例えば、リカバリをするためのCD-ROMが付いていると思われます。またOS関係のCD-ROMが付いていたのではないでしょうか?このようなものが残っていると、査定の時にプラス評価してくれる可能性が高まります。

     

    その他には、マニュアル類も付いている方が、査定の面で有利になる可能性があります。ケーブル関係、コンセントなどもフルセットそろった状態の方が、買取査定で高く評価される可能性があります。その他には、化粧箱もきちんとそろっていた方がいいです。しかし化粧箱については、買取業者の中には別についていなくてもOKとしている業者もあります。あまり気にする必要はないと思ってもらって良いでしょう。

     

    また買取業者をどこにするかも、査定に大きな影響を及ぼします。買取業者によって、パソコンのジャンルで得手不得手があります。もしあなたのパソコンについて詳しい業者であれば、より高い査定額が出てくる可能性にも期待が持てます。また買取業者の中には、パソコン買取において定期的にキャンペーンを実施している所もあります。毎週何曜日には通常よりも買取価格がアップするとか、期間限定の高額買取キャンペーンを実施していることもあります。このようなキャンペーンを実施している買取業者を探して、そこに買い取りをしてもらう方法もあります。インターネットなどで調べれば、どこでキャンペーンを実施しているかの情報は比較的簡単に分かります。

     

     

    お買い得なアウトレットパソコンの良しと悪し

     

    現在のパソコンを見てみると各メーカーとも、次から次へと新しいモデルの販売をしています。現在の所、季節ごとに新しいモデルのパソコンを販売しているメーカーが多いです。ですから、1年に4回もモデルチェンジを行うのが一般的になっているのです。新しいモデルが出てくると、古いものは型落ちになってしまって、販売価値が下がってしまいます。その他には、パソコンの製造段階で包装している箱に傷が付いてしまうこともあります。この場合、パソコン本体に問題がなかったとしても、販売することができなくなってしまいます。このような型落ちや訳あり商品を、アウトレットパソコンと言う形で格安価格にて販売しているパソコンショップもあります。

     

    アウトレットパソコンですが、上で紹介したように、基本的には新品のものが販売されています。しかも新品と比較して、値引きされた価格で販売されているので、お買い得と言えます。モデルチェンジする前のバージョンですから、最新モデルと比較すると、多少パソコンの性能が劣る可能性はあります。しかし普通にパソコンを使用している分、具体的にはインターネットを閲覧するとか文書を作成する程度であれば、十分すぎるほどの性能を持っています。もし新しいモデルなどに対してそれほど強いこだわりを持っていないというのであれば、アウトレットパソコンを購入してみるのも一つの方法です。保証などについても、新品と同レベルの保証が付いてきます。ですから安心して、アウトレットパソコンを使用できます。

     

    アウトレットパソコンですが、電気量販店で販売されていることもあります。しかし電気量販店では、きちんと売り切れるように計算をして品物を仕入れています。ですから、なかなか売れ残りが出ないようにされていますので、アウトレットパソコンが出たとしても数はさほど多くはありません。メーカー直販のオンラインショップを見てみると、型落ちのアウトレットパソコンが販売されていることもあります。アウトレットパソコンの中には、中古のパソコンが販売されていることもあります。パソコン廃棄業者などから仕入れた中古のパソコンが販売されていて、型落ちなどと比較してさらに安い価格で販売されているケースもあります。しかしこのような中古のパソコンの場合、故障をする可能性があります。長くパソコンを使用したいのであれば、新品の訳ありのアウトレットパソコンの中から購入した方がいいでしょう。

     

     

    パソコンのレンタルサービスを使うメリットとは?

     

    パソコンは、もはや私たちの日常生活の中で欠かせないアイテムになってきています。パソコンを購入して、使いたいと思っている人もいるでしょう。しかし現在のパソコン業界を見てみると、モデルチェンジのサイクルは、どんどん速くなってきています。このため、パソコンを購入してもすぐに新しい機種が登場してしまいます。そこで最近のパソコン業界を見てみると、販売だけではなく、レンタルサービスを展開している所も出てきています。

     

    レンタルの良い所は、まず注文をすればすぐにパソコンが自宅に届く所です。しかも手元にきたパソコンは、すべての基本的な設定がすでに終了しています。つまり、パソコンの電源を入れれば、あとはすぐに使用できます。パソコンを購入すると、初期設定などをいろいろとしないといけません。これだけでも結構時間がかかってしまいます。プログラミングをして、パソコンにその情報を入れたり、いろいろなソフトをインストールしたりするまでに手間取ることもあります。このような手間を、レンタルを利用すれば、省略できます。

     

    また最近より対策が必要なのは、コンピューターウィルスへの対応です。コンピューターウィルスに感染してしまうと、自分のデータやプログラムが破壊されたり、使えなくなってしまったりします。またさらに最近問題になっているのは、ウィルス感染をすることで、遠隔操作されてしまうという問題もあります。本来パソコンを購入したら、自分でウィルス対策ソフトを入れるなどの対策を施す必要があります。しかしレンタルの場合、すでにウィルス対策をしているパソコンが使用できます。安心して、パソコンを使用できるわけです。

     

    パソコン使用する人の中には、短期間だけ必要なケースも多いのではないでしょうか?例えば、新入社員の研修やイベントの時だけパソコンが必要と言うケースもあるでしょう。その他には、キャンペーンなどを大々的に開催するので、その時だけ使用できるパソコンが必要と言うケースもあるはずです。その場合、わざわざ新しくパソコンを購入するのはコストの無駄遣いです。レンタルにすれば、だいぶコストを安く抑えられます。しかも使い終わったら、すぐに返却をすれば良いので、非常に効率的にパソコンが使用できます。また中には、複数の機種でどのパソコンを使用しようかで悩んでいる人もいるはずです。その場合まずはレンタルで実際に機種を使用してみて、自分にあっている物を探すという方法が取れます。

     

     

    パソコンの下取りサービスを利用する前に見る注意点

     

    パソコンが古くなってしまったので、新しいパソコンに買い替えをしようとしている人はいませんか?ここで問題になるのが、古いパソコンをどのようにして処分をすれば良いかという点です。パソコンの処分方法には、いろいろな手法があります。その中でも、古くなったパソコンを下取りに出すという方法があります。古くなったパソコンをいくらかで売却してしまいます。そして、新しいパソコンの販売価格からその買取分を値引きして購入する形になります。

     

    しかしパソコンの下取りサービスですが、いくつか注意すべき点があります。まずパソコンの下取りサービスですが、まだ日本全国に広く浸透しているサービスではないことを認識しましょう。そして下取りサービスの提供している所を見てみると、いろいろな制約を付けているケースも多いです。

     

    例えば、特定のメーカーのパソコンだけを対象にして、買取サービスをしている所もあります。特定にメーカーのパソコンを購入することを条件として、下取りに出すパソコンのメーカーについてはこだわらないというシステムになっている所もあります。またポイント制の下取りシステムを採用している所もあります。この場合、まずパソコンを新しく購入して、その後古いパソコンを売却するとポイントが付いてくる流れになっている所もあります。すなわち、今回新しく購入するパソコンには、ポイントが反映されないケースもありますので注意しましょう。このように下取りサービスには、いろいろな制約があります。この制約やルールについて、理解することに努めましょう。

     

    パソコンの下取りサービスを見てみると、あまり買取価格については高く評価をしてくれない所も多いようです。このため、パソコンの買取業者の方に売却をしてから、新しくパソコンを購入した方がお得なケースも出てきます。下取りであれば、一つのお店で買い替えができるメリットはあります。しかし多少面倒であっても、少しでも高く買い取りして欲しいのであれば、買取業者の利用も検討してみましょう。

     

    またもしかすると下取りに出しても、値が付かない可能性もあります。その場合には、パソコンの回収業者に処分の依頼をしましょう。そうすれば、たいていの回収業者は無料で、パソコンの回収をしてくれます。パソコンの中に入っているデータについても処理をしてくれます。データの消去についても、無料で実施してくれるはずですので、こちらのサービスの利用も検討しましょう。

     

     

    安いパソコンを購入する方法と買い換える際の処分について

     

    一般家庭でも普通にパソコンを使うようになってきています。そこで電気量販店に行くと、いろいろなパソコンが販売されています。メーカーでいろいろなパソコンを販売しているので、業界内の競争も激しくなってきています。最近ではミニノートパソコンなどであれば、3万円台から購入できるようなものも登場してきているほどです。

     

    一昔前と比較すると、かなりお手軽に安いパソコンを購入することができます。しかし3万円未満、1~2万円程度でパソコンを購入するのは新品では難しいです。しかし現在では、中古パソコンも販売されていることがあります。中古パソコンであれば、1~2万円程度で販売されているものもあります。少しでも安いパソコンを購入したいのであれば、中古パソコンを購入することも検討しましょう。

     

    中古パソコンショップは、大きな駅の近くに出店していることが多いです。もしくは通販サイトなどで販売されていることもあります。中古パソコンを購入する人ですが、どのような層なのでしょうか?まずはパソコン初心者の方で、中古パソコンを購入する傾向があります。安くパソコンを購入して、パソコンに慣れる所から始めたい人が中古パソコンを購入します。この場合には、すぐ壊れても良いので、安い中古パソコンを購入したいと思うようです。

     

    その他には、サブのパソコンを購入する時に、中古パソコンで買い求めるケースもあります。別に高いスペックは求めていないので、多少型落ちしているパソコンでも良いわけです。他には、子供もインターネットをする時にパソコンを使うので、家族ごとで使い分けるため中古パソコンを購入することもあります。パソコンを新品で複数台所有するとなると、やはりコストがかかってしまいます。少しでもコストを安く抑えるために、中古パソコンを購入する世帯は多いです。

     

    中古パソコンがこれだけ需要がありますのでもしパソコンの買い替えをしようと思っているのであれば、買取業者に買い取りの依頼をしてみてはいかがでしょうか?場合によっては、買取価格が付く可能性もあります。もしも重要のないかなり古いパソコンであったとしても、パソコンの回収業者があります。このような業者では、無料でいらなくなったパソコンを引き取ってくれます。故障して動かなくなってしまったパソコンでも、無料で引き取ってくれますので処分に困っている人は利用してみましょう。データの消去なども無料で行ってくれるので、安心です。

     

     

    回収されるパソコンの行方とは?

     

    輸出

     

    パソコンを使用している所は会社だけでなく一般家庭にまで普及しています。ここで問題になってくるのは、故障などしていらなくなったパソコンが増えるので、どのように処分するかという問題です。最近、不要になったパソコンを回収してくれるというサービスをしている業者が出てきています。ところでこのいらなくなったパソコンは回収されると、どのようにして処分されるのでしょうか?もしまだ使えるパソコンであれば、キレイにクリーニングをしたうえで中古品として販売されることもあります。ではもし、故障して使えなくなってしまったパソコンの場合には、どう処理をするのでしょうか?

     

    もし使えなくなってしまったパソコンであれば、いったん分解されて、各パーツに分けていきます。筐体やブラウン管、液晶、ユニット部品、ケーブルなどに分解されています。ここでもしパーツとして再利用可能なものがあれば、ここでえり分けられます。そのうえで、検査や機能アップなどの加工をした上で保守部品などとして再利用されます。それ以外の部品については、さらに分解などをして全く異なる用途でリユースされるのが一般的です。

     

    金属部品やユニット部品などがあります。これらの部品で、もはやパソコンのパーツとして使用できなくなっているのであれば、まずは破砕をしていきます。そして鉄とそうでない金属とに分類していきます。この状態で再資源化業者の方に渡されます。そして、ここで鉄やアルミ、銅など、素材ごとに分類されて、それぞれに再利用されていきます。筐体などには最近、プラスチックの部品が使われていることも多いです。こちらも破砕をしていき、種類ごとに分類されます。そしてプラスチックの再生業者がありますので、こちらでリユースされています。液晶やブラウン管は、ガラスや金属部品に手を使って、解体するのが一般的です。

     

    ガラスについてですが、ガラス再生の専門業者がありますので、そこでカレット化という工程をしていきます。そして今度は、CRTメーカーの方に渡され、CRTディスプレイとして再利用されます。プリント版は、金属精錬所や貴金属回収業者がありますので、こちらに回収してもらいます。そして金や銀、パラジウムと言った貴金属を抽出していきます。その他については、道路で使われている路盤材の材料として転用されます。このように各部品に細かく分解されて、別の用途で使用されるわけです。このようにパソコンは、故障していてもリサイクル効果があるわけです。

     

     

     

    いらなくなったパソコンの処分方法

     

    デスクトップパソコンやモニター、ノートパソコンは家電リサイクル法で処分方法が厳しく制限されています。もし買い替えなどで処分する必要がある時には、正しい方法で処分するようにしましょう。

     

    処分する前に確認するリサイクルマークとは? >>詳細

     

     

     

    パソコンの正しい捨て方と注意点

     

    古くなったパソコンを処分しようと思っている人もいるでしょう。パソコンの処分をする時ですが、データの消去をする必要があります。データの消去についてですが、誤解をしている人が多いようなので注意しましょう。中には、ファイルやデータなどをゴミ箱に入れれば、消去したことになると思っている人もいるのではないでしょうか?しかし実は、これだけでは本当にデータの消去をしたことにはなりません。データの削除は、削除をしたという情報がそのデータに書き込まれます。このため、データを見ようとオーダーを出しても削除されてしまったものは見られません。

     

    個人情報

     

    しかしこれでは、データ自体がなくなっているわけではないのです。実は現在、この削除や消去の処理をされているデータを復活させられるソフトが登場しています。先ほども紹介したように、データに削除の信号が入っているから見られないだけで、この信号を解除してしまえば、再び見られる状態にできます。ですから、データの削除をしているから大丈夫と思っている人は、誤解をしていますので勘違いしないでください。データの消去ができるソフトが販売されていますので、見られるとまずいような情報があれば、処分を依頼する前に自分でデータの消去をしておきましょう。

     

     

    リサイクルマークが貼りつけされている製品

     

    家電リサイクル法の施行により、パソコンなどの電化製品はリサイクル料金を支払って処分することが義務付けられました。平成15年の10月以降に販売されたノートパソコンや液晶モニター、CRTモニターはあらかじめリサイクル料金が販売価格に含まれています。リサイクルマークが貼りつけられている場合には、処分のための費用を払う必要はありません。パソコンメーカーではそれぞれの回収方法を公開しています。

     

     

    リサイクルマークが貼りつけされていない製品

     

    リサイクルマークが貼りつけされていない場合は、処分の際に費用が発生します。家電量販店などにリサイクル料金を支払い、引き取ってもらうことで処分ができます。ノートパソコンやテレビモニターを不燃物で捨てようとすると、回収してもらうことはできませんし、不法投棄をしてしまうと見つかった時に法律により罰金刑などの処罰を受けることになります。多少お金を支払ってでも正しい方法で処分してください。

     

     

    地方自治体では回収しない

     

    地方自治体の清掃事業所では、ノートパソコンなどの電化製品は回収しないことになっています。しかしながら回収業者を探す人のために、産廃業者や家電量販店などパソコンを有償で処分してくれる場所を紹介しています。各市町村の窓口に問い合わせるか、インターネットで情報を確認することができます。

     

     

    不用品回収業者に依頼する

     

    軽トラックなどで不用品回収を行なう業者がやってくることがあります。自宅のパソコンやテレビモニターも回収してくれるため、とても便利です。引き取りの際には費用がかかることがありますので、尋ねてみると良いでしょう。費用が高額なこともあるため、家電量販店での引き取りと比較してみることができます。特に注意する点は、高額請求と無許可業者になりますので、もし頼むことがあるのであれば必ず確認する必要があります。

     

     

    無料の引き取り業者

     

    インターネット上では、パソコンのCRTモニターや液晶モニター、ノートパソコンを無料で引き取ってくれる業者の情報があります。送料は自己負担になりますが、無料で引き取ってもらうことができるため、費用が少なくて済むというメリットがあります。引き取ったパソコンは分解して使うことができる金属などを取り出し売却します。残りのパーツは埋め立て処分を行なったり、海外に輸出したりします。

     

    また、最近では着払いや、出張引き取りなど完全無料で回収している業者もありますので、いろいろと探してみるのがいいでしょう。

     

     

    同じカテゴリに属する他の記事

  • パソコンのメーカー別回収方法
  • タイプ別パソコン
  • パソコンの技術、管理
  • 掃除とお手入れ方法・メンテナンス時に注意すること
  • リサイクル家電を処分するメリット・デメリット
  • リサイクル家電を処分する際の法律
  •  

     

     

     

    問い合わせ

    ↑ PAGE TOP